import from https://discourse.ubuntu.com/t/kinetic-kudu-release-notes/27976 rev 60


リリースノート翻訳上のルール

基本ルール

  • 1) 翻訳箇所の宣言
    • 最初に、wiki.ubuntu.com から wiki.ubuntulinux.jp にコピーしたリリースノートの各ページを、担当箇所を <locked-by:名前>{{{ 〜 }}}</locked-by:名前> で挟む形(下記のように)で更新して、宣言をおこなってください。

      • <locked-by:名前>
        {{{ 原文 }}}(←実際には半角)
        </locked-by:名前>
  • 2) 翻訳
    • 各自で翻訳作業をお願いします。
  • 3) マスターへの反映
    • 担当箇所の翻訳が完成したら、上記でロックした箇所のに翻訳文を流し込みます。 ※ focalのみ に流し込んでください。

    • 流し込んだら、<locked-by:名前> および </locked-by:名前>を削除してください。

      • {{{ 原文 }}}
        翻訳文
  • 4) ロックの範囲
    • 一度に大量のロックをしてしまうと全体の作業が滞ってしまう場合があります。ロック範囲はあまり大きくせず、うまく分担できるようにしてください。
  • 5) ページ更新の時間はできるだけ短く
    • 翻訳作業用ページの編集はボトルネックです。長時間編集している状態にしないように注意してください。
      • 他の人が編集した結果を壊したりしないように、マージが必須になった状態ではできるだけ注意してください。

細かい話

  • 不明な点の相談は、Twitter: @_hito_ @kuromabo @kazken3 @_popopopoon_ にメンションをください。
  • ロックの段階で原文を{{{ 〜 }}}で囲むほうが作業状況が視覚的にわかりやすいので、ご協力よろしくお願いいたします。
  • 本家Wikiはリリース前後で動作が重くなることが予想されるので、ここで完成させてから送り出します。
  • 本家のリリースノートの変更をマージした際は、インポートしたリビジョンをWikiのコメント欄に書き込んでください。

Table of Contents


= Kinetic Kudu Release Notes =

= Introduction =

These release notes for **Ubuntu 22.10** (Kinetic Kudu) provide an overview of the release and document the known issues with Ubuntu and its flavours.

== Support lifespan ==

Ubuntu 22.10 will be supported for 9 months until July 2023. If you need Long Term Support, it is recommended you use [[https://wiki.ubuntu.com/JammyJellyfish/ReleaseNotes/|Ubuntu 22.04 LTS]] instead.

= New features in 22.10 =

== Updated Packages ==

== Linux kernel 🐧 ==

Ubuntu 22.10 is shipped with the new 5.19 Linux kernel that brings the following (most relevant) features (in addition to many other new features, new drivers, improvements and fixes):

 *  The new `futex_waitv()` syscall that can speed up games by letting them wait for multiple futexes with a single system call.
 *  Support in the task scheduler for CPU clusters that share L2/L3 cache (spreading tasks between clusters will bring more memory bandwidth and decrease cache contention).
 *  Support for Intel® AMX (Advanced Matrix Extensions) instructions.
 *  CO-RE support that makes compiled BPF programs more portable.
 *  A faster random number generator (entropy extractor switched from SHA1 to BLAKE2s).
 *  Support for proactive reclaim in memory control groups.
 *  Support for Intel® Trust Domain Extensions (TDX).

== systemd v251.4 ==

The init system was updated to systemd v251.4. Please refer to the upstream [[https://github.com/systemd/systemd/releases/tag/v251|changelog]] for more information about individual features. 

== Toolchain Upgrades 🛠️ ==

=== debuginfod support ===

Following the recent [[https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-devel-announce/2022-September/001320.html|announcement]] of our [[https://debuginfod.ubuntu.com|debuginfod instance]], Ubuntu now automatically requests debug symbols from the service when GDB (or any other debuginfo-consuming application) is used.  Please refer to the [[https://discourse.ubuntu.com/t/service-debuginfod/30534/10|Ubuntu Server Guide on debuginfod]] for more information.

== Security Improvements 🔒 ==

 *  AppArmor gained support for restricting access to unprivileged user namespaces. This allows a system administrator to configure their system so that only applications and services which are confined by an appropriate AppArmor profile can use this feature. 

== Base System ==

 *  [[https://github.com/canonical/netplan/releases/tag/0.105|Netplan v0.105]] gained support for VXLAN, VRF and InfiniBand devices

== Ubuntu Desktop ==
- The default audio server is now PipeWire instead of PulseAudio
- The default image apps now suport the _.webp_ format

=== GNOME :footprints: ===
- GNOME has been updated to include new features and fixes from the latest GNOME release, [[https://release.gnome.org/42/|GNOME 43]]
- Many apps have been converted to GTK4 and libadwaita for improved performance and upgraded style.
- The default file manager Nautilus has switched to GTK4. The Nautilus Extensions API has changed which breaks all Nautilus extensions that have not been updated for the new release.
- The default text editor app is now GNOME Text Editor. _gedit_ is still available for install.
- The default terminal app is still GNOME Terminal but GNOME Console is available for install.
- The To Do app is no longer installed by default. It's still available for install but has been renamed to _Endeavour_ .
- The GNOME Books app is no longer available. The recommended replacement app is _Foliate_ .

=== Updated Applications ===

 *  [[https://mozilla.org/firefox/releases/|Firefox]] 106 :fire::fox_face:
 *  [[https://wiki.documentfoundation.org/ReleaseNotes/7.4|LibreOffice 7.4 ]] :books:
 *  Thunderbird 102 :cloud_with_lightning::bird:

=== Updated Subsystems ===

 *  [[https://git.kernel.org/pub/scm/bluetooth/bluez.git/tree/ChangeLog?id=5.65|BlueZ 5.65 ]]
 *  [[https://github.com/OpenPrinting/cups/blob/v2.4.2/CHANGES.md|CUPS 2.4 ]]
 *  [[https://gitlab.freedesktop.org/NetworkManager/NetworkManager/-/blob/nm-1-40/NEWS|NetworkManager 1.40 ]]
 *  [[https://docs.mesa3d.org/relnotes/22.0.0.html|Mesa 22 ]]
 *  [[https://gitlab.freedesktop.org/pipewire/pipewire/-/blob/0.3.57/NEWS|Pipewire 0.3.58]]
 *  [[https://gitlab.freedesktop.org/poppler/poppler/-/blob/poppler-22.08.0/NEWS|Poppler 22.08]]
 *  [[https://www.freedesktop.org/wiki/Software/PulseAudio/Notes/16.0/|PulseAudio 16]]
 *  [[https://github.com/flatpak/xdg-desktop-portal/blob/1.15.0/NEWS|xdg-desktop-portal 1.15]]
 *  fonts-noto-color-emoji updated for Unicode 15

