このページは、Ubuntu 10.10 リリースパーティー東京の開催レポートです。

イベント概要

2010年10月10日にUbuntu 10.10がリリースされ、それからほぼ1ヶ月遅れの11月6日という開催時期ながらも、Ubuntu 10.10のリリースを祝おうというイベントとして計画されました。
フリードリンク(この場合の「フリー」はお代わり自由という意味)と料理を食べながらUbuntuユーザが交流できる場として、会場には「英国風パブHUB 秋葉原店」を選びました。一般3,500円(学生/未成年2,000円)という決して安くはない参加費用での募集でしたが、68名の方に来場していただきました。

picture1.jpg

会場で撮影した記念写真

イベントの流れ

受付

68名もの参加者を登録リストと照合して参加費用を受け取る、という大変な作業でしたが、総勢9人のスタッフで応対し、トラブルなく参加者を会場内に誘導できました。スタッフの依頼はイベントの数日前という時期でしたが、快く引き受けてくださり、ミスのない完璧な作業をしてくださったスタッフの方々に感謝しています。

オープニングトーク

このイベントでは、Viva! Ubuntu!!のu-bonさんが司会としての役割を担いました。乾杯の後は、瀬尾さん(Ubuntu Magazine Japanで掲載されているUbuntuマンガ「うぶんちゅ!」の著者)をはじめとしたUbuntuに関わる著名人にインタビューするなど、来場者を巻き込んで会場を盛り上げてくれました。

picture2.jpg

司会を務めたViva! Ubuntu!!のu-bonさん

Ubuntu 10.10紹介

今回のイベントの趣旨であるUbuntu 10.10をUbuntu Japanese Teamの村田信人が紹介しました。F-Spotに代わってデフォルトの写真管理アプリケーションになったShotwell、Ubuntu Netbook Editionに搭載された新インターフェースUnity、刷新されたグラフィカルインストーラUbiquityについて説明しました。

u-bonさんによる「Ubuntuはこんなにも素晴らしい!」

u-bonさんには「Ubuntuはこんなにも素晴らしい!…ということを、もっと世の中に知らせよう!」というテーマでお話していただきました。

picture3.jpg

u-bonさんによるプレゼンテーション

インストールコーナー

会場で出されている料理が一段落したところで、会場の一角をインストールコーナーにして、インストールを希望する方が持ち込んだマシンにUbuntuをインストールする手助けをしました。今回は2名の方がインストールに挑戦し、無事インストールが完了しました。

picture4.jpg

インストール中のマシン

「独学Linux」のvine_userさんによる「Blogで繋げるUbuntuコミュニティー」

独学Linux」のvine_userさんには「Blogで繋げるUbuntuコミュニティー -独学Linuxの作り方-」というテーマでお話していただきました。

picture5.jpg

独学Linux」のvine_userさんによるプレゼンテーション

抽選会

Ubuntuコミュニティを支援しているCanonical社をはじめ、様々な企業から提供していただいたグッズを抽選で来場者にプレゼントしました。目玉商品はCanonical社から提供されたメッセンジャーバッグでしたが、グッズが何も当たらなかった方にも、Ubuntuステッカーセットかピンバッジのいずれかをプレゼントしました。

picture6.jpg

今回の抽選会の目玉、メッセンジャーバッグ

会場の写真

次のリンク先では、より多くの写真をフルサイズでご覧いただけます。
https://picasaweb.google.com/106468260551425064278/Ubuntu1010ReleasePartyTokyo?authuser=0&authkey=Gv1sRgCMKJisuuubWm_gE&feat=directlink

UbuntuJapaneseWiki: Events/OfflineTokyo201011/Report (最終更新日時 2012-01-10 11:49:19 更新者 匿名)