(前提)Ubuntuにおけるパッケージのバージョン付け

Debianのパッケージをそのままビルドしている場合

[<epoch>:]<upstream_version>[-<debian_revision>]

例:

  • 0.7.5
  • 2.2.47-2
  • 2:0.97-3

DebianのパッケージにUbuntuで手を加えている場合

[<epoch>:]<upstream_version>[-<debian_revision>]ubuntu<ubuntu_revision>

例:

  • 1.2-1ubuntu1
  • 20080705ubuntu3
  • 1:1.10.2-2ubuntu7

Ubuntuでパッケージに変更を加えた場合、<ubuntu_revision>が更新される(後述)。

Debianに存在しないパッケージの場合

[<epoch>:]<upstream_version>-0ubuntu<ubuntu_revision>

上記の通り、<debian_revision>に相当する部分が0となる。

例:

  • 4.32-0ubuntu1
  • 1:0.8.2-0ubuntu7

ubuntu_revisionの更新

開発中のディストリビューションに含まれるパッケージに変更を加えた場合はプラス1され、「ubuntu2」「ubuntu3」…となっていく。

リリース後、updatesレポジトリやsecirityレポジトリで提供されるものには、プラス0.1されるものと、「.<distro_revision>.N」が付加されるものがある(Nは1から開始して更新のたびにプラス1)。

例:

  • 0.10.21-3ubuntu0.1(元々Ubuntuで変更されていなかったものは「ubuntu0」を付加した上でプラス0.1)
  • 1:2.24.0.1-0ubuntu7.1

例:

  • 3.0.8+nobinonly-0ubuntu0.8.10.2
  • 2.4.4rel-10ubuntu2.8.10.1

9.04以降(案)

Ubutnuで変更されていないパッケージにJapanese Teamで手を加える場合

元のバージョン文字列に「ubuntu1~ja1」を付加する。

Ubutnuで変更されたパッケージにJapanese Teamで手を加える場合

元のバージョン文字列の「ubuntuX」のXにプラス1して「ubuntuY~ja1」とする。

Debian・Ubuntuに存在しないパッケージの場合

元のバージョン文字列に「-0ubuntu1~ja1」を付加する。

ja_revisionの更新

パッケージを更新するたびに「ja」の後の数字をプラス1する。 ディストリビューションのアップグレードに際してリパッケージする場合、「~ja」以前のバージョンが上がっていなければ「ja」の後の数字プラス1する。「~ja」以前のバージョンが上がった場合は、「ja1」にリセットする。

例外

PPAを利用しないnon-freeパッケージであり、フォントやメタパッケージなどコンパイルを伴わないものであり、前ディストリビューションからupstream versionが上がっていない場合、ja_revisionを上げないで前バージョンと同じパッケージを継続して利用する。

この方式の問題

  • リリース後、updatesレポジトリおよびsecurityレポジトリで提供されたパッケージ(バージョンが「ubuntu1」から「ubuntu1.1」や「ubuntu1.9.04.1」のような形式になるもの)で上書きされないことになるが問題ないか?(8.10以前の形式では上書きされていた)
  • Backportに持って行くときに、「~${distro}1~ppa1」の形式でパッケージを作り直す必要がある(Ja LoCoのパッケージであることを明確にするために「ja」をつけるならばこれはしょうがない)。

8.10以前

(作成中)

UbuntuJapaneseWiki: Develop/Packaging/Versioning (最終更新日時 2012-01-10 11:49:04 更新者 匿名)