Kinetic Kudu リリースノート

イントロダクション

**Ubuntu 22.10** (Kinetic Kudu) リリースノートは、Ubuntuそのそのフレーバーについて、全体像と既知の問題点に関する情報を提供します。

サポート期間

Ubuntu 22.10は2023年7月までの9ヶ月サポートされます。もしLong Term Support(長期サポート)版が必要な場合、Ubuntu 22.04 LTSを利用してください。

22.10の新機能

アップデートされたパッケージ

Linux kernel 🐧

Ubuntu 22.10は、新しいLinux Kernel 5.19とともに提供されます。以下の特筆すべき機能だけでなく、新しい機能やドライバー、改善や修正が含まれます:

  • futex_waitv() システムコールにより、複数のfutexを待機する複数のシステムコールが効率良く処理されるようになります。これによりゲームの高速化が期待されます。

  • L2/L3キャッシュを共有するCPUコア群を考慮したタスクスケジューラーのサポート(タスクを複数のクラスタに割り振ることで、メモリ帯域をより多く確保でき、キャッシュ競合を減らすことができます)。
  • Intel® AMX (Advanced Matrix Extensions) 命令のサポート。
  • CO-REサポート。これによりコンパイル済みのBPFプログラムがポータブルになります。
  • より高速な乱数生成機(エントロピー展開がSHA1からBLAKE2sに切り替わりました)。
  • メモリーのコントロールグループにおいて、より予防的な改修が可能になりました。
  • Intel® Trust Domain Extensions (TDX)のサポート。

systemd v251.4

initシステムがsystemd v251.4に更新されました。より詳細な情報や個別の新機能は、アップストリームのchangelogを参照してください。

ツールチェインの更新 🛠️

debuginfodのサポート

このリリースノート以前に行われたdebuginfodインスタンスに関するアナウンスの通り、GDB(あるいはdebuginfo-consumingが利用されるアプリケーション)が利用されているときにUbuntuは自動的にデバッグシンボルをdebuginfodサービスから要求するようになります。詳細は、Ubuntu Server Guideのdebuginfodセクションを参照してください。

セキュリティ更新 🔒

  • AppArmorは、非特権ユーザーネームスペースの制御が可能になりました。これにより、システム管理者がこの機能を利用するAppArmorプロファイルによって制御されるアプリケーションやサービスだけを実行できるようにシステムを設定できるようになります

ベースシステム

  • Netplan v0.105がVXLAN、VRF、Infinibandデバイスに対応するようになりました。

Ubuntu Desktop

  • デフォルトのオーディオサーバーはPulseAudioからPipeWireになりました。

  • デフォルトの「イメージ」アプリケーションが .webp フォーマットに対応しました。

GNOME :footprints:

  • GNOMEには新機能と修正を含む、最新のGNOMEリリースであるGNOME 43に更新されました。

  • 多くのアプリケーションがGTK4 + libadwaitaベースに変更され、性能の強化とスタイルの更新が行われました。
  • デフォルトのファイルマネージャー(Nautilus)もGTK4ベースになりました。Nautilus Extensions APIに以前のエクステンションとの互換性がなく、更新されていないエクステンションは動作しません。
  • デフォルトのテキストエディタ-はGNOME Text Editorになりました。 gedit は個別にインストールすることが可能です。

  • デフォルトのターミナルはGNOME Terminalのままです。ただし、GNOME Consoleを個別にインストールすることが可能です。
  • ToDoアプリケーションはデフォルトではインストールされません。個別にインストールすることができますが、名前は Endeavour になっています。

  • GNOME Booksは存在しません。推奨される代替アプリケーションは、 Foliate です。

更新されたアプリケーション

更新されたサブシステム

== Ubuntu Server ==

=== Subiquity 22.10.1 ===
The Ubuntu 22.10 Live Server includes Subiquity 22.10.1, which adds a variety of bugfixes and a few new features including enhancements to autoinstall, cloud-init integration, and keyboard handling.  Please see the Subiquity [[https://discourse.ubuntu.com/t/subiquity-22-10-1-has-been-released-to-stable/31553|release notes]] for more details.

=== Socket-activated SSHd ===
In Ubuntu 22.10, openssh now uses systemd socket activation by default.  Read more about this new feature [[https://discourse.ubuntu.com/t/sshd-now-uses-socket-based-activation-ubuntu-22-10-and-later/30189|here]].

=== SSSD ===

 *  All SSSD client libraries (`nss`, `pam`, etc.) won't serialize requests anymore by default, i.e. requests from multiple threads can be executed in parallel. The old behavior (serialization) can still be enabled by setting the environment variable `SSS_LOCKFREE` to `NO`.
 *  Added a new krb5 plugin `idp` and a new binary `oidc_child` which performs **OAuth2** authentication against FreeIPA. This, however, cannot be tested yet because this feature is still under development on the FreeIPA server side.

=== Support for LDAP Channel Binding and Signing for Windows Integration ===
[[https://launchpad.net/ubuntu/+source/cyrus-sasl2/|`cyrus-sasl2`]] has been [[https://launchpad.net/ubuntu/+source/cyrus-sasl2/2.1.28+dfsg-6ubuntu2|patched]] to support [[https://support.microsoft.com/en-us/topic/2020-ldap-channel-binding-and-ldap-signing-requirements-for-windows-kb4520412-ef185fb8-00f7-167d-744c-f299a66fc00a|new requirements]] for Windows Server: [[https://support.microsoft.com/help/4034879|LDAP Channel Binding]] and [[https://support.microsoft.com/help/935834|LDAP Signing]].

When using GSSAPI/GSS-SPNEGO authentication over an encrypted transport like `ldaps://`, Microsoft recommends that Channel Binding be enabled. If Windows Server is configured to require this setting, then clients that do not enable Channel Binding over such connections will be rejected.

