はじめに

Ubuntuの開発者は、オープンソースコミュニティによって提供された、完全に新しく、強力なソフトウェアをいち早くお届けするために作業を続けています。Ubuntu 10.10「Maverick Meerkat」のリリース候補版は、新バージョンのUbuntuの新機能を提供します。

※Technical Overviewはまだ未完成です。ところどころにリリース候補版の記述が残っています。

Get Ubuntu 10.10

Upgrading from Ubuntu 10.04 LTS

訳注: -d が含まれているのでRC版相当の記述。

デスクトップ版のUbuntu 10.04 LTSからアップグレードする場合は、Alt+F2キーを押して表示される「アプリケーションの実行」にupdate-manager -d(二重引用符は入力しません)と入力してください。アップデートマネージャが起動し、「Ubuntuの新しいリリース '10.10' が利用可能です」と表示されますので、「アップグレード」ボタンをクリックして、画面の指示に従ってください。

サーバー版のUbuntu 10.04 LTSからアップグレードする場合は、まずupdate-manager-coreパッケージをインストールしてください。次に/etc/update-manager/release-upgradesを編集し、'Prompt=normal'に書き換えてください。そしてsudo do-release-upgrade -dコマンドを実行し、画面の指示に従ってください。

Kubuntu 10.04 LTSからアップグレードする場合は、以下のページの記述を参考にしてください。 https://help.ubuntu.com/community/MaverickUpgrades/Kubuntu

快適なアップグレードのために

通常、リリース日直後のUbuntuのネットワークアップグレードは大変混雑します。快適なネットワークアップグレードを行うためには、次のいずれか(あるいは両方)を用いてください。

1. 利用するミラーサーバーの変更

[システム]-[システム管理]-[ソフトウェア・ソース](もしくは、「アップデート・マネージャ」の[設定])を開き、「Ubuntu のソフトウェア」ページにある、「ダウンロード元」で、「その他...」を選び、日本国内で利用できるいずれかのサーバーを選択しましょう。

この設定が「メインサーバ」・「日本のサーバ」(もしくは「日本のサーバ」と同じものを意味するubuntutym.u-toyama.ac.jp)になっている場合、非常に負荷の高いサーバーに接続され、スムーズなダウンロードが行えません。

2. Alternate CDを利用したアップグレード

Ubuntuの「アップグレード」は、『Alternate CD』ISOイメージをダウンロードし、そのCDをマウントすることでも行えます。Alternate CDをダウンロードしてダブルクリックしてマウントし、画面に表示される指示に従ってください。

これにより、Alaternate CDに含まれるパッケージを利用したアップグレードが行われ、通常のネットワーク経由でのダウンロードに比べて非常に効率の良い作業が可能です。

Download Release

今すぐダウンロードする場合、以下のリンクを辿ってください。

Additional ISOs and torrents are also available at:

Maverickの新機能

Maverickの新機能開発は完了しています。Maverick]で、詳細を確認することが可能です。

テストを行い、何かバグを見つけたら以下にレポートしてください:

アップデートされたパッケージ

Ubuntuの新しいリリースごとに、パッケージが――すなわちアプリケーションのみならず、あらゆるソフトウェアが――非常に速いペースで更新されます。多くのパッケージは、Debianの「Unstable(開発版)」ブランチから自動的に「sync」されることで導入されます。自動的なアップデートは現在は停止され、これ以降は小さな変更のみとなります。

10.10 Maverick Meerkat向けに取り込まれたパッケージのリストを確認したい場合、maverick-changesメーリングリストを購読してください:

Ubuntu Fontファミリー

Ubuntu]は、Ubuntu・Kubuntuにおいて、メニューやウィジェット・タイトルなどのユーザーインターフェースに用いられる、新しいデザインの字体です。Ubuntu 10.10では、ラテン文字・キリル文字・ギリシャ文字が含まれ、レギュラー・ボールド・イタリック・ボールドイタリックをカバーします。このフォントは新しいIndian]もサポートしています。Ubuntu 10.10は、インストール時点でIndian Rupee記号をサポートする最初のオペレーティングシステムとなりました:「10億Indian]」といった表示が可能です。

