• 対象とするUbuntuのバージョン

    • すべて

Ubuntuの日付と時刻の設定方法について説明します。

ユーザー別の時刻設定をする

  1. 画面右上の時計アプレットを右クリックし、「設定」をクリックします。
    • shot00.png shot01.png

  2. 表示されたウインドウの下部にある「時刻の設定」をクリックします。
    • shot02.png

  3. 表示されたウインドウで日付と時刻を設定後、「システム時刻の設定」をクリックして完了です。
    • shot03.png

コンピュータ全体の時刻設定をする

  1. 画面左上にあるメニューで、「システム」>「システム管理」>「時刻と日付の設定」をクリックします。

    • shot04.png

  2. ウインドウ下部の鍵ボタンをクリック後、パスワードを入力して変更可能な状態にします。
    • shot05.png shot06.png

  3. 変更後、「閉じる」をクリックして完了してください。

時報サーバー(NTPサーバー)と同期する

世界中の様々な団体が、コンピュータ向けの時刻情報をNTP(Network Time Protocol)を利用して配信しています。 Ubuntuでは、NTPで配信されている時刻情報を取得して、コンピュータの時刻設定を自動的に設定することができます。

  1. 「コンピュータ全体の時刻設定をする」で表示させた「時刻と日付の設定」画面にて、「設定」項目を「インターネット上のサーバーと同期させる」に変更します。
    • shot07.png shot08.png

  2. 「時刻サーバーの選択」をクリックし、表示された画面で時刻サーバーを選択します。この時、高速な応答を期待できるサーバー(国内のサーバー)を選択すると、誤差が小さくなります。
    • shot09.png

デュアルブート環境や仮想マシン上でのトラブル

Ubuntuの場合、標準設定でハードウェア側の時刻設定をUTC(協定世界時≒グリニッジ標準時)にします。そのため、日本国内ではハードウェア側の時刻設定がUbuntuの設定に対して9時間遅れることになります。一方、Windowsやその他のOSにおいては、ハードウェア側の設定を現地時間にする場合もあります。Ubuntuとその他のOSの時刻設定の方法が異なる場合、OSを切り替える度に表示される時刻がずれてしまいます。

この現象の解決策として、Ubuntuがハードウェアに現地時間を設定するよう、変更する方法があります。

  1. 「Alt」+「F2」を押し、表示された「アプリケーションの実行」ウインドウに以下のコマンドを入力後、「実行」をクリックする。
     gksudo gedit /etc/default/rcS
  2. 表示されたテキストエディタで、「UTC=yes」の部分を「UTC=no」に書き換え、保存する。
     UTC=yes
       ↓↓↓
     UTC=no

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuTips/Others/DateAndTimeSettings (最終更新日時 2012-01-10 11:49:21 更新者 匿名)