Componentsの翻訳作業

原文:http://www.ubuntu.com/community/ubuntustory/components

Components

The Ubuntu software repository is divided into four components - main, restricted, universe and multiverse - on the basis of our ability to support that software, and whether or not it meets the goals laid out in our Free Software Philosophy.

The standard Ubuntu installation is a subset of software available from the main and restricted components. You can install additional software using installation software such as Synaptic Package Manager or Aptitude. Other components are added by editing the /etc/apt/sources.list file. See "man sources.list" for more information on editing the sources.list file.

コンポーネント

Ubuntuのソフトウェアリポジトリ(ソフトウェアを保管・配布する場所)はそのソフトウェアに対する基本的なサポート体制と、フリーソフトウェアの哲学に従っているか否かによって、main、restricted、universe、multiverseの四つの「コンポーネント」に分割されています。

注:「フリーソフトウェアの哲学」は http://www.ubuntu.com/community/ubuntustory/philosophy へリンクする。

通常のUbuntuインストールでは、mainとrestrictedコンポーネントに属する一部のソフトウェアのみがインストールされます。“Synaptic パッケージ・マネージャ”や“Aptitude”のようなインストーラを使うことで、他のソフトウェアを追加インストールすることも可能です。他のコンポーネントに属するソフトウェアは、/etc/apt/sources.listファイルを編集することで利用できるようになります。sources.listファイルの編集方法については"man sources.list"コマンドを実行してください。

"main" component

The main distribution component contains applications that are free software, can freely be redistributed and are fully supported by the Ubuntu team. This includes the most popular and most reliable open source applications available, much of which is installed by default when you install Ubuntu.

Software in main includes a hand-selected list of applications that the Ubuntu developers, community, and users feel are important and that the Ubuntu security and distribution team are willing to support. When you install software from the main component you are assured that the software will come with security updates and technical support.

We believe that the software in main includes everything most people will need for a fully functional desktop or internet server running only open source software.

The licences for software applications in main must be free, but main may also may contain binary firmware and selected fonts that cannot be modified without permission from their authors. In all cases redistribution is unencumbered.

mainコンポーネント

mainコンポーネントでは、自由に再配布可能なフリーソフトウェアであり、Ubuntuチームによって充分にサポートされるアプリケーションを提供します。非常に人気が高く、信頼できるオープンソースアプリケーションが含まれており、それらの多くはUbuntuインストール時に標準でインストールされます。

mainコンポーネントに属するソフトウェアは、Ubuntuの開発者やコミュニティ、利用者が重要であると考え、Ubuntuのセキュリティチームとディストリビューションチームがサポートを提供できると判断したアプリケーションでもあります。mainコンポーネントからインストールしたソフトウェアは、セキュリティアップデートとテクニカルサポートが保証されます。

私たちは、オープンソースソフトウェアのみで構成され、なおかつ充分な機能を備えたデスクトップあるいはインターネットサーバに必要となるソフトウェアはすべて、mainコンポーネントに存在すると考えています。

mainに属するソフトウェアのライセンスはフリーなものでなければなりません。ただし、作者によって自由な改変が許されていないバイナリファームウェアや一部のフォントが含まれる場合もあります。それらすべてにおいて、再配布が阻害されることはありません。

"restricted" component

The restricted component is reserved for software that is very commonly used, and which is supported by the Ubuntu team even though it is not available under a completely free licence. Please note that it may not be possible to provide complete support for this software since we are unable to fix the software ourselves, but can only forward problem reports to the actual authors.

Some software from restricted will be installed on Ubuntu CDs but is clearly separated to ensure that it is easy to remove. We include this software because it is essential in order for Ubuntu to run on certain machines - typical examples are the binary drivers that some video card vendors publish, which are the only way for Ubuntu to run on those machines. By default, we will only use open source software unless there is simply no other way to install Ubuntu. The Ubuntu team works with such vendors to accelerate the open-sourcing of their software to ensure that as much software as possible is available under a Free licence.

restrictedコンポーネント

restrictedコンポーネントでは、一般的によく利用され、Ubuntuチームによってサポートされますが、完全にフリーではないライセンスを持ったソフトウェアを提供します。これらのソフトウェアについては私たち自身で修正することができませんので、充分なサポートを提供できるとは限らないことに注意してください。しかし、ソフトウェアの作者に問題点を報告することは可能です。

restrictedコンポーネントに属する一部のソフトウェアについては、Ubuntu CDからインストールされることもありますが、簡単に削除できるよう明確に分離されています。特定のマシン上でUbuntuを動作させるために必要不可欠なソフトウェアがこれに含まれます。例えば一部のビデオカードベンダが公開し、それなしにはUbuntuがそのビデオカードを動作させることができないバイナリドライバなどです。基本的に、オープンソースソフトウェアのみを使ってインストールする方法が存在する限り、Ubuntuはrestrictedコンポーネントに属するソフトウェアを利用しません。Ubuntuチームは、可能な限り多くのソフトウェアがフリーなライセンスで利用できるようにするためにも、バイナリドライバを提供するベンダに対して、それらのソフトウェアをオープンソースにするよう働きかけています。

"universe" component

The universe component is a snapshot of the free, open source, and Linux world. In universe you can find almost every piece of open source software, and software available under a variety of less open licences, all built automatically from a variety of public sources. All of this software is compiled against the libraries and using the tools that form part of main, so it should install and work well with the software in main, but it comes with no guarantee of security fixes and support. The universe component includes thousands of pieces of software. Through universe, users are able to have the diversity and flexibility offered by the vast open source world on top of a stable Ubuntu core.

