• 対象とするUbuntuのバージョン

    • 7.04 Feisty Fawn
    • 注意:7.10以降は、標準でCompiz/Compiz Fusionがインストールされるようになったため、Berylをインストールする必要はなくなりました。

必要なハードウェア

次のビデオカードで動作が確認されています。

  • Intel:i810からi965まで
  • NVIDIA:NVIDIAのバイナリドライバでサポートされるビデオカード
  • ATI:Radeon7000からX850までのカード(xserver-xorg-video-atiパッケージに収録されているオープンソースのドライバで動作するもの)

ドライバのセットアップ

  • Intel:インストール時に自動で選択されるドライバで動作します。
  • NVIDIA:次のコマンドを実行して、ドライバをインストールします。 [システム]-[システム管理]-[制限付きドライバの管理]を開きます。[NVIDIAの高性能グラフィックドライバ]を有効にし、Ubuntuを再起動します。
  • ATI:オープンソースのドライバがインストールされた状態(/etc/X11/xorg.confのDeviceセクションにDriver "ati"やDriver "radeon"の行がある状態)ならば、そのまま変更する必要はありません。 ATIのバイナリドライバを導入しているのであれば、次のコマンドで削除しておきます。
    $ sudo apt-get remove xorg-driver-fglrx
    $ sudo apt-get --reinstall install libgl1-mesa-glx libgl1-mesa-dri

ドライバが正しく設定されたかどうか確認するには、以下のコマンドを実行します。

glxinfo | grep direct

次のように出力されれば問題ありません。

direct rendering: Yes

Berylのインストール

  • 注意:7.10以降は、標準でCompiz/Compiz Fusionがインストールされるようになったため、Berylをインストールする必要はなくなりました。

次のコマンドで必要なパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install beryl beryl-manager emerald-themes

Berylの実行

Alt+F2を押し、次のコマンドを実行します。

$ beryl-manager

これでBerylが起動し、デスクトップ効果が有効になります。通知エリアに追加されたBerylのアイコンを右クリックし[Berylの設定]を選択すると、Berylの設定ウィンドウが開きます。

スタートアップへの追加

ログイン時に自動的にberyl-managerを実行するには、[システム]-[設定]-[セッション]を開いて[新規]ボタンをクリックし、新しく自動起動するプログラムを追加するダイアログを開きます。そして、名前欄に「Beryl Manager」を、コマンド欄に「beryl-manager」を入力して[OK]をクリックします。

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuTips/Desktop/3dDesktopBeryl (最終更新日時 2012-01-10 11:49:04 更新者 匿名)