デザインは、ディスプレイ上で読みやすく、かつ審美眼にかなう]ものを目指しています。このフォントはまずUbuntu 10.04のロゴデザインから用いられており、Dalton]フォント工房とCanonical]の協働により、アラビア文字・ヘブライ文字のサポート・等幅デザインのサポートがUbuntuの将来のリリースで実現される予定です。

Ubuntu Desktop Edition

GNOMEベースとなるプラットフォームは、最新のバージョン2.32に更新されました。このバージョンでは、とりわけ新しいdconf と gsettings APIが含まれています。

Evolutionは、Ubuntu 10.04 LTSにあるバージョンと比べて、さらに早く動作するバージョン2.30にアップデートされました。

Shotwellは、標準の写真管理ソフトウェアであったF-Spotから置きかえられました。

Gwibberは、Twitterの認証システムにおける最近の変更をサポートするためにアップデートされ、また、性能向上のためバックエンドストレージの変更が行われています。

サウンドの通知は、音楽プレーヤーの操作を含むように拡張されました。

Ubuntuソフトウェアセンターは、見た目や操作性が更新されました。アプリケーションを紹介する"注目のアプリケーション"や"最新情報"といったショーケース的な表示に加え、「パッケージの詳細」表示の改良、"有償での購入"が行えるソフトウェアライブラリが追加されています。また、インストール履歴に簡単にアクセスできるようになりました。

Ubuntu One: アカウント登録やログイン処理が、デスクトップと一続きの表示になりました。Ubuntu シングルサインオン(Ubuntu SSO)による、一元管理によるものです。Nautilusはフォルダ同期の設定を行えるように拡張され、ファイル同期速度が高速化されました。Ubuntu One Music Storeでは、楽曲へのリンクを他の人と共有することができるようになりました。

Ubuntu Netbook Edition

Ubuntu Netbook Editionでは、新しいUnity インタフェースが標準となりました。これは、アプリケーションランチャの格納場所、ファイルブラウザ、zeitgeistの利用を通じた柔軟な検索、グローバルメニューバーと、アプリケーションを暗黙で最大化して起動することによる縦スペースの最適化が標準で含まれています。また、ランチャーも利用したアプリケーションのほとんどと調和を保ち、取り扱うことができます。UNE lucidで利用していたお気に入り・gnomeパネルのアイテム・デスクトップショートカットは、ラウンチャーの初回起動時に自動的に移行されます。

さらに、「日付と時間の通知」はきちんとしたカレンダーウィジェットと統合され、標準で含まれるようになりました。

標準の写真管理アプリケーションはShotwellに変更され、UNEはデスクトップ版すべての良さを受け継いでいます。Evolutionはネットブックの画面サイズにより適した、特別なモードで動作するようになりました。

UNEを実行するには、グラフィックドライバによる支援が必要です。そうでなければ、グラフィックドライバアクセラレータがないことに関して警告され、ログアウトして標準のubuntuデスクトップセッションを実行することを提案されるでしょう。

必要なハードウェアのリスト]から、UNEに適したハードウェアを確認することができます。

Kubuntu

Kubuntu 10.10 RCは最新のKDEソフトウェアになります。KDE プラットフォームとワークスペース、アプリケーションはupdated to 4.5.1にアップデートされました。

10.10 Betaでは、KubuntuはPlasma DesktopとPlasma Netbook ワークスペースの両方が機能するデスクトップとネットブックのイメージを1つのイメージにまとめています。ログイン時にあなたのマシンに適切なワークスペースで起動し、システムの設定でワークスペースを変更することもできます。

Plasma Netbookは標準でGlobal Menuをサポートするようになりました。

標準のウェブブラウザが、Qt WebkitをベースとしたKDEブラウザのRekonqになりました。

KDE bluetooth アプリケーションの集合であるBluedevilが標準でインストールされるようになりました。

KubuntuのインストーラーであるUbiquityは、OSのインストール時に制限パッケージのインストールを提供するようになりました。パーティション設定の後に始まるインストールは、より速い体験を提供します。

