私、長南 浩は「Ubuntu Japanese Team メンバー」への承認を申請いたします。

私について

東京の比較的小さな SI 企業で、主にWebサービス開発エンジニアとして働いています。

Ubuntu とのかかわり

私が Ubuntu を使いだしたのは2009年頃のことで、当時 Open Solaris でのコミュニティ活動を行っていた時期でした。その当時から Ubuntu は成功をおさめていており、コミュニティ活動や技術的な活動においても大きな目標のひとつととらえ、実際に Ubuntu を使い、その先進性や魅力を実際に感じるとともに、Ubuntu Japanese Team メンバーの皆さんとも交流を行ってきました。

その後 OpenSolaris がプロジェクトとして終了するとともに、Ubuntu を普段から使うようになりました。OpenSolaris から離れた後も Ubuntu Japanese Team メンバーの皆さんと交流を続けさせていただいておりましたが、プロジェクト運営の全般にわたって Ubuntu CoC が浸透し、非常によく機能していることに気が付き、私自身も CoC に署名しそれに沿った行動をするよう気を配っています。

以降、1ユーザーの視点から IRC ミーティングに参加させていただくうちに、Japanese Team としての活動の機会をいただき、現在に至っています。

これまでの貢献

Ubuntu Japanese Team の活動として

  • IRC ミーティングへの参加
  • Japanese Team としての「OSC 2012 Sendai」への参加。セミナー講演担当
  • Ubuntu Magazine Japan (vol.07~) へのライターとしての参加
  • Ubuntu Weekly Recipe での記事執筆

に貢献させていただきました。また、それ以外でも随時個人blogで小さなTipsを掲げています。

これからのビジョン

まずは現在活動させていただいている日本における Ubuntu の普及啓蒙活動に今後も継続して貢献していきたいと考えています。またその延長で PPA 開発やバグレポートなどといった、より技術的な部分についても貢献していければと思います。

UbuntuJapaneseWiki: HiroshiChonan/JapaneseTeamMemberApplication (最終更新日時 2012-07-17 05:03:06 更新者 HiroshiChonan)