=== Bind9 ===

 *  Add support for remote TLS certificate verification, both to [[https://bind9.readthedocs.io/en/v9_18_7/manpages.html#std-iscman-named|`named`]] and [[https://bind9.readthedocs.io/en/v9_18_7/manpages.html#std-iscman-dig|`dig`]], making it possible to implement Strict and Mutual TLS authentication, as described in [[https://datatracker.ietf.org/doc/html/rfc9103.html|**RFC 9103**]], Section 9.3.

=== Rsync ===

 *  A new form of argument protection was added that works similarly to the older `--protect-args` ([[https://github.com/WayneD/rsync/blob/master/rsync.1.md#options|`-s`]]) option, but in a way that avoids breaking things like `rrsync` (the restricted `rsync` script): `rsync` now uses backslash escaping for sending "shell-active" characters to the remote shell. This includes spaces, so fetching a remote file via a simple quoted filename value now works by default without any extra quoting:

    `rsync -aiv host:'a simple file.pdf' .`

    Wildcards are not escaped in filename arguments, but they are escaped in options like the [[https://github.com/WayneD/rsync/blob/master/rsync.1.md#options|`--suffix`]] and [[https://github.com/WayneD/rsync/blob/master/rsync.1.md#options|`--usermap`]] values. If your `rsync` script depends on the old arg-splitting behavior, either run it with the [[https://github.com/WayneD/rsync/blob/master/rsync.1.md#options|`--old-args`]] option or `export RSYNC_OLD_ARGS=1` in the script's environment. See also the [[https://github.com/WayneD/rsync/blob/master/rsync.1.md#advanced-usage|ADVANCED USAGE]] section of `rsync`'s manpage for how to use a more modern argument style.

=== Resource agents 4.11.0 ===

Improvements in many agents such as:

- IPaddr2: allow to disable Duplicate Address Detection for IPv6; and allow to send IPv6 Neighbor Advertisements in background.
- LVM-activate: disable VG autoactivation in `system_id access_mode`.

Those are some of the changes added to the resource-agent-base binary package which is in main, to check a full list of the changes see the [[https://github.com/ClusterLabs/resource-agents/blob/main/ChangeLog#L2-L136|upstream changelog]].

=== Fence agents 4.11.0 ===

`fence-virtd` and `fence-virt` were introduced as new binary packages in this version.

=== OpenVPN 2.6.0 snapshot ===

OpenVPN 2.6.0 was not released yet, so Ubuntu Kinetic will ship a git snapshot instead. This new version contains some improvements regarding OpenSSL 3 support. Another important change that might impact users is the drop of the `--cipher` option in favor of the new `--data-ciphers`.  It is important to note that when `--data-ciphers` is not specific, the default will be `AES-256-GCM:AES-128-GCM:CHACHA20-POLY1305`.  This can impact users that are using old ciphers, like `AES-256-CBC`.  In this scenario, it is recommended that users migrate their certificates to the ciphers that are supported by default.  A workaround is possible by explicitly setting `--data-ciphers`.

For more details on cipher negotiation, please read the [[https://github.com/OpenVPN/openvpn/blob/master/doc/man-sections/cipher-negotiation.rst|upstream documentation]].

=== Containerd 1.6.4 ===

This contains some major release changes which can all be seen [[https://github.com/containerd/containerd/releases|here]]. Now, it has support for shim plugins and added support for absolute path to shim binaries.

=== Runc 1.1.2 ===

This new version contains an important CVE fix and also a bunch of improvements, fixing bugs and improving the upstream CI system. For more detailed information please check the [[https://github.com/opencontainers/runc/blob/main/CHANGELOG.md|upstream changelog]].

=== Docker.io 20.10.16 ===

This new version contains fixes to avoid potential lock issues and update its dependencies internally. For more detailed information please check the [[https://docs.docker.com/release-notes/|upstream changelog]].

===== qemu =====

Qemu was updated to version v7.0.0 which brings many major and minor improvements. Among others this version includes:

 * Added support for Intel AMX
 * Support for various further RISC-V extensions, among them the hypervisor extension is no more marked experimental and now enabled by default
 * Fixes for various emulated s390x instructions
 * User-mode emulation (`linux-user`, `bsd-user`) will enforce guest alignment constraints and raise 
`SIGBUS` to the guest program as appropriate.
 * The `qemu-nbd` program has gained a new `--tls-hostname` parameter to allow TLS validation against a different hostname, such as when setting up TLS through a TCP tunnel, and now supports TLS over Unix sockets.
 * See the upstream [[https://wiki.qemu.org/ChangeLog/7.0|changelog for version 7.0]] for an overview of the many further improvements. These also contain a list of suggested alternatives for removed, deprecated and incompatible features.

===== libvirt =====

Tracking the releases of libvirt continuously version v8.6.0 is now provided in Ubuntu 22.10 which - among many other fixes, improvements and features - includes:

 *   For example there have been many new features for qemu:
   * Support mode option for `dirtyrate` calculation.
   * Introduce manual disk snapshot mode.
   * Introduce memory allocation threads (handy for guests with large amounts of memory).
   * Introduce support for `virtio-iommu`.
   * ppc64 Power10 processor support.
   * Introduce absolute clock offset.
   * Add support for post-copy migration recovery.
 * See the [[https://libvirt.org/news.html|upstream changelogs]] for the many further improvements and fixes since version 8.0.0 that was in [[https://discourse.ubuntu.com/t/jammy-jellyfish-release-notes/24668|Ubuntu 22.04]].

===== openvswitch =====

The new version 3.0.0 of openvswitch is in Ubuntu 22.10 and provides a general update including the following changes:

 * Userspace datapath improved multi-thread scalability of the userspace connection tracking.
 * IPsec now has custom per-tunnel options.
 * Extended Flow Monitoring to support more OpenFlow versions.
 * OVSDB compaction was improved to run in a separate process (avoiding blocks) and is enabled by default to return unused memory to the system.
 * libopenvswitch API changes to fix the undefined compiler behavior will need users of libopenvswitch to double-check the use of loop macros like `LIST_FOR_EACH`.
 * [[https://www.openvswitch.org/releases/NEWS-3.0.0.txt|The OVS News]] page holds more details about the new version.

