• 対象とするUbuntuのバージョン

    • 11.04 Natty Narwhal
    • 10.10 Maverick Meercat
    • 10.04 Lucid Lynx
    • (9.10 Karmic Koala)
    • (9.04 Jaunty Jackalope)

Ubuntuでもペンタブレット/タッチタブレットを使うことができます。ここでは、ワコム社のものとそれ以外に分けて、Ubuntuにおけるペンタブレット/タッチタブレットの動作の仕組みと対応状況について概説します。

Ubuntu 11.04現在、ペンタブレット/タッチタブレットを動作させるには

  1. デバイスに対応するドライバ(カーネルモジュール)があること
  2. デバイスに対応するudevのルールがあること
  3. デバイスに対応するXサーバのドライバモジュールがあること
  4. デバイスに対応するXサーバの設定ファイルがあること

の条件を満たす必要があります。

このページではPPAの導入事例を紹介していますが、PPAのパッケージは個人が作成しているため、意図しないバグなどが含まれている可能性があるということに留意して下さい。

ワコム社製のペンタブレット/タッチタブレットの導入

概要

ワコム社製のペンタブレット/タッチタブレットに関しては、linuxwacomプロジェクトの成果が利用できます。

カーネルモジュールはすでにLinuxカーネルに組み込まれており、以下のコマンドを実行することで確認できます。

 $ modinfo wacom

udevのルール設定ファイルは、以下の場所にあります。注1

  • [11.04, 10.10] /lib/udev/rules.d/69-xserver-xorg-input-wacom.rules
  • [10.04] /lib/udev/rules.d/69-xserver-xorg-input-wacom.rules

udevのルール設定ファイルに関しては、Linuxwacomプロジェクトの3.2 - Updated wacom.cを参照して下さい。

Xサーバ用のドライバモジュールは、パッケージ名「xserver-xorg-input-wacom」で提供されています。こちらは、Synapticパッケージマネジャーを使ってインストールが確認できます。

Xサーバの設定ファイルは、以下の場所にあります。注1

  • [11.04, 10.10] /usr/share/X11/xorg.conf.d/50-wacom.conf
  • [10.04] /usr/lib/X11/xorg.conf.d/10-wacom.conf

Xサーバの設定ファイルに関しては、Linuxwacomプロジェクトの5.0 - Configuring X11を参照して下さい。

注1: Ubuntu 9.10までは、udevでルールを設定する代わりにhalの設定ファイルを書いていました。halの設定ファイルに関しては、Linuxwacomプロジェクトのhttp://linuxwacom.sourceforge.net/index.php/howto/hotplugを参照して下さい。

Wacom bamboo pen & touch

デバイスIDが「0xD1」「0xD2」「0xD3」「0xD4」で認識される、Bamboo Pen、Bamboo Touch、Bamboo Fun, Bamboo Comicですが、11.04以降では使えるものの、10.10以前は利用することができません。これは、Xサーバのドライバは対応しているものの、カーネルモジュールが対応していないためです。

この場合、以下の2つの手順を踏むことで使えるようになります。

  1. カーネルモジュールを入れ直す
  2. udevの設定ファイルに追記する

1. カーネルモジュールを入れ直す

これをするには、2つの方法があります。

1-1. linuxwacomプロジェクトからソースコードをダウンロードし、ビルドしてインストールする

Linuxwacomプロジェクトのダウンロードサイトから、ソースをダウンロードできます。詳しいビルドの仕方は、Ubuntu日本語フォーラムのWacomのペンタブレット(Bamboo comic)の導入方法。を参照して下さい。 なおこの場合は、カーネルイメージがアップデートされる度に、ビルドとインストールをやり直す必要があります。

