Debian and Ubuntuの翻訳作業

原文:http://www.ubuntu.com/community/ubuntustory/debian

Debian and Ubuntu

Ubuntu and Debian are closely related. Ubuntu builds on the foundations of Debian architecture and infrastructure, with a different community and release process.

DebianとUbuntu

UbuntuとDebianは非常に近しい間柄です。UbuntuはDebianの基本設計や構造に基づいて作成されています。しかし、コミュニティやリリース作業は別になっています。

About Debian

Debian is "the rock upon which Ubuntu is built".

Debian is a volunteer project to develop a GNU/Linux distribution. Debian was started more than a decade ago and has since grown to comprise more than 1000 members with official developer status and many more volunteers and contributors. It has expanded to encompass over 20,000 "packages" of free and open source applications and documentation.

Debianについて

UbuntuにとってDebianは「Ubuntuを作成するために必要な土台」となる存在です。

注:「Debian」は http://www.debian.org/ へリンクする。

Debianは、GNU/Linuxディストリビューションを開発する、有志によるプロジェクトです。10年以上前にプロジェクトが立ち上がり、それ以来、1000人以上の公式な開発者と、それ以上の有志や貢献者によって成長を続けてきました。そして、Debianには、フリーソフトウェア・オープンソースソフトウェアやドキュメントで構成された、二万を越える「パッケージ」が存在します。

About Ubuntu

Sponsored by Canonical, the Ubuntu project attempts to work with Debian to address the issues that keep many users from using Debian. Ubuntu provides a system based on Debian with frequent time-based releases, corporate accountability, and a more considered desktop interface. Ubuntu provides users with a way to deploy Debian with security fixes, release critical bug fixes, a consistent desktop interface, and to never be more than six months away from the latest version of anything in the open source world.

Ubuntuについて

Canonicalによって支援されているUbuntuプロジェクトは、多くのユーザが未だDebianを使っていないという問題を解決するためにDebianと協力して作業を行っています。Ubuntuでは、Debianのシステムを基本に、定期的かつ頻繁なリリース、企業的な説明責任、より洗練されたデスクトップインターフェースを提供しています。また、セキュリティ脆弱性やリリースクリティカルバグ(リリースを妨げるような致命的な不具合)が確実に修正され、一貫したデスクトップ環境を持ち、そしてオープンソースの世界において、最新の(6ヵ月以内の)ソフトウェアを利用できる機能を備えたDebianを配備する方法を提供しています。

# (shibata)後半の、特に最後の文章が少し不明。あくまでUbuntuはDebianであることを強調したかった?
# (hito)「Ubuntuは(Debianに足りない)○○という機能をもったDebianです」というやつですね。Debianの弱点とされるものを列挙して、Ubuntuではそれが直っています、という主張です。
# (shibata)なるほど。ただ、上げられた点が本当にUbuntuに比べてDebianの弱点になっているかといわれるといささか疑問が……。

注:「(Canonical)」は http://www.canonical.com/ へリンクする。

Ubuntu and Debian

Ubuntu and Debian are distinct but parallel and closely linked systems. The Ubuntu project seeks to complement the Debian project in the following areas:

UbuntuとDebian

UbuntuとDebianは異なるものですが、そのシステムは非常に似ており、密接に関わりあっています。Ubuntuプロジェクトでは、以下の領域でDebianプロジェクトを補完しようとしています:

Package selection

Ubuntu does not provide security updates and professional support for every package available in the open source world, but selects a complete set of packages making up a solid and comprehensive desktop system and provides support for that set of packages.

For users that want access to every known package, Ubuntu provides a "universe" component (set of packages) where users of Ubuntu systems install the latest version of any package that is not in the supported set. Most of the packages in Ubuntu universe are also in Debian, although there are other sources for universe too. See the Ubuntu Components page for more detail on the structure of the Ubuntu web distribution.

パッケージの選別

Ubuntuでは、オープンソースの世界で利用可能なすべてのパッケージに対して、セキュリティアップデートと公式的なサポートを提供しているわけではありません。確実で包括的なデスクトップシステムを作るために必要な一揃いのパッケージ集を作成し、それらのパッケージに対してサポートを提供しています。

他の知られているパッケージも利用できるように、"universe"コンポーネント(パッケージの一式)も提供しています。これを使えば、サポートはされていませんが、最新のあらゆるパッケージをインストールすることができます。Ubuntu universeにあるパッケージの多くはDebianにもありますが、供給元が異なる場合もあります。Ubuntuの配布方法についての詳細は、Ubuntuのコンポーネントのページをご覧ください。

注:「Ubuntuのコンポーネント(Ubuntu Components)」は http://www.ubuntu.com/community/ubuntustory/components の日本語版へリンクする。

Releases

Ubuntu makes a release every six months, and supports those releases for 18 months with daily security fixes and patches to critical bugs.

As Ubuntu prepares for release, we "freeze" a snapshot of Debian's development archive. We start from the development version in order to give ourselves the freedom to make our own decisions with regard to release management, independent of Debian's release-in-preparation. This is necessary because our release criteria are very different from Debian's.

As a simple example, a package might be excluded from Debian 'testing' due to a build failure on any of the 10+ architectures supported by Debian, but it is still suitable for Ubuntu if it builds and works on only three of them. A package will also be prevented from entering Debian 'testing' if it has release-critical bugs according to Debian criteria, but a bug which is release-critical for Debian may not be as important for Ubuntu.

