前回7/29のアクションアイテム

  • 日本版ノベルティの作成
    • Canonicalにロゴの使用について問い合わせ中(hito)
      • Canonicalから返事が来て必要書類を提出した。
      • -> クリアファイルと文房具でロゴ使用が認められる見通し

  • A社向けミラーサーバー調整、公開(hito)
  • 毎月22日:チームレポートの提出(ascii以外の文字は使わない)

古いアクションアイテムは こちら

チームレポート

議題

イベント関連

  • OSC2014 Tokyo/Fall
    • 参加日程の整理
      • 両日可能:shibata
      • 土曜は出られる:nobuto
      • 日曜は出られる:chonan
      • 参加不可:mizuno, hito(日曜は出られるかも)
    • セミナーは誰がやる?
      • -> 現状ではshiabta予定

    • => ブースは両日参加、セミナーは土曜で来週まで異論がなければ申し込む(shibata)

update-notifierのクラッシュ

  • Ubuntu 12.04のデスクトップ環境で、ログイン時にupdate-notifierがエラー終了する
    • https://pad.lv/1355815

    • 原因:
    • 影響範囲:
      • 12.04 LTSのデスクトップ版に日本語環境でログインしたユーザー
      • この更新通知は14日に一度行われるので、そのたびエラー通知が表示される
      • do-release-upgrade/update-managerによるアップグレード作業には影響しない
    • 修正方法:
    • 回避方法:
      • A. 更新通知を行わないよう設定する
        • $ gsettings set com.ubuntu.update-manager check-new-release-ignore trusty
        • これはアップグレード通知で「アップグレードしない」ボタンを押した時と同じになる。
          • 通知は行われなくなるが、update-managerからのアップグレードは可能
      • B. 更新通知の周期を変更する
        • $ gsettings set com.ubuntu.update-notifier release-check-time `date -d '1 week' +%s`

        • これは最終チェック日時を1週間あとに変更している。
          • これにより次回チェック日時は1週間+14日にずらせる。
      • C. 翻訳ファイルを差し替える
        • /usr/share/locale-langpack/ja/LC_MESSAGES/update-manager.moをmvする
        • langpackがアップデートされれば自動的に更新されるため比較的安全。
        • 手でやるのはちょっとつらいかもしれない。どうやって提供する?
    • 対応方針:
      • ubuntu-jp ML/forumにアナウンスを出す
        • メールの文案: http://pastebin.ubuntu.com/8026406/

        • -> 対策を入れると混乱しそう&スルーで特に問題ないので、対策を削ってメールを出す(shibata)

      • japaneseteamリポジトリで対応することはしない
        • 一度スルーすれば14日後まで遭遇しない
        • 初回遭遇を回避できる可能性も低い

UbuntuJapaneseWiki: IRCMeeting/20140812 (最終更新日時 2014-08-12 22:56:13 更新者 hito)