OSC 2008 Tokyo/Fallの開催報告

  • 参加者数は1日目約600名/2日目約700名(OSC全体)でした。
    • セミナーに参加して頂いた約20名の方、ありがとうございました。
  • セミナーの資料をアップロードしました。(ODP/PDF

wikiページ上部の「Products」のリンクがリンク切れ

topページ「Find out more」のリンク先が7.10のツアー

関西オープンフォーラム(KOF)

  • http://k-of.jp/2008/user.html

  • http://k-of.jp/2008/booth.html

  • 何をするか決める
    • ステージ担当はいくやさん
      • Inspiron mini 9が届いていたらネタにする
      • 届かなければIntrepid(8.10)をネタにする
      • → ステージ企画の申し込みはまだ(ikuya)
    • → ブースもやる方向で検討する。
      • 人員確保の都合で土曜日のみ。Debianブースと隣にしてもらう。
      • →申し込む(ikuya)

Intrepidの開発関連

オフラインミーティング@東京

  • 何が求められているか分からないので、1回やってみてから考える
  • [ ] ブレーンストーミングしてみる
    • 開催側としてのもくろみ
      • ユーザ層の把握
      • 開発者になりうるユーザの発掘
      • 実は「デスクトップUnix」ぐらいの曖昧さの方が良くて、Ubuntuだけに縛るのは良くない?
      • 他のディストリビューションと共催でもいいんじゃ?
        • OpenSUSEとか
    • 参加者を募る方法は?
      • それも検討内容のひとつ。
      • 方法によって参加者層が変わる。
    • ターゲットユーザは?
      • とりあえずユーザを中心にしてみる。
      • なんとなく懇親会っぽいのしてから考える。
  • [次週持ち越し] 時期を決める
  • [次週持ち越し] 名称を決める

UbuntuJapaneseWiki: IRCMeeting/20081007 (最終更新日時 2012-01-10 11:49:14 更新者 匿名)