Canonical does not provide a guarantee of regular security updates for software found in universe but will provide these where they are made available by the community. Users should understand the risk inherent in using packages from the universe component.

Popular or well supported pieces of software will move from universe into main if they are backed by maintainers willing to meet the standards set for main by the Ubuntu team.

unvierseコンポーネント

universeコンポーネントは、フリーソフトウェア・オープンソース・Linuxなどの言葉で分類される世界を切り出したものです。オープンソースソフトウェア、もしくはオープンとは言い切れない各種ライセンスであっても公開されたソースコードからすべてが自動生成されたソフトウェアであれば、ほとんどすべてをuniverseコンポーネントで見つけることができるでしょう。これらのソフトウェアについてはすべて、mainに含まれるライブラリやツールを使ってコンパイルされるので、それらさえあれば問題なくインストールされ、動作するはずです。ただし、セキュリティ対応やサポートについては一切保証されません。universeコンポーネントには数千のソフトウェアが含まれています。universeコンポーネントを利用することで、膨大なオープンソースの世界から提供される多様性と柔軟性を、安定したUbuntuの上に構築することができます。

注:「ただし、セキュリティ対応やサポートについては一切保証されません。」を強調表示。

Canonicalはunvierseコンポーネントのソフトウェアに対して恒常的なセキュリティアップデートを保証していませんが、コミュニティの手によるセキュリティアップデートが提供される可能性はあります。universeコンポーネントに属するパッケージを利用する場合は、そのリスクについて理解しておくべきでしょう。

人気が高まるか、充分にサポートされるようになったソフトウェアの中で、メンテナの支援によってUbuntuチームが定めたmainコンポーネントの基準を満たせるソフトウェアが現れれば、universeコンポーネントからmainコンポーネントに移されるでしょう。

"multiverse" component

The "multiverse" component contains software that is "not free", which means the licensing requirements of this software do not meet the Ubuntu "main" Component Licence Policy.

The onus is on you to verify your rights to use this software and comply with the licensing terms of the copyright holder.

This software is not supported and usually cannot be fixed or updated. Use it at your own risk.

multiverseコンポーネント

multiverseコンポーネントには「フリーでない(not free)」ソフトウェアが属しています。これは、そのソフトウェアのライセンスが、Ubuntu "main"コンポーネントライセンスポリシーを満たしていないことを意味します。

注:「Ubuntu "main"コンポーネントライセンスポリシー」は http://www.ubuntu.com/community/ubuntustory/licensing へリンクする。

利用者はこのソフトウェアの著作権者が提示するライセンス条項に従い、ソフトウェアを利用する権利があるかどうかを確認する義務があります。

multiverseに属するソフトウェアはサポートされません。また、おそらく修正されることも、アップデートされることもないでしょう。各自の責任で利用してください。

Japanese Team独自のコンポーネント

Japanese Teamでは、Ubuntuの日本語環境をより良いものとするために、独自のリポジトリを作成し、さまざまな理由でUbuntuの公式リポジトリでは提供できないソフトウェアの配布を行っています。Japanese Teamのリポジトリでは、そのソフトウェアのライセンスや他の言語環境との関係など、独自リポジトリで配布する理由によって、4つのコンポーネントに分かれています。

注:「独自のリポジトリ」は http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized へリンクする。

なおリポジトリの都合上、コンポーネント名にはリリース名(hardyやintrepidなど、Ubuntuの開発コード名)がつけられています。ここでは、リリース名が入る部分をすべて"RELEASE"と表示しています。例えば"RELEASE-ja"は、Ubuntu 8.10であればリリース名である"Intrepid Ibex"を使って"intrepid-ja"に、Ubuntu 8.04 LTSであればリリース名である"Hardy Heron"を使って"hardy-ja"になります。

RELEASEコンポーネント

RELEASEコンポーネントでは、日本語環境で特に重要であり、他言語環境に影響が出ず、フリーソフトウェアの哲学に従ったソフトウェアが提供されます。ここで配布されるソフトウェアの多くは公式リポジトリでも配布されていますが、開発プロセスの都合上、RELEASEコンポーネントで配布されるソフトウェアの方が最新のものとなっています。

RELEASE-jaコンポーネント

RELEASE-jaコンポーネントでは、他言語環境に影響が出る可能性のあるソフトウェアが提供されます。

RELEASE-non-freeコンポーネント

RELEASE-non-freeコンポーネントにはmultiverseコンポーネント同様、「フリーでない(not free)」ソフトウェアが属しています。これは、Ubuntu 8.10以降に新設されたコンポーネントです。Ubuntu 8.04 LTSまでは、RELEASE-non-freeコンポーネントに属するようなフリーでないソフトウェアも、RELEASE-jaコンポーネントで配布されていました。

RELEASE-experimentalコンポーネント

RELEASE-experimentalコンポーネントは、主にテスト目的で最新のソフトウェアや独自の修正を行ったソフトウェアを配布するために使われます。一般的には使用しません。

UbuntuJapaneseWiki: WIP/translation/components (最終更新日時 2012-01-10 11:49:18 更新者 匿名)