前回11/30のアクションアイテム

  • 翻訳における「ちょっとした質問」が出来る場所を検討する(see /20090826)(shibata)

  • 「何から翻訳すればいいのか」の導入(see /20090826)(shibata)

  • WikiNameの使い方を含めたwiki.ubuntulinux.jp整理案(hito)

  • https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTipsGuidelines リライトとwikiのルール(jkbys)

  • Kaizen Projectのバグ管理全般のドキュメントをまとめる(hito)
  • lp-l10n-jaとubuntu-l10n-jaのMLの位置づけをドキュメントにする(jkbys)
  • イベント開催時のチェックリスト(hito)
  • 10.04.1のリリース(jkbys)
  • archive, cdimageの上流サーバ(hito)
  • OSC東京2011の申し込み(hito)
  • lp-l10n-jaのdelegationにおける問題点をロジックツリーにする(hito)
    • -> 議題に回した

lp-l10n-jaのdelegation

  • そもそも論:基本的には、翻訳作業者の権限取得の経路に依存すると考えるべき。
    • 経路A:Ubuntuの翻訳から派生して、「Ubuntuで使われるLPでホストされているプロジェクト」の翻訳を行う作業者。
    • 経路B:「LPでホストされているプロジェクトのうち、lp-translatorsを翻訳作業者に指定したもの」の作業者。
      • 前提:ubuntu-i18n-jaとは無関係。
        • 「Ubuntuと関係のない分野だが、しかしLPで作業している」プロジェクトの存在を考えると、ubuntu-i18n-jaで包摂できると考えてはならない。
        • プロジェクトごとに、「そのままlp-i18nを使う」か「lp-i18nをincludeしたグループを使う」かを選択する。
          • lp-i18nが関与しない部分は無視してよいので二択でよい。
      • あるべきプロセスは何?
    • ……というものを前提に、権限付与のたたき台をつくる(nobuto)

UbuntuJapaneseWiki: IRCMeeting/20101207 (最終更新日時 2012-01-10 11:49:08 更新者 匿名)