警告

Info (!) ソースコードからのコンパイルによってソフトウェアを導入することはあなたの PC にセキュリティ上のリスクとシステムの不安定化の可能性、パッケージ管理システムの不具合及びシステムのバージョンアップの際の不具合の可能性を与えます。リスクを理解した上で実行して下さい。

最新FFmpegとx264をUbuntu Lucid Lynx 10.04 にインストール

依存関係にあるものをインストール

1。x264とlibx264-devとffmpegを、もしも既にインストールしていたらアンインストールしてください。まず、端末を開き、次のコマンドを実行してください(通常はshift+ctrl+vで端末にペーストできます)。それぞれのステップでコードボックス全体をコピー&ペーストしてください。

Code:

sudo apt-get remove ffmpeg x264 libx264-dev

2。FFmpegとx264をインストールするのに必要なパッケージをすべて取得してください(universeとmultiverseリポジトリを追加する必要があるかもしれません)。

Code:

sudo apt-get update
sudo apt-get install build-essential git-core checkinstall yasm texi2html libfaac-dev \
    libopencore-amrnb-dev libopencore-amrwb-dev libsdl1.2-dev libtheora-dev \
    libvorbis-dev libx11-dev libxfixes-dev libxvidcore-dev zlib1g-dev  

x264のインストール

3。最新のソースファイルを取得し、コンパイル・インストールしてください。

Code:

cd
git clone git://git.videolan.org/x264
cd x264
make clean; make distclean
./configure --enable-static
make
sudo checkinstall --pkgname=x264 --default --pkgversion="3:$(./version.sh | \
    awk -F'[" ]' '/POINT/{print $4"+git"$5}')" --backup=no --deldoc=yes

(訳注:原文にも4はありません。3の次は5となっています。)

LAMEのインストール(任意)

5。mp3音声をエンコードするのに使用されます。このステップに従うなら、ステップ7での./configureを実行するときに--enable-libmp3lameオプションを追加します。

Code:

sudo apt-get remove libmp3lame-dev
sudo apt-get install nasm
cd
wget http://downloads.sourceforge.net/project/lame/lame/3.98.4/lame-3.98.4.tar.gz
tar xzvf lame-3.98.4.tar.gz
cd lame-3.98.4
./configure --enable-nasm --disable-shared
make
sudo checkinstall --pkgname=lame-ffmpeg --pkgversion="3.98.4" --backup=no --default \
    --deldoc=yes

libvpxのインストール(任意)

6。これはVP8ビデオをエンコードするときに使用されます。このステップに従った場合、ステップ7で./configureを実行する時に--enable-libvpxオプションを追加してください。

Code:

cd
git clone http://git.chromium.org/webm/libvpx.git
cd libvpx
make clean; make distclean
(このコマンドの結果、”そんなルールは無い”旨のエラーがでるかもしれませんが、それは無視してください。)
./configure
make
sudo checkinstall --pkgname=libvpx --pkgversion="$(date +%Y%m%d%H%M)-git" --backup=no \
    --default --deldoc=yes

(注:libvpxの取得先アドレスを変更(2011。10。22)

FFmpegのインストール

7。最新のソースコードを入手して、コンパイル・インストールします。"./configure --help"を実行すると、他にどのような設定を有効/無効にできるかが分かります。Nightly FFmpeg スナップショットも利用できます。

スナップショット:http://ffmpeg.mplayerhq.hu/releases/ffmpeg-checkout-snapshot.tar.bz2

Code:

cd
git clone git://git.videolan.org/ffmpeg
cd ffmpeg
make clean; make distclean
./configure --enable-gpl --enable-version3 --enable-nonfree --enable-postproc \
    --enable-libfaac --enable-libopencore-amrnb --enable-libopencore-amrwb \
    --enable-libtheora --enable-libvorbis --enable-libx264 --enable-libxvid \
    --enable-x11grab
make
sudo checkinstall --pkgname=ffmpeg --pkgversion="5:$(./version.sh)" --backup=no \
    --deldoc=yes --default
hash x264 ffmpeg ffplay ffprobe