1-2. PPAでwacom.koのDKMS (Dynamic Kernel Module Support)パッケージを提供している人がいるため、それを利用する

Upgraded Wacom Martin Owens氏のPPA

Wacom Kernel Module Taylor LeMasurier-Wren氏のPPA

パッケージ名はPPAによってまちまちですので、上記PPAをよく読んでみて下さい。なおここで入手できるパッケージは、DKMSによってカーネルイメージがアップデートされる度に、システムがモジュールのビルドとインストールをしてくれるようになります。

2. udevの設定ファイルに追記する

Linuxwacomプロジェクトの3.2 - Updated wacom.cを参照して、udevファイルに追記をしてください。以下の行を正しい位置に追記することになります。

ATTRS{idVendor}=="056a", ATTRS{idProduct}=="00d1", SYMLINK="input/tablet-bamboo2fg-4x5-$env{WACOM_TYPE}"
ATTRS{idVendor}=="056a", ATTRS{idProduct}=="00d2", SYMLINK="input/tablet-bamboo-craft-$env{WACOM_TYPE}"
ATTRS{idVendor}=="056a", ATTRS{idProduct}=="00d3", SYMLINK="input/tablet-bamboo2fg-6x8-$env{WACOM_TYPE}"
ATTRS{idVendor}=="056a", ATTRS{idProduct}=="00d4", SYMLINK="input/tablet-bamboo-4x5-$env{WACOM_TYPE}"

ワコム社製ペンタブレット/タッチタブレット対応状況

ワコム社のペンタブレット/タッチタブレットをUbuntuに接続した状態で以下のコマンドを実行すると、ベンダーIDやデバイスIDを取得する事ができます。

$ lsusb
Bus 004 Device 003: ID 056a:00d2 Wacom Co., Ltd 

この例の場合は、デバイスID 00d2 (Bamboo Comic CTL-461/S)が認識されています。

下表はUbuntu 10.10リリース現在の対応状況を表にしたものです。なおこの表は、wacom.koのソースコードとxf86-input-wacomのソースコードを基にしています。また、Nattyから利用できるようになったデバイスの解像度はupm(unit per meter)で表示してあります。

デバイス名

対応バージョン

/linux-source-(バージョン名)/drivers/input/tablet/wacom_wac.c

/xf86-input-wacom-(バージョン名)/src/wcmUSB.c

デバイスID

読取幅

読取奥行

筆圧レベル

読取高さ

デバイスID

X解像度(ppi)

Y解像度(ppi)

