前回10/22のアクションアイテム

  • 日本版ノベルティの作成
    • Canonicalにロゴの使用について問い合わせ中(hito)
      • Canonicalから返事が来て必要書類を提出した。
      • -> クリアファイルと文房具でロゴ使用が認められる見通し

  • チームレポート

古いアクションアイテムは こちら

チームレポート

13.10日本語Remixの状況報告

  • 日本語入力まわりに問題が見つかってリリースできていない
    • インストール時に名前などの入力画面で日本語入力がONになってしまう。
    • Shift+Super+Spaceのキーバインドを知らないと詰む。
    • mozc-setup-helperは実行されてないので関係がないはず。
  • インストーラで「Ubuntuを試す」を選ぶとデフォルトで日本語入力がONになってしまう。
    • isolinuxのメニューから「インストールせずに…」で入るとONにならない。
      • ubiquityから呼ばれた何かがkeyboard modelを"a4techKB21"にしているのが原因?
  • ……ということを踏まえて、「インストールせずに……」がタイムアウト時に起動するのはアリか?
    • 短時間の議論では大きな問題は思いつかない。
      • そもそも「日本語Remix」なので、日本語以外の言語を選択できるのが不適当で、問答無用で日本語を選択して起動すべき。
      • キーボード設定で困らないか?
        • -> キーボードレイアウトの選択はisolinuxのレベルでF3キーを押してメニューに入れば選択できる

      • その他いやな要素は?
        • インストーラーが起動するべきかLiveセッションがあがるべきか、という問題はある。
          • しかし、Liveセッションで困る理由も思いつかない。
  • どうもubiquityのGreeterがキーボード設定を壊しているように見える
    • Greeterを経由すると、なぜかa4techKB21になる
      • d-i/source/console-setup/Keyboard/KeyboardNames.plのリストの先頭が選択されてしまっている気配がする
      • -> しかしこれを根本的に直そうとすると時間がかかりそう

    • => 回避できそうな方法は2つ。A優先で回避できるか試してみる。

      • A.「インストールせずに……」強制選択
      • B. isolinuxのメニューを出す挙動でA
    • AでもBでもダメなら d-i/source/console-setup/Keyboard/KeyboardNames.pl 編集ほかの方法で。
  • 30日の午後以降に調査する時間がとれるはず(jkbys)

UbuntuJapaneseWiki: IRCMeeting/20131029 (最終更新日時 2013-10-29 22:51:24 更新者 hito)