Ubuntu Server

Subiquity 22.10.1

Ubuntu 22.10 Live Serverには、Subiquity 22.10.1が含まれます。このバージョンには、多くのバグ修正といくつかの機能追加、具体的にはautoinstall機能の強化と、cloud-initの統合、キーボード設定の調整が行われています。詳細は、リリースノートを参照してください。

Socket-activated SSHd

Ubuntu 22.10のデフォルトでは、opensshはsystemdのソケットアクティベーションを利用します。 この機能の詳細はこのページの記載を参照してください。

SSSD

  • SSSD クライアントライブラリ( nss , pam ,などなど)は、並列で送出されたリクエストをシリアライズしなくなりました。つまり、複数スレッドから送られたリクエストは並列で処理されます。以前の挙動(シリアライズする)に変更することができます(環境変数 SSS_LOCKFREENO にセット)。

  • 新しいkrb5のプラグインとして、idp と、 oidc_child バイナリ(FreeIPAによる OAuth2 認証を行います)。ただし、この機能はFreeIPAサーバー側で開発中であり、テストされていません。

Windows統合を実現するためのLDAP Channel BindingとLDAP署名のサポート

cyrus-sasl2 がWindows ServerのLDAP Channel BindingLDAP署名を実現する新しい条件 を満たすようにパッチされました。

GSSAPI/GSS-SPNEGO認証を行うような場合、たとえば ldaps:// を用いる場合、MicrosoftはChannel Bindingを有効にすることを推奨しています。Windows Serverがこの機能を要求する設定になっている場合、Channel Bindingを利用していない接続は拒否されます。

Bind9

  • リモート接続におけるTLSの証明書検証がサポートされました。named側と、dig側のそれぞれで、Strict, Mutualを指定したTLS認証( RFC 9103 のSection 9.3に記載されたもの)を利用可能です。

Rsync

  • 古典的な --protect-args (-s )オプションと同じような引数の保護機能が追加されました。ただし、

  • rrsync (制限された rsync スクリプト)のようなものを壊さないように、 rsync はバックスラッシュエスケープを "shell-active" 文字としてリモートシェルへ送出するようになります。これにはスペースが含まれます。これにより、リモートファイルを取得する際、ファイル名を単にクォートするだけで指定できる動作がデフォルトです。追加のクォートは不要になります。

    • rsync -aiv host:'a simple file.pdf' .

  • ファイル名引数において、ワイルドカードはエスケープされません。ただし、 --suffix--usermap オプションを指定されている場合はエスケープされます。

  • 既存の rsync スクリプトが以前の引数を分割する挙動に依存している場合、 --old-args オプションを付与するか、 export RSYNC_OLD_ARGS=1 を環境変数として与えてください。

  • これらの変更を含め、最新の引数スタイルについて、 rsync のmanpageのADVANCED USAGEセクションを参照してください。

Resource agents 4.11.0

複数のエージェントで機能強化が行われました。たとえば:

  • IPaddr2: IPv6におけるDuplicate Address Detectionを無効にできるようになりました。また、IPv6 Neighbor Advertisementsをバックグラウンドで実行できるようになりました。
  • LVM-activate: VGの system_id access_mode では、autoactivationを抑制できるようになりました。

これらはmainに属する resource-agent-base binary パッケージの更新によって提供されています。全ての変更点を確認するには、upstream changelogを確認してください。

Fence agents 4.11.0

fence-virtdfence-virt が新しいバイナリパッケージとして投入されました。

OpenVPN 2.6.0 snapshot

OpenVPN 2.6.0 はまだリリースされていないため、Ubuntu Kineticではgitのsnapshotバージョンを利用しています。 この新バージョンではOpenSSL 3サポート関連する機能強化が行われています。 もうひとつのユーザーに影響のある重要な変更は、 --cipher オプションがなくなり、新しい --data-ciphers オプションが利用されることになったことです。 --data-ciphers が与えられていない場合、デフォルトでは AES-256-GCM:AES-128-GCM:CHACHA20-POLY1305 が指定されたものとして振る舞います。これは、古い暗号系を利用しているユーザーに影響します(たとえば AES-256-CBC )。このような場合、ユーザーはデフォルトで利用可能な暗号系を用いた証明書に移行することが推奨されますが、 --data-ciphers を明示的に指定するというワークアラウンドもあります。

暗号系のネゴシエーションについては、upstreamのドキュメントを参照してください。

Containerd 1.6.4

このバージョンにはこちらの一覧にあるような、いくつかの大きな変更が含まれています。shimプラグインと、shimバイナリのパス指定に対応するようになりました。

Runc 1.1.2

このバージョンには、重要なセキュリティアップデートと、いくつかの機能強化、バグの修正とアップストリームのCIシステムの更新による機能改善が含まれています。より詳細な情報は、 upstream changelogを確認してください。

Docker.io 20.10.16

このバージョンには、潜在的なロック問題の対処と、内部的な依存関係の修正が行われています。より詳細な修正は、upstream changelogを参照してください。

qemu

Qemuがv7.0.0に更新され、メジャー・マイナー双方で多くの更新が行われています。特に大きなものとしては:

  • Intel AMXのサポート
  • RISC-V拡張の導入、特に、ハイパーバイザー拡張はexperimentalではなくなり、デフォルトで有効になりました。
  • s390x命令エミュレーションに関する修正
  • ユーザーモードエミュレーション(linux-user, bsd-user)時に、ゲストアライメント制約を強制され、必要に応じて SIGBUS がゲストプログラムに送られるようになりました。

  • qemu-nbd プログラムが新たに導入された --tls-hostname パラメーターをサポートし、ホスト名が異なる場合にもTLS検証が行えるようになりました。これはTCP tunnelだけでなく、TLS over Unixソケットの場合にも機能します。

  • アップストリームの7.0のchangelogを確認することで、これら以外の修正点を確認することができます。ここには、除外された、あるいはdeprecated・incompatibleとされた機能の代替アプローチもリストされています。

libvirt

libvirtの継続的な更新に追従する形で、v8.6.0がUbuntu 22.10では利用されています。これには多くの修正と改善と新機能が含まれます:

  • qemu向けの新機能:
    • dirtyrate 算出モード指定のサポート

    • 手動でのdisk snapshotモードの導入
    • memory allocation threadsの導入 (大量のメモリを利用するゲスト利用時に便利)
    • virtio-iommu のサポート