(訳注: 5と6にしたがいlibmp3lameとlibvpxをインストールすると、上記./configure行は下記の通りとなります。

./configure --enable-gpl --enable-version3 --enable-nonfree --enable-postproc \
    --enable-libfaac --enable-libopencore-amrnb --enable-libopencore-amrwb \
    --enable-libtheora --enable-libvorbis --enable-libx264 --enable-libxvid \
    --enable-x11grab --enable-libmp3lame --enable-libvpx

訳者による追加

ここまでに従うと、ffmpegは/usr/bin/ではなく/usr/local/bin/にインストールされます。/usr/bin/からは削除されます。下記コマンドを端末より実行しておいてください。
Code:

sudo ln -s /usr/local/bin/ffmpeg /usr/bin/ffmpeg

FFmpegのグラフィカルユーザーインターフェースであるsinthguntは、ffmpegのパスを/usr/bin/ffmpegと決め打ち(?)している箇所があり、上記リンクを作成しておかないと動作しませんでした。他にもそのようなアプリケーションがあるかもしれません。

qt-faststratのインストール(任意)

8。これは、FFmpegに含まれた、”moovアトムがデータの前にあり、したがってネットワークストリーミングを容易にするような”H.264ビデオを伴ったファイルを配列変えする有用なツールです(訳注:ここの英語がよくわかりませんので下記に原文を引用します)。基本的には、Web動画を完全にダウンロードする前に再生することができるようになります。

This is a useful tool included with FFmpeg that rearranges a file with H.264 video, "such that the moov atom is in front of the data, thus facilitating network streaming". Basically, it allows web movies to start playing before they are completely downloaded.

使い方: qt-faststart input.foo output.foo

Code:

cd ~/ffmpeg
make tools/qt-faststart
sudo checkinstall --pkgname=qt-faststart --pkgversion="$(./version.sh)" --backup=no \
    --deldoc=yes --default install -D -m755 tools/qt-faststart /usr/local/bin/qt-faststart

FFmpegとx264の更新

FFmpegとx264の開発は活発で、時折の更新により新機能の追加とバグフィックスがなされます。FFmpegとx264を更新するには、パッケージを削除して、make distcleanを実行し、ソースコードを更新して、再コンパイル・インストールする必要があります。
x264を更新するためには下記を実行します。

Code:

sudo apt-get remove ffmpeg x264 libx264-dev libvpx
cd ~/x264
make distclean
git pull

次に、このガイドの最初の方にあるように、”x264のインストール”の./configureから始めてx264をコンパイルします。
もしlibvpxをインストールしていたら、それも下記のとおりソースコードを更新できます。

Code:

cd ~/libvpx
make clean
git pull

その後、”libvpxのインストール”の./configureから始めてコンパイル・インストールを続けます。
さて、FFmpegの更新です。下記を実行します。

Code:

cd ~/ffmpeg
make distclean
git pull

その後、”FFmpegのインストール”の./configureから始めて、インストールを終了します。

このガイドによる変更を元にもどす。

このガイドによって追加されたFFmpegとx264、およびその他のパッケージを削除するには

Code:

sudo apt-get remove x264 ffmpeg qt-faststart build-essential git-core checkinstall \
    nasm yasm texi2html libfaac-dev lame-ffmpeg libsdl1.2-dev libtheora-dev libvorbis-dev \
    libx11-dev libxfixes-dev libxvidcore-dev zlib1g-dev

を実行します。
最後に、ホームフォルダーのffmpegとx264、libvpxディレクトリーを削除します。

訳者より

追加・修正・加筆ウェルカムです。

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuTips/Application/HowToInstallAndUseLatestFFmpegAndX264 (最終更新日時 2012-11-04 08:21:08 更新者 inakamon)