SCIMの起動キーバインドの変更

  • shift-spaceによる起動には以下のデメリットがあるが、それでも必要?
    • 分かち書きを行う言語(いわゆる印欧語族ほとんど全部)の入力時に、誤ってOnになるケースが多い。
    • 異幅スペース(全角入力時の半角スペース、あるいはその逆)が入力できない。
    • 特に、分かち書きの障害になるのが大きい。shift-spaceに依存するユーザよりも分かち書きをするユーザの方が多いような。
  • shift-spaceを必要とするユーザの大半は、既存のUnix環境に慣れているので、自力で設定変更が行える可能性が高い。shift-spaceを前提にしているユーザがいきなり触った時も、ctrl-spaceがあれば代替できるのでは?
  • 全角/半角や、alt+、ctrl-spaceがあれば不要ではないか?(現状でalt+が無いのは別の問題)

  • ひょっとしたら中国で必要かもしれないので要確認(ikuya)
    • => たぶん不要。

  • 結論:日本語環境ではshift-spaceはOffにしてよい。
  • 課題:ctrl-spaceもOffにすべきかどうかは別途検討する。

UbuntuJapaneseWiki: IRCMeeting/20080325 (最終更新日時 2012-01-10 11:49:15 更新者 匿名)