• 対象とするUbuntu Studioのバージョン

    • これまでにリリースされたすべてのバージョン

FFADO-Mixerは、Firewire接続のサウンドデバイス用のミキサーユーティリティです。FFADOがサポートしているデバイスに対して使うことが出来ます。

Firewire接続のサウンドデバイス対応状況は、FFADOのDevice support databaseを参照して下さい。

入出力のルーティングやボリュームの変更、サンプリング周波数の変更などを行うことができ、MacやWindows用のミキサーユーティリティの代替となります。

起動方法

FFADO-Mixerを使う際は、ffado-dbus-serverプロセスが起動している必要があります。デバイスが接続されていて電源が入っていてもミキサーユーティリティが使えず、下の画面が出る場合は、端末でコマンド「ffado-dbus-server」を実行し、プロセスを開始して下さい。

FFADO-Mixer failing to connect

サンプル画面

以下は各デバイスにおけるミキサー画面です。もしここに掲載されてないデバイスをお使いでしたら、自由に追加して下さって構いません。

M-Audio Firewire Soloの場合

アナログ入力2系統、アナログ出力2系統。デジタル入力2系統、デジタル出力2系統の製品。ヘッドフォン出力はアナログ出力と同一。

FFADO-Mixer for M-Audio Firewire Solo

Echo Audiofire 4の場合

アナログ入力4系統(うち2系統がマイクプリアンプ付き)、アナログ出力4系統、ヘッドフォン出力1系統。デジタル入出力S/PDIF2系統。

FFADO-Mixer for Echo Audiofire 4

Echo Audiofire Pre 8の場合

アナログ入力8系統(すべてマイクプリアンプ付き)、アナログ出力10系統、ヘッドフォン出力2系統。ADATオプティカルデジタル8系統。

FFADO-Mixer for Echo Audiofire Pre 8

Lucid以前は、/usr/share/libffado2/configurationに以下を追記すると使えるようになります。

{
    vendorid = 0x1486;
    modelid = 0xAF9;
    vendorname = "Echo";
    modelname = "AudioFirePre8";
    driver = 2;
    mixer = "AudioFireMixer";
    xmit_max_cycles_early_transmit = 2;
},

MOTU 828 Mk2の場合

アナログ入力10系統(うち2つはマイクプリアンプ付き)、アナログ出力10系統。ADATオプティカルデジタル入出力8系統。ヘッドフォン出力は独立して指定可能。左はFFADO-Mixerの画面、右はWindowsのミキサーユーティリティソフトの画面。

FFADO-Mixer for MOTU 828 Mk2Windows Mixer Utility for MOTU 828 Mk2

PrismSound Orpheusの場合

アナログ入力8系統(うち4つはマイクプリアンプ付き)、アナログ出力8系統、ヘッドフォン出力2系統。デジタル入出力はS/PDIFが2系統、ADATが8系統、ADAT S/MUXが4系統。最大の量子化ビット数は24bit、最大のサンプリング周波数は192kHz。WindowsやMacなどであらかじめ設定したサンプリング周波数に合わせないとFFADOから利用することは出来ない。

FFADO-Mixer for PrismSound Orpheus

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuStudioTips/Application/FfadoMixer (最終更新日時 2012-01-10 11:49:07 更新者 匿名)