内部モデル

Bamboo Comic CTH-661

Natty

0xDB

14720

9200

1023

63

0xDB

100000

100000

&usbBamboo

Bamboo Comic CTL-461/L

Natty

0xDA

14720

9200

1023

63

0xDA

100000

100000

&usbBamboo

Bamboo Comic CTH-661/S1

Natty

0xD8

21648

13530

1023

63

0xD8

100000

100000

&usbBamboo

Bamboo Comic CTH-460/S

Natty

0xD7

14720

9200

1023

63

0xD7

100000

100000

&usbBamboo

Bamboo Comic CTH-460/K

Natty

0xD6

21648

13530

1023

63

0xD6

100000

100000

&usbBamboo

Bamboo Comic CTH-461

Natty

0xD4

14720

9200

255

63

0xD4

100000

100000

&usbBamboo

Bamboo Comic CTL-660

Natty

0xD3

21648

13530

1023

63

0xD3

100000

100000

&usbBamboo

Bamboo Comic CTL-461/S CTH-461/W

Natty

0xD2

14720

9200

1023

63

0xD2

100000

100000

&usbBamboo

Bamboo Comic CTL-460

Natty

0xD1

14720

9200

1023

63

0xD1

100000

100000

&usbBamboo

Bamboo 2FG

Lucid

0xD0

14720

9200

1023

63

0xD0

100000

100000

&usbBamboo

Bamboo1

Jaunty

0x69

5104

3712

511

63

0x69

1012

1012

&usbBamboo1

Bamboo

Jaunty

0x65

14760

9225

511

63

0x65

2540

2540

&usbBamboo

Bamboo1 Medium

Jaunty

0x19

16704

12064

511

63

0x19

2032

2032

&usbBamboo1

Bamboo Fun 6x8 CTE-650

Jaunty

0x18

21648

13530

511

63

0x18

2540

2540

&usbBambooFun

Bamboo Fun 4x5

Jaunty

0x17

14760

9225

511

63

0x17

2540

2540

&usbBambooFun

(FAVO) Graphire4 6x8 Bluetooth

-

-

-

-

-

-

0x81

2032

2032

&usbGraphire4

(FAVO) Graphire4 6x8

Jaunty

0x16

16704

12064

511

63

0x16

2032

2032

&usbGraphire4

(FAVO) Graphire4 4x5

Jaunty

0x15

10208

7424

511

63

0x15

2032

2032

&usbGraphire4

(FAVO) Graphire3 6x8

Jaunty

0x14

16704

12064

511

63

0x14

2032

2032

&usbGraphire3

(FAVO) Graphire3

Jaunty

0x13

10208

7424

511

63

0x13

2032

2032

&usbGraphire3

(FAVO) Graphire2 5x7

Jaunty

0x12

13918

10206

511

63

0x12

2032

2032

&usbGraphire2

(FAVO) Graphire2 4x5

Jaunty

0x11

10206

7422

511

63

0x11

2032

2032

&usbGraphire2

(FAVO) Graphire

Jaunty

0x10

10206

7422

511

63

0x10

2032

2032

&usbGraphire

Intuos4 WL Bluetooth Endpoint

-

-

-

-

-

-

0xBD

200000

200000

&usbIntuos4

Intuos4 WL USB Endpoint

Natty

0xBC

40840

25400

2047

63

0xBC

200000

200000

&usbIntuos4

Intuos4 12x19

Karmic

0xBB

97536

60960

2047

63

0xBB

5080

5080

&usbIntuos4

Intuos4 8x13

Karmic

0xBA

65024

40640

2047

63

0xBA

5080

5080

&usbIntuos4

Intuos4 6x9

Karmic

0xB9

44704

27940

2047

63

0xB9

5080

5080

&usbIntuos4

Intuos4 4x6

Karmic

0xB8

31496

19685

2047

63

0xB8

5080

5080

&usbIntuos4

Intuos3 4x6

Jaunty

0xB7

31496

19685

1023

63

0xB7

5080

5080

&usbIntuos3

Intuos3 6x11

Jaunty

0xB5

54204

31750

1023

63

0xB5

5080

5080

&usbIntuos3

Intuos3 12x19

Jaunty

0xB4

97536

60960

1023

63

0xB4

5080

5080

&usbIntuos3

Intuos3 12x12

Jaunty

0xB3

60960

60960

1023

63

0xB3

5080

5080

&usbIntuos3

Intuos3 9x12

Jaunty

0xB2

60960

45720

1023

63

0xB2

5080

5080

&usbIntuos3

Intuos3 6x8

Jaunty

0xB1

40640

30480

1023

63

0xB1

5080

5080

&usbIntuos3

Intuos3 4x5

Lucid

0xB0

25400

20320

1023

63

0xB0

5080

5080

&usbIntuos3

Intuos2 6x8

Jaunty

0x47

20320

16240

1023

31

0x47

2540

2540

&usbIntuos2

Intuos2 12x18

Jaunty

0x45

45720

