Japanese Remix CD Imageのテスト/13.04編

  • ※重要:以下は「正常である」状態が定義されていない簡易テストケース(カバレッジリスト)です。「正常である」ことに確信がもてない場合、「こういう解釈をし、結果は〜〜であった」という旨を明確にして報告してください。

legends:

[0]: good
[-]: partially good
[x]: failed
[ ]: not tested
[_]: deprecated
  • Japanese Remix CD Imageのテスト =

testcase for P/R

  • ※重要:以下は「正常である」状態が定義されていない簡易テストケース(カバレッジリスト)です。「正常である」ことに確信がもてない場合、「こういう解釈をし、結果は〜〜であった」という旨を明確にして報告してください。

CD Test

  • [0] CDのセルフテストを含め、メニューを選択して画面が遷移するか
    • エラーを示すダイアログ等が表示された場合は報告する
  • [_] CDのルートディレクトリにある .disk/info ファイルに記載された日付が、リリースファイル名と合致しているか。
    • 通常はファイル名に日付を入れないので気にする必要なし。下手に変更すると、Wubiでうまく動作しなかったような気がする。
  • [0] CDからブートできるか。
  • [0] USB Startup Diskを作成し、USBメモリからブートできるか。
  • [0] squashfsに/var/lib/dbus/machine-idが含まれていないか。
    • ブートするたびに当該ファイルが変化していればOK。

Live session

放置してブート後(or 「Ubuntuを試してみる」選択後)、

  • [0] UbiquityからLiveSessionが起動され、Desktopが提供されるか

  • 日本語キーボードを想定した配列になっているか
    • [0] Shift+2 = "
    • [0] Shift+8 = (
    • [0] Shift+9 = )
  • 利用されるフォントはTakao Pゴシックになっているか
    • アプリケーションレベル
      • [0] Nautilus = GTK/Serif
        • ◆欧文フォントはUbuntuだった
      • [0] gedit (Takaoゴシック) = GTK/Monospace
        • ◆欧文フォントはUbuntuだった
      • [0] LibO/Calc = Xft/Serif
        • ◆欧文フォントはUbuntuだった
      • [0] Unity = Nux/Serif
        • ◆欧文フォントはUbuntuだった
    • レンダラレベル
      • [0] 日本語はTakaoPゴシックで表示されるか
      • [0] ボールドは正常に表示されるか
      • [0] イタリック(オブリーク)は正常に表示されるか
      • [ ] ボールドイタリック(オブリーク)は正常に表示されるか
      • [0] IBusの変換中文字列(preedit)は正常に表示されるか
      • [0] Evinceで日本語PDFを開いた際、正常に表示されるか
      • 以下のソフトウェアの動作状態からチェックする
        • [0] Unity3D(Nux/Cairo/Pango/fontconfig)
        • [_] Unity2D(Qt/Cairo/Pango/fontconfig)
          • 存在するバージョンのみ
        • [0] Firefox(Gecko/Cairo/Pango/fontconfig)
        • [0] Nautilus(GTK/Cairo/Pango/fontconfig)
        • [0] LibO(Xft/Cairo/Pango/fontconfig; ただしfc設定を部分的に経由しない)
          • Calcで、セルとタブそれぞれに日本語文字列を入れて「選択状態」「非選択状態」それぞれでチェックする
        • [-] Flash(独自/fontconfig) ; ubuntu-restcited-extraのインストールテストを兼ねる
          • ◆Live Sessionでubuntu-restcited-extraをインストールするには「ソフトウェアとアップデート」でmultiverseを加える必要があった
          • ニコ動にコメントを入力する時に候補ウィンドウが画面左上に出てしまった。
  • LiveSessionでibus-anthyによる日本語入力が可能か

    • ◆ibus-mozcでも確認した
    • 以下のソフトウェアでテストする
      • [0] gedit(gtk)
      • [0] Nautilus(gtk+独自ハンドラ)
      • [0] LibO/Calc(一部独自)
      • [0] Firefox(独自)
      • [0] Unity(3D)のDash(NUX:Dash)