Qapt-batchは、update/batch-installer ユーティリティとしてinstall-packageから置き換えられました。

Qtは最新の4.7リリースに、Qt Webkitは2.0にアップデートしました。

Kubuntu Mobile Tech Previewは、スマートフォン向けに最適化されたワークスペースの改良版となりました。

さらなる新しい情報はリリースページの https://wiki.kubuntu.org/MaverickMeerkat/RC/Kubuntu を確認してください。

Xubuntu

Xfce4]は最新の4.6.2リリース]にアップデートされました。Xubuntuに含まれる各種プログラムにおいて、多くのバグが解消された、新しいバージョンが利用できます。

新しいデフォルトアプリケーション: Parole(Xfce4メディアプレイヤー)は、Totem動画プレイヤーを置き換えます。Xfburn(Xfce4 CD/DVDライティングツール)は、Brasseroを置き換えます。また、xfce4-taskmanager(Xfce4プロセスマネージャー)が、Gnome-Task-Managerを置き換えます。

Edubuntu

EdubuntuにはUbuntu由来の変更が取り込まれています。加えて、EdubuntuではGnome]という、Edubuntuにおいてペアレンタルコントロールを実現するソフトウェアが提供されます。また、新しい壁紙]のセットや、各種アートワークの強化も行われています。また、OEMインストールが利用できるようになりました。

こうした魅力的な機能は、新しいデザインに生まれ変わったEdubuntuのWebサイト http://www.edubuntu.org/ で確認できます。 For those interested in learning more, see the redesigned Edubuntu web site at http://www.edubuntu.org

Ubuntu Studio

Ubuntu StudioはUbuntuに由来するアップデートにより、多くのアプリケーションが更新されています。また、PulseAudioとJACKの併用時の調整が図られています。JACKを起動しても、もうPulseAudioが自動的に停止させられてしまうことはありません。複数のオーディオインターフェースを割り付けることができるなら、JACKとPulseAudioは互いに影響を与えることなく、独立して動作します。同一のインターフェースに割り付けた場合、JACKの動作が優先されます。 また、ネットワーク接続の設定はgnome-network-adminで行えます(これまでの、ネットワーク接続設定を反映しないようにするパッチは除去されました)。

また、以下のテストを歓迎します。

  • PulseAudioとJACKの組み合わせ。

  • gnome-network-adminによるネットワーク設定。

Mythbuntu

このリリースでは、MythbuntuはMythTV]にアップデートされました。また、新しいバックアップ&レストアツールもあります。

以下の既知の問題が確認されています。

  • KMSが有効なハードウェアでは、インストール時の背景表示が不安定になります。
  • インストール時のバックエンド指定は現状では行えません。

ソフトウェア・センター

ソフトウェア・センターの最初のページに、「注目ソフト」と「新着ソフト」というショーウインドウが搭載されました。さらに、高速化が行われ、「履歴」機能を用いてインストールやアンインストール、アップグレードの経緯を確認することで、「何があったのか」を厳密に確認することができるようになっています。また、「プラグイン」サポートが追加され、特にコアな内容は初期状態では表示されなくなっています。

Ubuntu Serverのクラウド用イメージ

「cloud-init」ツールがMaverick Alpha2で更新され、任意に追加可能なフック、ebsmount・ext4サポート・cloud-configフォーマットにおける新しい記法をサポートしました。「cloud-init」は、Ubuntu Serverのクラウド用イメージに含まれる、設定変更可能な初期化プロセスです。

Alpha3では、クラウド用イメージ自身のカーネルを管理できるようになり、aptでカーネルアップデートを行うことも可能になっています。Amazonが提供するpv-grub] を用います。この機能はMaverick Alpha3以降を利用したUECホストでも利用可能です。

Beta以降、クラウド用イメージを、EC2やUEC環境なしに稼働させることができるようになっています。これにより、cloud-initやその他の機能を、新しいEC2/UECインスタンスを実行しなくても簡単、かつ手早くテストすることができます。より詳細な情報はwiki]にあります。

インストール

新しく、btrfs]ファイルシステムをマニュアルパーティション設定で利用できるようになりました。ただし、'/boot'だけは別のファイルシステムを利用してください。