31680

1023

31

0x45

2540

2540

&usbIntuos2

Intuos2 12x12

Jaunty

0x44

30480

31680

1023

31

0x44

2540

2540

&usbIntuos2

Intuos2 9x12

Jaunty

0x43

30480

24060

1023

31

0x43

2540

2540

&usbIntuos2

Intuos2 6x8

Jaunty

0x42

20320

16240

1023

31

0x42

2540

2540

&usbIntuos2

Intuos2 4x5

Jaunty

0x41

12700

10600

1023

31

0x41

2540

2540

&usbIntuos2

Intuos 12x18

Jaunty

0x24

45720

31680

1023

31

0x24

2540

2540

&usbIntuos

Intuos 12x12

Jaunty

0x23

30480

31680

1023

31

0x23

2540

2540

&usbIntuos

Intuos 9x12

Jaunty

0x22

30480

24060

1023

31

0x22

2540

2540

&usbIntuos

Intuos 6x8

Jaunty

0x21

20320

16240

1023

31

0x21

2540

2540

&usbIntuos

Intuos 4x5

Jaunty

0x20

12700

10600

1023

31

0x20

2540

2540

&usbIntuos

Cintiq Partner

Jaunty

0x03

20480

15360

511

0

0x03

508

508

&usbCintiqPartner

Cintiq 21UX2

Natty

0xCC

87200

65600

2047

63

0xCC

20000

20000

&usbCintiqV5

Cintiq 21UX

Jaunty

0x3F

87200

65600

1023

63

0x3F

5080

5080

&usbCintiqV5

Cintiq 20WSX

Jaunty

0xC5

86680

54180

1023

63

0xC5

5080

5080

&usbCintiqV5

Cintiq 12WX

Jaunty

0xC6

53020

33440

1023

63

0xC6

5080

5080

&usbCintiqV5

ISDv4 E3

Lucid

0xE3

26202

16325

255

0

0xE3

2540

2540

&usbTabletPC

ISDv4 E2

Lucid

0xE2

26202

16325

255

0

0xE2

10

10

&usbTabletPC

ISDv4 9F

Jaunty

0x9F

26202

16325

255

0

0x9F

10

10

&usbTabletPC

ISDv4 9A

Jaunty

0x9A

26202

16325

255

0

0x9A

2540

2540

&usbTabletPC

ISDv4 93

Jaunty

0x93

26202

16325

255

0

0x93

2540

2540

&usbTabletPC

ISDv4 90

Jaunty

0x90

26202

16325

255

0

0x90

2540

2540

&usbTabletPC

Volito2 2x3

Jaunty

0x63

3248

2320

511

63

0x63

1016

1016

&usbVolito2

Volito2 4x5

Jaunty

0x62

5104

3712

511

63

0x62

1016

1016

&usbVolito2

Volito

Jaunty

0x60

5104

3712

511

63

0x60

1016

1016

&usbVolito

Pen Partner2

Jaunty

0x64

3250

2320

511

63

0x64

1016

1016

&usbVolito2

Pen Station2

Jaunty

0x61

3250

2320

255

63

0x61

1016

1016

&usbVolito2

Penpartner

Jaunty

0x00

5040

3780

255

0

0x00

1000

1000

&usbPenPartner

PL510

Jaunty

0x38

6282

4762

511

0

0x38

508

508

&usbCintiq

PL700

Jaunty

0x37

6758

5406

511

0

0x37

508

508

&usbCintiq

PL800

Jaunty

0x35

7220

5780

511

0

0x35

508

508

&usbCintiq

PL550

Jaunty

0x34

6144

4608

511

0

0x34

508

508

&usbCintiq

PL600SX

Jaunty

0x33

6260

5016

255

0

0x33

508

508

&usbCintiq

PL600

Jaunty

0x32

6126

4604

255

0

0x32

508

508

&usbCintiq

PL500

Jaunty

0x31

6144

4608

255

0

0x31

508

508

&usbCintiq

PL400

Jaunty

0x30

5408

4056

255

0

0x30

508

508

&usbCintiq

DTU1931

Jaunty

0xC7

37832

30305

511

0

0xC7

2540

2540

&usbCintiq

DTU710

Jaunty

0x39

34080

27660

511

0

0x39

508

508

&usbCintiq

DTF521

Jaunty

0xC4

6282

4762

511

0

0xC4

508

508

&usbCintiq

DTF720a

Karmic

0xC2

6858

5506

511

0

0xC2

508

508

&usbCintiq

DTF720

Jaunty

0xC0

6858

5506

511

0

0xC0

508

508

&usbCintiq

ワコム社製以外のペンタブレットの導入

ここでは、日本のプリンストン株式会社のPTB-ST12Pの導入方法について説明します。

概要

このデバイスをUbuntuにつないでlsusbを実行した結果が以下です。内部的には、Waltop社のチップを使っていることがわかります。

$ lsusb
Bus 005 Device 001: ID 172f:0031 Waltop International Corp. Slim Tablet 12.1

