• 対象とするUbuntuのバージョン

    • すべて

テキストエディタ(gedit)で文字コードを変更して保存する

Ubuntu標準のテキストエディタは文字コードを自動的に認識する機能を持つため、シフトJISや日本語EUCなどの文字コードで保存されたテキストファイルでも、特に意識することなく読み込むことができます。もし文字コードの自動認識に失敗し、文字化けしてしまった場合は、ファイル選択ダイアログの最下部にある[エンコーディング]を、[自動検出]からほかのものに切り替えて読み込みます。正しい文字コードを選択すれば、文字化けせずに読み込むことができるはずです。文字コードを変更して保存するには[ファイル]-[別名で保存]を選択し、同じくダイアログの下部にある[エンコーディング]を変更して保存します。

iconvを使う

コマンドラインでテキストファイルの文字コードを変換する場合は、iconvコマンドを利用できます。次の書式で実行します。

$ iconv -f <変換前の文字コード> -t <変換後の文字コード> <入力ファイル> > <出力ファイル>

なお、iconvコマンドで利用できる文字コードの一覧は次のコマンドで出力されます。

$ iconv -l

nkfを使う

日本語で利用される文字コードの変換コマンドとしては、nkfが長く使われています。利用するにはnkfパッケージをインストールする必要があります。次に実行例を示します。

$ nkf -w wakaran.txt > utf-8.txt (文字コードを自動判別してUTF-8に変換)
$ nkf -S -e sjis.txt > eucjp.txt (Shift_JISからEUCに変換)
$ nkf -g wakaran.txt             (文字コードを自動判別して文字コード名を出力)

詳しくは、nkfのmanページをman nkfコマンドで参照してください。

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuTips/FileHandling/ConvertTextfileCharacterEncoding (最終更新日時 2012-01-10 11:49:04 更新者 匿名)