グラフィカルインストーラの合理化が行われ、抜本的に改良されました。最低限の設定(言語とパーティション)をするだけでCDからのファイルのコピーが始まり、他の設定はファイル転送中に行います。

Linux kernel 2.6.35

リリース候補版には 2.6.35-22.33 カーネルが含まれています。これは、UpstreamのStable版 2.6.35.4 kernel]を元にしています。

このカーネルには、追加のinputサブシステム用パッチによるマルチタッチ機能・Intel Sandybridgeの内蔵ビデオへのより良いサポート・82579チップのLOM・AppArmorのバグフィックスが含まれています。いくつかのKMSブラックリストは解除され、また、いくつかのセキュリティアップデートを含んでいます(CVE-2010-3081],CVE-2010-3301]

Known issues

※Known issuesは原文がfixされていないので英語のままになっています。同等の内容はリリースノートに含まれており、そちらは翻訳されています。https://wiki.ubuntu.com/MaverickMeerkat/ReleaseNotes/ja を参照してください。

As is to be expected at this stage of the release process, there are still some known bugs that users may run into with the Maverick Release Candidate. We have documented them here for your convenience along with any known workarounds, so that you don't need to spend time reporting these bugs again:

64-bit

  • Adobe Air is not available for 64-bit

Graphics and Display

  • Connected DisplayPort monitors may prevent booting. (Bug:655795)

  • External monitor connected via DisplayPort is not recognized when using the nouveau driver. (Bug:655800)

  • Image distortion (vsync) on some AMD ATI cards with the proprietary drivers (Bug:303697).

  • The new] bar does not fully support Shotwell dynamic menus. Support for Shotwell has been disabled in the menu bar, while investigations continue. (Bug:651307)

  • The new Xorg 1.9 available in Maverick is not compatible with nVidia based chipsets that use the (nvidia-96) and (nvidia-173) drivers. (Bug:626974)

Networking & WiFi

  • 802.11n support for the iwlagn driver has been temporarily disabled. Intel is actively working to get this properly fixed up in the firmware. This workaround should be reverted once updated firmware is available. (Bug:630748)

  • "Additional drivers" proposes b43, but the installation fails with "Not supported low-power chip" (Bug:655111). This affects some Dell Mini 9 models and potentially any system with BCM4312 adapters.

  • Ubuntu 10.10 does not support the XDMCP protocol for remote graphical logins. Users who require XDMCP support will need to install another display manager, such as wdm or xdm, for this functionality (Bug:408417).

  • New drivers preventing "sleep" problem for RTL8111/8168B gigabit network adapter (usually onboard) are missing (Bug:573259).

Common Desktop applications

  • When running on battery, clicking on the battery icon permanently says "Battery life (estimating...)". This affects some HP, Compaq, Dell and System76 systems (Bug:629258).

  • Resizing windows with the Ambiance theme by grabbing window borders is difficult. This can be mitigated by switching to the Dust or Clear Looks theme (Bug:160311).

  • Several panel applets may be displayed twice or overlap (Bug:439448).

  • When uploading a file to a website, the file browse window doesn't show a preview when an image is selected. This only happens on some websites, when Flash is installed. It appears such websites replace the Nautilus "Browse" dialog with a Flash version (Bug:613886).

  • The Gwibber micro-blogging client has switched to SQLite for back end storage. This should make it faster, but means that syncing of account details across computers is no longer supported.
  • The Cheese webcam application has video recording related performance regressions. (Bug:610600)

  • It is not possible to create Ubuntu 10.04 USB disks from the Startup Disk Creator in Ubuntu 10.10 due to a backwards incompatibility in the syslinux program.

Input devices

  • Some fingerprint readers normally supported by fprint are not fully supported yet. Installing fprint from the latest PPA may work (Bug:640083, Bug:657017, Bug:657031). See the] to see if your device is affected and possible workarounds.