    • ppc64におけるPower10プロセッサのサポート
    • 絶対指定でのクロックオフセットのサポート
    • post-copyマイグレーションリカバリのサポート
  • Ubuntu 22.04で導入された8.0.0からの多くの改善や修正は、アップストリームのchangelogsを参照してください。

openvswitch

Ubuntu 22.10に含まれるopenvswitch 3.0.0には、次の一般的な更新と変更点が含まれています:

  • Userspace datapathがユーザースペース接続のトラッキングを利用する状況において、マルチスレッド性能が改善されました。
  • IPsecはper-tunnelで指定できるようになりました。
  • Extended Flow Monitoringが、OpenFlowのより多くのバージョンでサポートされるようになりました。

  • OVSDB圧縮が別のプロセスで動作するようになりました(これによりブロッキングが回避されます)。また、デフォルトで利用していないメモリをシステムに変換するようになりました。
  • libopenvswitch APIについて、ユーザーが LIST_FOR_EACH のようなループマクロを利用する際にダブルチェックを強いられるコンパイラの「未定義」挙動を修正しました。

  • OVS Newsページに新バージョンの詳細が記載されています。

=== OpenStack ===

Ubuntu 22.10 includes the latest OpenStack release, Zed, including the following components:

 *  OpenStack Identity - Keystone
 *  OpenStack Imaging - Glance
 *  OpenStack Block Storage - Cinder
 *  OpenStack Compute - Nova
 *  OpenStack Networking - Neutron
 *  OpenStack Telemetry - Ceilometer, Aodh, Gnocchi
 *  OpenStack Orchestration - Heat
 *  OpenStack Dashboard - Horizon
 *  OpenStack Object Storage - Swift
 *  OpenStack DNS - Designate
 *  OpenStack Bare-metal - Ironic
 *  OpenStack Filesystem - Manila
 *  OpenStack Key Manager - Barbican
 *  OpenStack Load Balancer - Octavia
 *  OpenStack Instance HA - Masakari

Please refer to the [[https://releases.openstack.org/zed/|OpenStack Zed release notes]] for full details of this release of OpenStack.

OpenStack Zed is also provided via the [[https://wiki.ubuntu.com/OpenStack/CloudArchive|Ubuntu Cloud Archive]] for OpenStack Zed for Ubuntu 22.04 LTS users.

WARNING: Upgrading an OpenStack deployment is a non-trivial process and care should be taken to plan and test upgrade procedures which will be specific to each OpenStack deployment.

Make sure you read the [[https://docs.openstack.org/charm-guide/latest|OpenStack Charm Release Notes]] for more information about how to deploy and operate Ubuntu OpenStack using Juju.

OpenStack

Ubuntu 22.10 には最新のOpenStackリリースであるZedが含まれます。含まれるコンポーネントは以下の通りです:

このOpenStackリリースに関する詳細は、OpenStack Zedのリリースノートを参照してください。

OpenStack ZedはUbuntu Cloud Archive for OpenStack Zedを通じて、Ubuntu 22.04 LTSのユーザーにも提供されます。

警告: OpenStackデプロイメントをアップグレードすることは重要なプロセスであり、各OpenStackデプロイメント固有のアップグレード手順を計画し、テストを行うよう注意する必要があります。

Jujuを使用してUbuntu OpenStackをデプロイする方法の詳細な情報に関しては、OpenStack Charmリリースノートを必ずお読みください。

== Platforms ==

=== Cloud Images ☁ ===

 *  There will be no longer AWS Marketplace container images available for Kinetic and later releases. Please use the offerings from the [[https://gallery.ecr.aws/ubuntu|AWS ECR Public Gallery]] or other container registries.

=== Raspberry Pi 🍓 ===

 *  Ubuntu 22.10 includes support for several "embedded" displays on the Raspberry Pi, under both server and desktop configurations. Supported displays include the [[https://www.raspberrypi.com/products/raspberry-pi-touch-display/|official DSI display]] (though, see Known Issues below), the [[https://github.com/pimoroni/hyperpixel4|Hyperpixel]] and the range of [[https://github.com/pimoroni/inky|Inky displays]] ([[https://launchpad.net/bugs/1992778|bug 1992778]]). See [[https://waldorf.waveform.org.uk/2022/hyping-pixels.html|this post]] for full details on the Hyperpixel.

 *  Ubuntu 22.10 builds on existing support for the [[https://www.raspberrypi.com/products/raspberry-pi-pico/|Raspberry Pi Pico]] by adding the [[https://pypi.org/project/mpremote/|mpremote]] utility to the archive ([[https://launchpad.net/bugs/1992777|bug 1992777]]), permitting easier development with [[https://docs.micropython.org/en/latest/|MicroPython]] environments with facilities including the ability to mount local directories on your attached MicroPython device.

 *  The 5.19 kernel in Ubuntu 22.10 disables the (long deprecated) [[https://docs.kernel.org/admin-guide/gpio/sysfs.html|GPIO sysfs interface]] ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1918583|bug 1918583]]). This means that several common GPIO libraries (including [[https://pypi.org/project/RPi.GPIO/|RPi.GPIO]]) cannot operate. A shim providing [[https://rpi-lgpio.readthedocs.io/en/latest/|compatibility with RPi.GPIO]] has been created and is available in Kinetic in the `python3-rpi-lgpio` package. See [[https://waldorf.waveform.org.uk/2022/the-one-where-dave-breaks-stuff.html|this post]] for full details.

 *  The webkit component in Gnome now works ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1924251|bug 1924251]]) with the result that the offline Help application, and Online Accounts settings now operate correctly.

 *  The `raspi-config` utility has been updated to partially work in Ubuntu ([[https://launchpad.net/bugs/1972982|bug 1972982]]). Some facilities (e.g. RealVNC support) do not work, but now correctly report they are not supported. Other facilities (e.g. overlayfs) work correctly.

 *  The `netplan` utility now supports selection of the wifi regulatory domain through its configuration, including on initial boot via `cloud-init`; examples on the boot partition have been updated accordingly ([[https://launchpad.net/bugs/1951586|bug 1951586]]).

