• 対象とするUbuntuのバージョン

    • すべて

コンソールでUbuntuを利用しているときに、Ctrl+Alt+Deleteを同時に押すと、再起動が行われます。これを無効にするには、/etc/init/control-alt-delete.conf (Ubuntu 9.04 以前では /etc/event.d/control-alt-delete) を開き、すべての行を#(ハッシュ)で始まるように書き換えます。書き換えて保存した直後から、Ctrl+Alt+Deleteによる再起動が無効になります。

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuTips/Others/DisableCtrlAltDelRebooting (最終更新日時 2012-01-10 11:49:20 更新者 匿名)