• 対象とするUbuntuのバージョン

    • 10.04 Lucid Lynx

iBus の設定

起動

GNOME のメニューからは システム ▶ 設定 ▶ iBus の設定 から起動できます。

一般タブ

キーボードショートカット

  • 切り替え
    • 直接入力と iBus を通じた入力の切り替えに使うキーバインドです。
  • 次のインプットメソッド
    • インプットメソッド タブにあるリストの下のエンジンに切り替えます。

フォントとスタイル

  • 候補ウィンドウの向き:
    • 水平方向
      attachment:CandidateWindowH.png

    • 垂直方向
      attachment:CandidateWindowV.png

  • 言語パネルの表示:
    • 表示しない - 常に表示されません。
    • アクティブな時 - iBus がオフの時は言語バーが消える
    • 常に表示 - iBus がオフの時は半透明になります。
  • システムトレイにアイコンを表示する
  • 言語バーにインプットメソッド名を表示する
    • チェックした場合
      attachment:LangBarWithName.png

  • カスタムフォントを使う
    • 候補ウィンドウで指定したフォントが使われるようになります。

新しいエンジンを追加するには

  1. 追加したいエンジンがインストールされていない場合は事前にインストールしておいてください。
  2. インプットメソッド タブを開いてください

  3. 追加したいエンジンを選択してください。
    attachment:SelectEngine.png

  4. 追加 を押してください。
    attachment:ClickAdd.png

  5. 一番上に移動するとデフォルトのエンジンになります。

リンク

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuTips/JapaneseEnvironment/UsingIbus (最終更新日時 2012-01-10 11:49:16 更新者 匿名)