プラットフォーム

Cloud Images ☁

  • AWS Marketplace経由でのコンテナイメージは、Kinetic(とそれ以降のリリース)では提供されません。AWS ECR Public Galleryや、他のコンテナレジストリからコンテナイメージを入手してください。

Raspberry Pi 🍓

  • Raspberry Piにおいて、Desktop, ServerともにUbuntu 22.10ではいくつかの「組み込み用」ディスプレイに対応するようになります。サポートされるディスプレイは、official DSI display (ただし、以下の既知の問題点を確認してください), Hyperpixelと、さまざまなInky displays (bug 1992778)に対応します。また、Hyperpixelについてはこの投稿を参照してください。

  • Ubuntu 22.10 にはRaspberry Pi Pico向けの既存のサポートが、mpremoteユーティリティがアーカイブに含められる(bug 1992777)形で実現されています。これにより、MicroPython環境による簡単な開発が可能です。この機能によって、MicroPytthonデバイスをローカルディレクトリにマウントすることができます。

  • Ubuntu 22.10の5.19カーネルでは、(長らくdeprecatedステータスにあった)GPIO sysfs interfaceが無効にされています (bug 1918583)。これは、いくつかのGPIOライブラリ(RPi.GPIOを含む)が機能しなくなることを意味します。Kineticでは、互換性を提供するためのshimがRPi.GPIOをもとに python3-rpi-lgpioパッケージとして提供されています。この投稿により詳細な情報が含まれています。

  • GNOMEに含まれるwebkitコンポーネントは今のところ、(bug 1924251)の影響を受ける形で動作します。結果としてHelpアプリケーションがオフライン動作する状態です。一方、オンラインアカウント設定は期待通りに動作しています。

  • raspi-config ユーティリティは、Ubuntuでは部分的に動作します (bug 1972982)。いくつかの基底機能 (e.g. RealVNCサポート) が機能していないことが報告されています。これら以外のもの (e.g. overlayfs) は機能しています。

  • netplan ユーティリティ経由で、wifiの規制ドメインを設定できるようになりました。また、cloud-init による初回起動時設定も期待通りに動作します。ブートパーティションに含まれる設定例も更新されています(bug 1951586)。

=== s390x ===

Starting with Ubuntu Server 20.04 LTS, the minimal architectural level set was raised to z13 (and LinuxONE Rockhopper / Emperor) - this still applies to Ubuntu Server 22.10 and support also includes all newer hardware that is in service as of today (22.10 release date). Support for additional future hardware might be added later.
Ubuntu Server 22.10 can be installed in LPAR (classic or DPM systems), as IBM z/VM guest, as KVM virtual machine and in different container environments, like LXD, docker or kubernetes.
It's available as ISO, Cloud or container images.

IBM Z and LinuxONE / s390x-specific enhancements since 22.04 (partially not limited to s390x):

 *  The s390-tools ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1986991|bug 1986991]]) are now at version 2.23, which incl. site-aware environment block support in zipl ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1982368|bug 1982368]]) and additional information provided to the SCLP CPI ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1982390|bug 1982390]]).

 *  Enhancements in Secure Execution with especially the new attestation tool ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1959987|bug 1959987]]) and the guest dump encryption with customer keys ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1959940|bug 1959940]]).

 *  And further dump enhancements with the NVMe stand-alone dump support ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1929033|bug 1929033]]).

 *  Support for latest hardware with adding IBM z16 Processor-Activity-Instrumentation Facility support (([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1982384|bug 1982384]]) and ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1982384|bug 1982384]])), additional CPU-MF counters for new hardware for libpfm ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1960118|bug 1960118]]) and support for the latest IBM zSystems hardware generations in qclib ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1982332|bug 1982332]]).

 *  On top of the updated virtualization stack (see above), further virtualization improvements with crypto passthrough hotplug ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1852741|bug 1852741]]) and a new tool to persistently configure vfio-ap devices ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1852736|bug 1852736]]) landed.

 *  A multitude of enhancements in the area of cryptography, like the update of opencryptoki to version 3.18, with support for crypto profiles ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1959549|bug 1959549]]), additional crypto counters ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1959551|bug 1959551]]) and the PKCS #11 3.1 CKA_DERIVE_TEMPLATEs ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1982842|bug 1982842]]).
libica was updated to the latest bug fix version 4.0.3 ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1986437|bug 1986437]]), the openssl-ibmca package to 2.3.0, now with support for openSSL 3.0 provider ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1959763|bug 1959763]]), support for IBM specific mechanisms and attributes was added to p11-kit ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1982841|bug 1982841]]), BEAR enhancements for new IBM Z hardware ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1960186|bug 1960186]]) and (lib)nettle upgrade to latest upstream version, that now provides CPACF support ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1959469|bug 1959469]]).
In addition zcryptctl comes now with support for control domains (([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1982759|bug 1982759]]) and ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1982838|bug 1982838]])) and a new tool is shipped that allows to display usage counters from the IBM z16 Processor Activity Instrumentation Facility ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1982760|bug 1982760]]).

 *  Eventually improvements in the area of RDMA/RoCE, with support for independent usage of secondary physical function (PF) of ConnectX-5/6 based RoCE adapters ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1959542|bug 1959542]]) was added and the enablement for MIO instructions, means usage of new PCI Load/Store instructions in rdma-core (([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1959543|bug 1959543]]) and ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1959544|bug 1959544]])).

s390x

Ubuntu Server 20.04 LTSから、最小アーキテクチャーレベルセットがz13(および、LinuxONE Rockhopper / Emperor)に引き上げられました。これはUbuntu Server 22.10でも同様に適用され、本日(22.10リリース日時点)で利用されているすべての新しいハードウェアもサポート対象になります。将来的なハードウェアのサポートは、後に追加される可能性があります。 Ubuntu Server 22.10は、LPAR(クラシック、またはDPMシステム)、IBM z/VMゲスト、KVM仮想マシン、LXDや、docker、kubernetesなどの異なるコンテナ環境にインストールすることができます。 Ubuntu Server 20.04 LTSは、ISO、クラウド、コンテナイメージとして提供されます。

22.04以降のIBM ZおよびLinuxONE/s390x固有の機能拡張は以下になります(一部はs390xに限定されないものもあります):

  • s390-tools (bug 1986991)はバージョン2.23になり、ziplの site-aware 環境のブロックサポート (bug 1982368) や、SCLP CPIへの追加情報の提供 (bug 1982390) が含まれました。