このデバイスに関しては、Xサーバの対応するドライバモジュールがないため、つないだだけではちゃんと動作しません。Xサーバの対応するドライバは、Wizardpen graphics pad/tablet driver for Linuxで開発されています。

ドライバパッケージのインストール

リポジトリではまだ提供されていませんが、ドライバの開発者の一人Martin Owens氏が自身のPPAであるWizardpen Driversで提供していおり、それを利用します。このPPAを登録すると、パッケージ「xserver-xorg-input-wizardpen」をインストールできるようになります。

このパッケージには、Xサーバのドライバとudevの設定ファイル、Xサーバの設定ファイルも含まれています。しかしudev設定ファイルやXサーバの設定ファイルにはこのデバイスに対する記述がないため、設定ファイルを新たに作成したり、内容を変更する必要があります。

udev設定ファイルの作成

10.04以降はパッケージ「xserver-xorg-input-wizardpen」が大抵はインストールしますが、9.10以前は作成する必要があります。

$ sudo nano /lib/udev/rules.d/67-xorg-waltop.rules;

# to configure the active area, pressure sensitivity and other settings see
# /etc/udev/rules.d/70-xorg-wizardpen-settings.rules

ACTION!="add|change", GOTO="xorg_waltop_end"
SUBSYSTEM!="input", GOTO="xorg_waltop_end"

# Waltop International Corp. Slim Tablet 12.1"
ENV{ID_VENDOR_ID}=="172f", ENV{ID_MODEL_ID}=="0031", ENV{x11_driver}="wizardpen"

LABEL="xorg_waltop_end"

ここまで設定を終えたら、システムを再起動します。

Xサーバ設定ファイルの作成

Ubuntu 11.04, 10.10の場合

$ sudo gedit /usr/share/X11/xorg.conf.d/70-wizardpen.conf

Ubuntu 10.04の場合

$ sudo gedit /usr/lib/X11/xorg.conf.d/70-wizardpen.conf

テキストエディタが開きますので、設定ファイルを以下のようにします。

Section "InputClass"
        Identifier      "waltop"
        MatchIsTablet   "on"
        MatchDevicePath "/dev/input/event*"
        Driver          "wizardpen"
        Option  "TopX"  "100"
        Option  "TopY"  "20"
        Option  "BottomX"       "10068"
        Option  "BottomY"       "6250"
        Option  "TopZ"  "0"
        Option  "BottomZ"       "1023"
EndSection

Section "InputClass"
   Identifier      "waltop ignore mouse dev"
   MatchDevicePath "/dev/input/mouse*"
   Driver          "mouse"
   Option          "ignore"     "true"
EndSection

設定ファイルを作成したら一旦ログアウトすることでXサーバーを再起動します。再びログインしてデバイスを接続すると、使用可能となります。

なお、書式は、コミュニティドキュメントTabletSetupWizardpenあるいは、コマンド「$ man wizardpen」を参照して下さい。

OptionのTopXなどの値は、ディスプレイやペンタブレットの環境に応じて調整する必要があります。この場合、コマンド「wizardpen-calibrate」(パッケージ「xserver-xorg-input-wizardpen」に含まれている)を使って取得した情報を使って下さい。

Xサーバの設定ファイルの内容を変更した場合は、次回のログイン以降にシステムに反映されます。

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuStudioTips/Hardware/PenTablets (最終更新日時 2012-01-10 11:49:12 更新者 匿名)