前回1/12のアクションアイテム

  • 議題の書き方をテンプレートとして定義する(hito)
  • 翻訳における「ちょっとした質問」が出来る場所を検討する(see /20090826)(shibata)
  • 「何から翻訳すればいいのか」の導入(see /20090826)(shibata)

続・LP上の翻訳のプロセス改善

  • 先週分:https://wiki.ubuntulinux.jp/IRCMeeting/2010112

  • 「これを翻訳しましょう」というアナウンスを投げられる場所は?
    • ubuntu-jp MLは?
      • MLはユーザー向けの話題が流れるべきで、望ましくない。
    • LPのMLは?
      • コミッタ制に意向してteamにjoinできる人を限定するので、MLを使うことができない
    • 他のMLは?
      • 新規にMLを作っても登録してもらえない可能性が高い
    • フォーラムの翻訳カテゴリは?
      • ノイズが多くなりそうなので適切ではない
    • wikiの「購読」機能は?
      • 登録してもらうのが手間かもしれない。
      • -> が、他の選択肢よりは適切そうなので、wikiでの購読を呼びかける形で。

  • 他に改善できる要素は?
    • -> 特に意見は出なかった

アスキーメディアワークス様より寄付

  • Ubuntu Magazine vol2分の寄付として、230,422円をお預かりしました。
    • イベント開催費用等に利用します。

UbuntuJapaneseWiki: IRCMeeting/20100119 (最終更新日時 2012-01-10 11:49:23 更新者 匿名)