  • 新しい認証ツール (bug 1959987)と、customer keysを利用したゲストダンプの暗号化 (bug 1959940) など、 Secure Execution における機能強化がおこなわれました。

  • また、NVMeスタンドアローンダンプのサポートにより、さらにダンプの強化がおこなわれています(bug 1929033)。

  • IBM z16 Processor-Activity-Instrumentation Facility のサポート((bug 1982384)と(bug 1982384))や、libpfm の新しいハードウェア向けの追加 CPU-MFカウンター(bug 1960118)、qclib の最新の IBM zSystems ハードウェア世代のサポート(bug 1982332)等、最新のハードウェアへのサポートがおこなわれました。

  • 仮想化スタックの更新(上記を参照)に加え、暗号化パススルーホットプラグによる仮想化のさらなる改善 (bug 1852741)と、vfio-ap デバイスを永続的に設定する新しいツールが提供されました (bug 1852736)。

  • 暗号分野では、opencryptokiがバージョン3.18に更新され、暗号化プロファイル(bug 1959549)や追加の暗号化カウンター(bug 1959551)、PKCS #11 3.1 CKA_DERIVE_TEMPLATE群のサポート(bug 1982842)など、多くの機能強化が行われています。
    libica は最新のバグフィックスバージョンである4.0.3に更新(bug 1986437)し、openssl-ibmcaパッケージは 2.3.0になり、 openSSL 3.0プロバイダーのサポート(bug 1959763)をおこなうようになり、 IBM固有のメカニズムおよび属性をサポートがp11-kitに追加(bug 1982841)され、 新しいIBM Zハードウェア用のBEARの改良(bug 1960186)と、(lib)nettleはCPACFをサポートした最新のアップストリーム バージョン(bug 1959469)に更新されています。
    さらに、zcryptctlはコントロールドメインをサポート((bug 1982759) と (bug 1982838))し、IBM z16 Processor Activity Instrumentation Facilityからの使用量カウンターを表示する(bug 1982760)新しいツールをリリースしています。

  • RDMA/RoCEの分野では最終的に、ConnectX-5/6ベースのRoCEアダプタのセカンダリ物理機能(PF)の独立使用をサポート(bug 1959542)し、MIO命令の有効化により、rdmaコアにおいて新しいPCI Load/Store命令を使用できるよう((bug 1959543) と (bug 1959544))改善しました。

= Known Issues =

As is to be expected, with any release, there are some significant known bugs that users may run into with this release of Ubuntu. The ones we know about at this point (and some of the workarounds), are documented here so you don't need to spend time reporting these bugs again:

=== General ===

The option to install using zfs as a file system and encryption has been disabled due to a [[https://bugs.launchpad.net/ubuntu-manual-tests/+bug/1993318|bug]] with all of the file system not being mounted on first boot. If you'd like to have a system using zfs and encryption please install using Ubuntu 22.04.1 and then upgrade to Ubuntu 22.10. 

== Linux kernel ==

The dkms package is not currently able to sign kernel modules which it builds. This will affect fresh installations of systems with a Broadcom  wireless device and that use secure boot. An update to dkms is currently in the works and [[https://discourse.ubuntu.com/t/dkms-package-support-extra-drivers-does-not-work-in-ubuntu-22-10-install-media/31655|a workaround is available]].

== Ubuntu Desktop ==

Nothing yet.

== Ubuntu Server ==

Nothing yet.

== Platforms ==

=== Cloud Images ===

None
 
=== Raspberry Pi ===

 *  While the official DSI display now produces output under the Full KMS graphics drivers, the touchscreen does not operate, and rotation of the screen is ignored. To enable rotation or touchscreen support, edit the `config.txt` file on your Raspberry Pi's boot partition and change the line `dtoverlay=vc4-kms-v3d` to `dtoverlay=vc4-fkms-v3d` to revert to the "Fake" KMS graphics stack ([[https://launchpad.net/bugs/1970603|bug 1970603]]).

 *  Various kernel modules have been moved from the `linux-modules-raspi` package in order to reduce the initramfs size. If you find an application failing due to missing kernel modules, please try `sudo apt install linux-modules-extra-raspi`

 *  The legacy camera stack (MMAL based) is no longer supported on arm64; [[https://www.raspberrypi.com/documentation/accessories/camera.html#libcamera-and-libcamera-apps|libcamera]] is the supported method of using the Pi Camera Module on the arm64 architecture (the boot-time configuration will automatically load overlays for official modules; unofficial camera modules need the relevant overlay added to `config.txt` on the boot partition)

 *  After initial user setup on the desktop image, several packages can still be autoremoved [[https://launchpad.net/bugs/1925265|bug 1925265]]); run `sudo apt autoremove --purge` to work around this

 *  Under the desktop image, while the new pipewire stack selects the correct audio device by default on the Raspberry Pi 4 ([[https://launchpad.net/bugs/1877194|bug 1877194]]), the wrong audio device is now selected on the Raspberry Pi 400 ([[https://launchpad.net/bugs/1993316|bug 1993316]])

 *  Under the desktop image, while the new pipewire stack maintains the correct audio device across reboots on the Raspberry Pi ([[https://launchpad.net/bugs/1877194|bug 1877194]]), an invalid audio device is now selected by default on the Raspberry Pi 400 ([[https://launchpad.net/bugs/1993316|bug 1993316]]), and an inconvenient default is selected on the Raspberry Pi 4 ([[https://launchpad.net/bugs/1993347|bug 1993347]])

 *  With the removal of the `crda` package in 22.04, the method of setting the wifi regulatory domain (editing `/etc/default/crda`) no longer operates. Use the new `regulatory-domain` option in the netplan configuration ([[https://launchpad.net/bugs/1951586|bug 1951586]])

 *  Under the desktop image, the default totem video player will not open videos by default ([[https://launchpad.net/bugs/1969512|bug 1969512]]); `sudo apt install vlc` to install an alternate video player which operates correctly

=== s390X ===

Nothing yet.

