• 対象とするUbuntuのバージョン

    • 9.04 Jaunty Jackalope

※ JauntyAMD64な環境でも動作しました。

(i) 最新開発版の MPlayer と先進的機能である VDPAU を利用します。システムが不安定になる可能性、リポジトリ外のパッケージの導入によるセキュリティリスクやシステムアップグレードの際に障害を生じる可能性を認識した上で実行下さい。また、手順に変更があるかもしれませんので、このページの手順を実行前に公式サイト ( http://www.mplayerhq.hu/ ) を一度御覧になることを推奨します。

(i) Jaunty への最新開発版MPlayerの導入に関して、より詳細なドキュメントとして andrew.46氏によるHowTo: Install the very latest MPlayer under Jaunty Jackalopeがあります。


2009-02-20, Friday :: Video Acceleration and You posted by Compn

There are several ways to speed up the playback of 1080 H.264 files in MPlayer.

First is to use the newly added VDPAU output. It allows the newerNvidia video cards to decode the video without using much CPU. It is in SVN MPlayer (Nvidia binary driver 180.37 or newer required), you can find known bugs and report bugs HERE. (Linux, Solaris and FreeBSD only)
How to get the SVN version is described on the download page and snapshot tarballs are available as well.

Second is to use MPlayer with the experimental multithreaded FFmpeg-mt branch, which allows you to use multiple cores/CPU. (all OS and CPU supported)

To install, copy and paste this line:
git clone git://repo.or.cz/mplayer && cd mplayer && git checkout origin/mt && git submodule init && git submodule update && ./configure && make && make install
To enable threading run mplayer -lavdopts threads=N file.mkv where N is the number of threads you want to use.
NOTE: FFmpeg-mt has problems with packed b-frames.

A Windows build of MPlayer using FFmpeg-mt can be found at http://kovensky.project357.com.

Third is to use the multithreaded CoreAVC codec with the CoreAVC-for-linux project. The CoreAVC decoder costs $15 USD. (Linux ONLY)(Windows users only need this PATCH)

Fourth, FFmpeg has added some optimizations from the x264 project. To fully utilize these you will need to make sure a recent version of YASM is installed and detected by the latest SVN MPlayer when compiling. (32bit x86 CPU only!)

Fifth, using -lavdopts skiploopfilter=all:fast=1 may cause artifacts, but will allow you to play larger files in realtime. (all OS and CPU supported) (use -lavdopts skipframe=nonref:skiploopfilter=all:fast=1 for even more speedup, skipframe also works with VDPAU.)

There is also a rejected PATCH which adds support for the new multithreaded binary VC-1/WMV3 codec.


http://www.mplayerhq.hu/design7/news.html (MPlayer の公式サイトのNews) より引用。

はじめに

nvidia-glx-180 が利用可能かつインストールされているシステム(Nvidia binary driver 180.37 or newer required)で、 nvidia-180-libvdpau-dev をインストールした上で、最新の MPlayer を構築・導入することにより MPEG4系コーデックでのグラフィックカードによるハードウェアアクセラレーションが利用可能です。これによりMPEG4系コーデック再生時にCPUにかかる負荷を抑えられる可能性が有ります。

※ Jaunty 時点で MPlayer は公式リポジトリ版、Medibuntu版共に 1.0rc2 のため VDPAU (-vo vdpau) が利用出来ません。また、PPA やサードパーティーのリポジトリに"-vo vdpau"対応版MPlayer が存在するかもしれません。

  • $ apt-cache policy mplayer
    mplayer:
      インストールされているバージョン: 1.0svn
      候補: 2:1.0~rc2-0ubuntu19+medibuntu1
      バージョンテーブル:
         2:1.0~rc2-0ubuntu19+medibuntu1 0
            500 http://packages.medibuntu.org jaunty/non-free Packages
         2:1.0~rc2-0ubuntu19 0
            500 http://jp.archive.ubuntu.com jaunty/multiverse Packages
     *** 1.0svn 0
            100 /var/lib/dpkg/status 

手順

以下に手順を示します。

1.環境の構築

※ 構築依存用にMedibuntu版のリポジトリを利用することで再生可能なコーデックが増えます(それらパッケージがUbuntu公式では配布不可能である点、国内法との兼ね合い等で生じるリスクを認識したうえで利用下さい)。

  • sudo apt-get install build-essential devscripts nvidia-180-libvdpau-dev
    sudo apt-get build-dep mplayer

2.最新開発版 MPlayer の入手

以下のどちらかから最新開発版のソースコードをダウンロードします

あるいはSubVersionを利用することも出来ます。

詳細は

を御覧下さい。

3.構築

  1. 手順2でダウンロードしたソースを展開します。
  2. 端末を開き展開されたソースにカレントディレクトリを移動します。
  3. 必要に応じ、展開されたソース内の debian/rules debian/control 等を編集します。
  4. 端末から
    debuild

と入力・実行します。

4.導入

作成されたパッケージを導入します。なお、既にインストールされている MPlayer 関連パッケージと衝突がある場合、それらを削除してから導入して下さい。また、展開されたソース内の debian/control におけるバージョンの記述を変更していない場合はパッケージのPin指定(バージョンの固定)が必要です。

事前削除とインストールの一例
$ sudo dpkg --purge --force-depends mplayer mencoder
$ sudo dpkg -i mplayer_1.0svn_amd64.deb
$ sudo apt-get -f install

5.利用

MPlayerの再生時のオプションで "-vo vdpau" を指定します。例えば ~/.mplayer/config に vo=vdpau と指定することで VDPAU を標準の出力先に指定可能です。

GUI(gmplayer)の場合はPreference > Video で Available drivers: の一覧から "vdpau VDPAU with X11" を選択して下さい。詳細は"man mplayer"等でマニュアルページを参照下さい。

その他

加筆・修正・更新に御協力下さい Smile :)

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuTips/Hardware/HowToUseMPlayerWithVDPAU (最終更新日時 2012-01-10 11:49:12 更新者 匿名)