• 対象とするUbuntuのバージョン

    • 8.04 Hardy Heron
    • 8.10 Intrepid Ibex
    • 9.04 Jaunty Jackalope
    • 9.10 Karmic Koala

1.XMLファイルの作成

まず次のようなXMLファイルを作り、back.xmlなどという名前で保存します(どこでも構いません)。次に、このファイルそのものを背景画像として指定すれば「背景画像1」と「背景画像2」が300秒ごと(変更可能)に変わるようになります。

<background>
<static>
<duration>300</duration>
<file>背景画像1をフルパスで指定</file>
</static>
<static>
<duration>300</duration>
<file>背景画像2をフルパスで指定</file>
</static>
</background>

<duration>の部分には、秒単位で表示する時間を指定します。

2.壁紙にXMLファイルを指定する

デスクトップ上で右クリックして「背景の変更」を選択し,背景のタブを開きます。続いて,右下の「追加」ボタンをクリックして「壁紙の追加」を開きます。デフォルトでは,画像しか選択できないので,右下の「開く」ボタンの上にある「画像」をクリックして「全てのファイル」に変更します。

あとは手順1で作成したXMLファイルを選択し,「開く」ボタンで登録すれば終了です。

これで,一定時間ごとに背景画像が切り替わります。一週間分の壁紙を用意して,24時間ごとに切り替えるといったことも可能です。

3.gbackgroundパッケージを利用する

Synapticパッケージから「gbackground」を追加し、それを利用する方法もあります。

>システム>設定>セッション を開き、自動起動するプログラムに「gbackground」を追加する。

いったんログオフし、再度ログインしなおすことで「gbackground」が起動します。切り替える画像の指定とインターバルタイムを設定するために、端末から「gbackground」と入力しメニュー画面を表示します。 アプリケーションは起動状態なので、一度ループ処理を停止させるため次の手順を踏んでください。

1.[Parar Gbackground]ボタンを押します。(ダイアログがでます。OKでループ停止)
2.Directorio de fondos の欄に表示したいイメージが格納されたフォルダを指定します。
3.Intervalo de Tiempo の欄にインターバルタイム(秒)を指定します。
4.[Inciar Gbackground]ボタンを押します。(これで有効化。ダイアログが出る)

※ダイアログは、!マークのアイコンが出たときにその処理がなされたことを示します。進入禁止のマークのときはループ処理が停止されていないか不具合がある場合です。

5.上記を確認したら、[Salir]ボタンを押して「gbackground」のメニューを終了します。
6.端末を起動しているはずなのでそれを終了します。

備考

改善点・不備等、加筆修正お願いします。(初版の筆者)

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuTips/Desktop/ChangeBackground (最終更新日時 2012-01-10 11:49:12 更新者 匿名)