既知の問題点

どのようなリリースにおいても想像される通り、今回のUbuntuのリリースにおいても、ユーザーが遭遇してしまう可能性のある、影響の大きな既知のバグが存在します。現時点で判明している(そして、ワークアラウンドがあるかもしれない)既知の問題点は以下に記載されています。これらの報告のために時間を使う必要はありません。

全般

インストール時のオプションとして、ファイルシステムにzfsを利用し、かつ、暗号化を利用する組み合わせは バグのため無効になっています。このバグは、初回起動時にファイルシステムがマウントされない、というものです。もしzfsと暗号化を組み合わせて利用したい場合、Ubuntu 22.04.1を用いてインストールを行い、Ubuntu 22.10へアップグレードしてください。

Linux kernel

dkmsパッケージは、現時点ではカーネルモジュールをビルド時に適切に署名することができません。この問題はBroadcom製ワイヤレスデバイスを利用したシステムを、セキュアブートを用いる形でクリーンインストールする場合に影響します。dkmsの更新が準備中で、ワークアラウンドがが用意されています

Ubuntu Desktop

現時点ではありません。

Ubuntu Server

現時点ではありません。

Platforms

Cloud Images

ありません。

Raspberry Pi

  • オフィシャルなDSI displayは、フルバージョンのKMSグラフィックドライバを用いて動作するようになりました。一方、タッチスクリーンは動作せず、スクリーンの回転機能は無視されます。スクリーンの回転とタッチスクリーンサポートを有効にするためには、 config.txt ファイルを編集し(このファイルはRaspberry Piのブートパーティションにあります)、 dtoverlay=vc4-kms-v3d 行を dtoverlay=vc4-fkms-v3d に変更し、「Fake」KMSグラフィックスタックに切り戻してください。(bug 1970603).

  • 多くのカーネルモジュールが linux-modules-raspi から移動されました。これにより、initramfsのサイズが縮小されています。もしカーネルモジュールの不足によってアプリケーションが動作しない場合、 sudo apt install linux-modules-extra-raspi を試してください。

  • レガシーなカメラスタック (MMALベース) は arm64 ではサポートされなくなりました。 libcamera が Pi Camera Moduleを arm64 から利用する場合にサポートされる方式です。(起動時の設定では、オフィシャルなモジュールのオーバーレイが有効になっています。オフィシャルではないカメラモジュールの場合、オーバーレイのために設定の追加が必要です。設定は、ブートパーティションの config.txt で行えます)

  • デスクトップイメージの初期セットアップ後、いくつかのパッケージが autoremove 可能な状態で保持されています(bug 1925265sudo apt autoremove --purge を実行することでワークアラウンドが可能です。

  • デスクトップイメージにおいて、Raspberry Pi 4ではPipeWireスタックが正しいオーディオデバイスを選択した状態になるものの (bug 1877194), Rasbperry Pi 400では正しくないオーディオデバイスが選択されています (bug 1993316)。

  • デスクトップイメージにおいて、Raspberry Piはリブート後にも適切なオーディオデバイスを選択できます(bug 1877194)。しかしながらRaspberry Pi 400は誤ったデバイスをデフォルトで選択しており(bug 1993316), Raspberry Pi 4 では不便なデバイスが選択されている状態になります(bug 1993347)。

  • Ubuntu 22.04での crda パッケージの除去に伴い、以前の方法によるwifiの規制ドメインの設定( /etc/default/crda ファイルの編集)は機能しなくなりました。新しく追加されたnetplanの regulatory-domain オプションを利用してください。(bug 1951586)

  • デスクトップイメージにおいて、デフォルトで導入されているtotem video playerはデフォルトではビデオファイルを開くことができません(bug 1969512)。 sudo apt install vlc を実行して、(現状で動作する)代替となるビデオプレイヤーをインストールしてください。

s390X

ありません。

<locked-by:kazken3>

= Official flavours =

The release notes for the official flavours can be found at the following links:

  * [[https://kubuntu.org/news/kubuntu-22-10-kinetic-kudu-released/|Kubuntu Release Notes]]
  * [[https://lubuntu.me/kinetic-released/|Lubuntu Release Notes]]
  * [[https://ubuntubudgie.org/2022/09/ubuntu-budgie-22-10-release-notes/|Ubuntu Budgie Release Notes]]
  * [[https://ubuntu-mate.org/blog/ubuntu-mate-kinetic-kudu-release-notes/|Ubuntu MATE Release Notes]]
  * [[https://ubuntustudio.org/ubuntu-studio-22-10-release-notes/|Ubuntu Studio Release Notes]]
  * [[https://ubuntuunity.org/blog/ubuntu-unity-22.10/|Ubuntu Unity Release Notes]]
  * [[https://wiki.xubuntu.org/releases/22.10/release-notes|Xubuntu Release Notes]]

= More information =

== Reporting bugs ==

Your comments, bug reports, patches and suggestions will help fix bugs and improve the quality of future releases. Please [[http://help.ubuntu.com/community/ReportingBugs|report bugs using the tools provided]]. If you want to help out with bugs, the [[http://wiki.ubuntu.com/BugSquad|Bug Squad]] is always looking for help.

== Participate in Ubuntu ==

If you would like to help shape Ubuntu, take a look at the list of ways you can participate at:

 * https://community.ubuntu.com/contribute

== More about Ubuntu ==

You can find out more about Ubuntu on the [[https://ubuntu.com|Ubuntu website]].

To sign up for future Ubuntu development announcements, please subscribe to Ubuntu's development announcement list at:

  * https://lists.ubuntu.com/mailman/listinfo/ubuntu-devel-announce

</locked-by:kazken3>

公式フレーバー

公式フレーバーの各リリースノートは、以下のリンクで参照できます:

より詳しい情報

バグレポート

あなたのコメントやバグレポート、レポートへのコメント・パッチの投稿・提案は、バグの修正や将来のリリース品質の改善につながります。ツールを用いてバグを報告してください。バグの修正を通じて貢献したいのであれば、Bug Squadページが役に立つでしょう。

Ubuntuに参加するには

Ubuntuを支援したいのであれば、以下の支援できる方法の一覧に目を通してみてください。

Ubuntuに関して

Ubuntuに関するより詳しい情報は、UbuntuのWebサイトを確認してください。

Ubuntuの開発に関するアナウンスを受け取るには、Ubuntu開発アナウンスメーリングリストを購読してください。

UbuntuJapaneseWiki: KineticKudu/ReleaseNotes/Ja (last edited 2022-10-30 14:08:29 by kazken3)