Boot, installation and post-install

  • At end of installation, when the system goes to reboot, the CD-ROM is ejected and throws up lots of errors: "end_request: I/O error, dev sr0, sector 437628". Pressing Enter will reboot and resume normally. These errors are harmless and can be ignored. (Bug:539027)

  • In dual boot installs, after using Windows applications that use the FlexNet], as a license manager, such software will overwrite GRUB, effectively breaking the boot process. This has been fixed for applications including Adobe Photoshop (CS4), Dell Datasafe backup, Autocad 2009,Adobe Flash Builder 4,UtraISO. If you have this problem with a new application, see the bug report to add its signature to prevent future problems (Bug:441941)

    • The Wubi Windows installer was reported to be unable to open Windows' boot configuration data store in some (but not all) cases. Investigation of the problems are ongoing (Bug:613288)

    • Upgrading Wubi systems from 10.04 LTS is known to fail, and is not recommended at this time. (Bug:610898)

    • Lenovo S10-3 systems don't boot. Temporary workaround: add "intel_idle.max_cstate=0" as a kernel paremeter at boot (Bug:634702). A fix already exists that will be available only at release time (Bug:647071).

Ubuntu server edition

  • As a security improvement, libvirt in Maverick runs kvm with limited rights. This disables the possibility of displaying a local SDL window (Bug:615077). Users are advised to use the VNC support instead.

  • If you configure apache to use a password-protected SSL key, you cannot specify the key passphrase at boot-time. To work around this, Apache needs to be started manually after boot (Bug:582963)

  • libdbi 0.8.3 has a known ABI incompatibility with earlier versions of libdbi that have been distributed with past versions of Ubuntu and Debian. As such, any third-party software linked against libdbi.so.0 may give unexpected results if they utilize the 'dbi_error_flag' enum. Recompiling these applications will resolve this issue. (Bug:625882)

Issues affecting other Ubuntu flavors

  • Kubuntu
    • Harmless, sporadic "unable to save user-places.xbel" error (Bug:627815)

    • [i945GME] KDE Desktop effects not active by default (Bug:628930)

    • [82G965] No compositing with kwin (and doesn't work well if enabled) (Bug:630580)

      • Unfortunately some Intel drivers have issues with OpenGL usage in this release
    • System settings shows wrong General font by default (Bug:649509)

      • Fix will be uploaded after RC release
    • The Global Menu may not show gtk applications' menus. You will need to install the package appmenu-gtk.

  • Ubuntu Netbook:
    • The targeted netbooks were intel GPU graphic mainly and was heavily tested on nvidia as well. You can encounter visual glitch or unity (the interface) not working on some ATI cards.
  • Ubuntu ARM
    • Users upgrading beagle (armel omap) from lucid (10.04 LTS) to maverick (10.10) can run out of free space if USB drive is 4G or less.
    • On the current preinstalled images a bug exists that will grow the swap file to occupy the full free space of your SD card if you select to use an encrypted home dir.There is currently no workaround but to not select this option, a fix for this issue is in progress. (Bug:646421)

    • Due to current hardware limitations it is not possible to use suspend on the Ubuntu ARM images for pandaboards (OMAP4) even though the suspend option is shown in the logout menu.of Ubuntu Netbook on the Marvell Dove development platform, there is a known bug where the installer icon fails to show up. The installer can be started by opening the Terminal application, and typing 'ubiquity' at the prompt to start the installation. (Bug:628029)

    • On the ARM preinstalled images there is a minimal desktop session you can select from GDM. Due to a bug in the tool maximus windows in this session have no frames and are always started in full screen mode. (Bug:631696)

For a listing of more known issues, please refer to the Maverick Meerkat bug] in Launchpad.

Reporting bugs

It should come as no surprise that this candidate release of Maverick Meerkat may contains other bugs. Your comments, bug reports, patches and suggestions will help fix bugs and improve future releases. Please report].

If you want to help out with bugs, the Bug] is always looking for help.

Participate in Ubuntu

If you would like to help shape Ubuntu, take a look at the list of ways you can participate at

More information

You can find out more about Ubuntu on the Ubuntu] and Ubuntu].

To sign up for future Ubuntu development announcements, please subscribe to Ubuntu's development announcement list at:

UbuntuJapaneseWiki: Develop/Maverick/TechnicalOverview (最終更新日時 2012-01-10 11:49:16 更新者 匿名)