Raringの開発

翻訳関連は Develop/Raring/Translation

Mozc as remix default IM

Mozc(ibus-mozc)をJapanese Remixのdefault IMとして導入したい。

選択肢

  • A. ibus-mozcをインストールして、デフォルトにし、さらにibus-anthyを削除する。
  • B. ibus-mozcをインストールして、デフォルトにする。
  • C. ibus-mozcをインストールするだけでデフォルトにはしない。
  • D. ibus-mozcをプリインストールするのは見送る

選択肢ごとの pros/cons

A. ibus-mozcをインストールして、デフォルトにし、さらにibus-anthyを削除

実装的にはibus-anthyのパッケージをrepackしてpriorityを下げた状態にするか、.config的にいじっておく(後者は非常に美しくないので前者にしたいところ)。

pros

  • Mozcの変換効率をデフォルトで体験できる
  • IM2つ、というカオスな状態を回避できる

cons

  • Anthyを期待している人にとっては若干困る
    • 居ない気はする
  • ibus-anthy削除の影響範囲が読み切れない

昔と違い、depends/suggestsはなくなっていて、Taskとしても実は登録されていない。
Taskに入っているのはubuntu-usbなどの限定的なもののみ。
たぶんlanguage-selector的に「日本語のインストールが不完全」とか言われるパターン。

さらにやる場合はlanguage-selector系にパッチを入れたパッケージにさしかえたり
providesに入れてしまえば完全な置き換えが可能なものの、アップグレード等も含めて
挙動を予測するのは困難。

B. ibus-mozcをインストールして、デフォルトにする

pros

  • Mozcの変換効率をデフォルトで体験できる

cons

  • Anthyを期待している人にとっては若干困る
    • 居ない気はする
  • mozcにセキュリティアップデートが出たときに、upstreamからcherry pickするのは困難
  • 周辺ライブラリが変化してupstream pullができない可能性はあまり高くない
    • とはいえ起きちゃうこともありえる(が、サポート期間9ヶ月のあいだに何をどうやっても手におえないAPI changeは起きない気がする。ABI changeは起きるのでrebuildした独自パッケージの配布が必要になる可能性はありえる)

C. ibus-mozcをインストールするだけでデフォルトにはしない

pros

  • もっとも穏当な選択肢
  • 設定を変更すればmozcが利用できる

cons

  • IMEngineの切り替えが必要なので、新規にインストールが必要なこととあまり差がない。

D. ibus-mozcをプリインストールするのは見送る

pros

  • mozcまわりの問題点を気にしなくて済む。

cons

  • 変換精度が低いまま。

UbuntuJapaneseWiki: Develop/R (最終更新日時 2013-04-25 20:44:16 更新者 hito)