• 対象とするUbuntuのバージョン

    • 9.10 Karmic Koala
    専用サーバーはデーターセンター等のラックに格納されているため、利用者にとって、SSH経由でのログインしかできず、ローカル接続されたCD/DVDドライブが使えなかったり、grub等のブートローダーの設定に不具合があって起動しなくなった場合にローカルに接続されたディスプレイとキーボードがないため設定を修正することができなかったり、ご家庭やオフィスで手元にあるサーバーとは異なり細心の注意が必要となります。

本Tipsの対象ユーザー

  • Ubuntu以外のLinuxディストリビューションがデフォルトでセットアップされている専用サーバーをUbuntu化したい方

実現方法のタイプ

  • 本文書では次の2つの方法を紹介します。
  • debootstrapを用いる方法(OverSSHbyDebootstrap)
  • tarを用いる方法(OverSSHbyTar)

解説

  • このうちdebootstrapを用いるのがよりスマートな方法といえますが、debootstrapやその他不明な理由での不具合によりインストールできない場合もあります。 そうした場合にはtarを用いる方法を活用してみるのも一法といえます。tarを用いる方法は原始的なやり方で、手元のPCの空き領域にUtuntuをインストールする必要があったりしてやや面倒ですが、そのかわり非常に手順が単純で、かつ、ほぼ確実に行うことができると思います。 また、32ビット版と64ビット版を相互に移行可能なのはtarを用いる方法だけのメリットです。(debootstrap法では32ビット版と64ビット版を相互に移行することは現時点ではできません。)

コメント欄

参考文献

更新履歴

  • 2010.01/21 debootstrapとtarへの分離(OverSSHbyDebootstrapとOverSSHbyTar)に伴ない、本文書(OverSSH)をサマリーとして残した。
  • 2010.01/17 Bootableにセットすべきパーティションの訂正(誤/→正/boot)
  • 2010.01/09 新Tipsカテゴリ「専用サーバー(WikiName:DedicatedServer)」の開設に伴ない、インストール(WikiName: Install)より移動

  • 2010.01/08 32bit→64bit化がchrootの制限によりできないことを踏まえ本文を修正
  • 2010.01/07 新環境の/etc/fstabの設定を追加
  • 2010.01/06 第0.1版完成(by 原作者Shige)
  • 2009.12/24 WikiNameを変更(本家のWikiNameであるOverSSHを踏襲)


CategoryUbuntuTips

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuTips/DedicatedServer/OverSSH (最終更新日時 2012-01-10 11:49:23 更新者 匿名)