      • [0] Unity(3D)のHUD(NUX:一部自前)
      • [_] Unity-2DのDash(Qt)
        • 存在するバージョンのみ
      • [_] Unity-2DのHUD(Qt:一部自前)
        • 存在するバージョンのみ
  • FirefoxのスタートページはGoogleか
    • [x] Googleページは日本語のものになっているか
      • ◆結構前のバージョンからLive Sessionでは英語(「Ubuntuヘルプ」ではなく「Ubuntu help」などと表示されている状態)だった気がする。ニコニコ動画も英語ページが表示されたので、次期バージョンで直した方がよさそう。
  • [0] Liveセッションから「インストール」をダブルクリックしてインストーラが起動するか
    • ◆ランチャーのアイコンをクリックしても起動した
  • [0] 正常にLiveセッションは終了できるか
  • [0] Dashは開くか
    • [0] 各 Lens は正常に表示されていて、クリックに応答するか
    • [0] 各 Lens の文字列が切れていないか
  • [0] 画面右上のシャットダウン/設定メニューは開くか
    • [0] 各メニューアイテムは開くか
    • [0] 「システム設定」を開いて各アイテムの個別設定ページが開くか
  • 以下のIndicatorのメニューに問題はないか
    • [0] Network
    • [_] Me
      • ◆なくなった?
    • [ ] Battery
      • Notes: Desktopでは非表示、Laptopでは表示が期待される
    • [ ] Bluetooth
      • Notes: 非搭載機では非表示、搭載機で表示。
    • [0] Sound
    • [0] Time
    • [_] User
      • システムメニュー内に移動した模様
  • [ ] Launcherに登録されている全てのアプリケーションが起動するか
  • フォント候補の動作確認
    • [-] 以下のコマンドを実行し、結果が一致することを確認する。

      $ fc-match "sans"
      ttf-japanese-gothic.ttf: "TakaoPGothic" "Regular"
      注:これはfc-matchの不具合で、DejaVu Sansと表示されることが正しい(TODO: チケットID)
      
      $ fc-match "sans:lang=ja"
      DejaVuSerif.ttf: "DejaVu Sans" "Book"
      注:/etc/fonts/conf.d/69-language-selector-ja-jp.confのserifの先頭フォント
      
      $ fc-match "sans:lang=ja:charset=\!\!\$jy\!\!\!\!\#       "
      ttf-japanese-gothic.ttf: "Takao Pゴシック" "Regular"
      注:/etc/fonts/conf.d/69-language-selector-ja-jp.confのsansフォント
          のうち、最初に漢数字の「一」(U+4E00)が存在するフォント
      
      $ fc-match "serif"
      ttf-japanese-gothic.ttf: "TakaoPGothic" "Regular"
      注:これはfc-matchの不具合で、DejaVu Serifと表示されることが正しい(TODO: チケットID)
      
      $ fc-match "serif:lang=ja"
      DejaVuSerif.ttf: "DejaVu Serif" "Book"
      注:/etc/fonts/conf.d/69-language-selector-ja-jp.confのserifの先頭フォント
      
      $ fc-match "serif:lang=ja:charset=\!\!\$jy\!\!\!\!\#       "
      ttf-japanese-mincho.ttf: "Takao P明朝" "Regular"
      注:/etc/fonts/conf.d/69-language-selector-ja-jp.confのserifフォント
          のうち、最初に漢数字の「一」(U+4E00)が存在するフォント
    • TODO: これらのテストとは別に、投下するfontconfigに不当な優先順位が含まれたフォントがないかチェック
  • [0] ソフトウェア・ソースのダウンロードもとは日本のサーバになっているか
    • ◆rc2でメインサーバーになっていたので修正した
  • [0] 「地域」のデフォルト選択肢が日本になっているか
  • [0] dateコマンドで表示される時刻は正しいか
    • ライブセッションではUTC/インストール後はJSTになる(はず)
    • UTCとして妥当な時刻(UTC+9:00 = JST)ならばOK
  • [0] 起動画面でキーボード入力して、LiveSessionが起動できるか

  • [0] 起動画面でキーボード入力して、InstallSessionが起動できるか

Install test

  • Ubiquity/通常のインストールプロセス
    • [0] 1HDDに対してクリーンインストール
    • [0] 1HDDに対し既存のOSを残してデュアルブート設定
  • Ubiquity関連共通
    • [0] slideshowはTakaoPゴシックで表示されているか
      • ◆スライドショー以外で妙なフォントになっている部分があったので、次期リリースでは修正したい
    • [0] デフォルトの地域はAsia/Tokyoか
    • [0] キーボードレイアウトのデフォルトはJapanか
    • [0] 誤植・誤った日本語表現はないか
    • [0] わかりにくい日本語表現はないか
    • * [0] インストール with Internet connection
      終了後、正常に終了できるか
      * [0] インストール without Internet connection
      終了後、正常に終了できるか
    • [0] 正常にインストールできるか
  • インストール後
    • [ ] Liveセッションで確認した内容をもう一度(インストール時点でインターネット接続性がある場合, ない場合それぞれ)

Upgrade test

  • [ ] Ubiquity/アップグレード from 任意のバージョン
    • Ubiquity経由でのアップグレード(by apt-clone)
  • [ ] アップグレード from Oneiric (11.10)
  • [ ] アップグレード from Oneiric (11.10) (Japanese Remix)
  • [ ] LTSアップグレード from Lucid (10.04)
  • [ ] LTSアップグレード from Lucid (10.04) (Japanese Remix)

Notes

  • Wubiはない

UbuntuJapaneseWiki: Develop/Raring/QA/RemixCDImage/TestResult (最終更新日時 2013-05-05 01:44:31 更新者 JunKobayashi)