As a community, we choose places to diverge from Debian in ways that minimize the difference between Debian and Ubuntu. For example, we usually choose to update to the very latest version of Gnome rather than the older version in Debian, and we might do the same for key other pieces of infrastructure such as X or GCC. Those decisions are listed as Feature Goals for that release, and we work as a community to make sure that they are in place before the release happens.

リリース

Ubuntuは6ヵ月ごとにリリースを行い、それぞれのリリースに対して、18ヵ月のセキュリティアップデートと重要な不具合に対する修正を提供しています。

リリースの準備段階において、UbuntuはDebianの開発版アーカイブからスナップショットを作成します。テスト版ではなく開発版を利用するのは、Debianのリリース作業とは独立して、リリース管理に関する決定を自由に行えるようにするためです。この開発版からのスナップショットの作成は、Ubuntuのリリースに関する判断基準はDebianとは大きく異なるために必要な作業です。

例えば、Debianでサポートしている10を越えるアーキテクチャのいずれかでビルドが失敗した場合、そのパッケージはテスト版('testing')から削除されます。しかしながら、それらのパッケージが3つのアーキテクチャ上でなら動作するのなら、Ubuntuにとっては十分です。また、Debianの基準によるリリースクリティカルバグが存在するなら、そのパッケージはDebianのテスト版で提供されないでしょう。しかしながら、Debianにとっては致命的な不具合であっても、Ubuntuにとっては重要ではない不具合かもしれないのです。

Ubuntuコミュニティは、DebianとUbuntuの差異が小さくなるようにDebianから分岐するタイミングを選択しています。例えば、Gnomeのバージョンは通常、Debianで採用されている中で、古いバージョンよりもできるだけ最新のものを選択するようにしています。また、XやGCCといった基盤となる重要なソフトウェアも、必要であれば同様の措置を行います。これらの決定事項は、リリースごとの目標(Feature Goals)として掲げられています。そしてコミュニティが、リリース前に行われるべき事を確認できるよう作業を行っています。

# (shibata)最後の段落が不明。minimizeになるようにしているのに、別のバージョンを使っている?
# (hito)「Debianの中で最新のもの」を選んでいる(ので差が少なくなる)、ですね。
# (shibata)納得できました。

Development community

Many Ubuntu developers are also recognized members of the Debian community. Through their work on Ubuntu they continue to stay active in contributing to Debian and they often continue to work directly in Debian.

When a bug is reported in the Debian bug tracking system and then later fixed in Ubuntu, the fixes are often automatically communicated back directly to the debian bug system. Patches are also published automatically on patches.ubuntu.com. The long term goal of that work is to ensure that patches made by the full-time Ubuntu team members are immediately also included in debian packages where the debian maintainer likes the work.

In Ubuntu, team members can make a change to any package, even if it is one maintained by someone else. Once you are an Ubuntu maintainer it's encouraged that you fix problems you encounter, although we also encourage polite discussions between people with an interest in a given package to improve cooperation and reduce friction between maintainers.

開発コミュニティ

Ubuntu開発者の多くは、Debianコミュニティでも認められた開発者です。Ubuntu上での作業を通して、彼らの成果はDebianへの貢献へとつながりますし、Debian上で直接作業を行うこともよくあります。

Debian バグ追跡システム(Debian bug tracking system)で不具合が報告され、その後Ubuntuでその不具合が修正された場合、その修正点は自動的にDebianのバグ追跡システムに報告されます。パッチについても、patches.ubuntu.comにて自動的に公開されます。長期的には、常勤で作業を行っているUbuntuチームのメンバがパッチを作成し保証することで、Debianのパッケージメンテナが同意すればすぐさまパッチがそのパッケージに取り込まれるようにすることが目標です。

注:「Debian バグ追跡システム(Debian bug tracking system)」は http://www.debian.org/Bugs/ へリンクする。

注:「patches.ubuntu.com」は http://patches.ubuntu.com/ へリンクする。

Ubuntuでは、チームメンバであれば誰でも、他人が管理しているパッケージに修正を加えることができます。一度、Ubuntuメンテナとなれば、あなたが遭遇した不具合はあなた自身の手で修正することができるようになります。しかしながら、メンテナ間の摩擦を避け、より良い共同作業を行うためにも、まずはそのパッケージに興味を持っている人々の間で議論を行うことも推奨されています。

Freedom and Philosophy

Debian and Ubuntu are grounded on the same free software philosophy. Both groups are explicitly committed to building an operating system of free software.

Differences between the groups lie in their treatment of non-computer applications (like documentation, fonts and binary firmware) and non-free software. Debian distributes a small amount of non-free software from their Internet servers. Ubuntu will also distribute binary drivers in the "restricted" component on its Internet servers but will not distribute any other software applications that do not meet its own Ubuntu Licensing Guidelines.

自由と哲学

DebianとUbuntuは同じフリーソフトウェアに関する哲学に基づいて行動しています。共にフリーソフトウェアを使ったオペレーティングシステムの開発を行うことを誓っているのです。

DebianとUbuntuの違いは、文書やフォント、バイナリファームウェアといったいわゆるプログラム以外(non-computer)のアプリケーションや、自由でないソフトウェア(non-free software)の扱いにあります。Debianは、極小量の"non-free"なソフトウェアのみを配布しています。Ubuntuは"restricted"コンポーネント(「制限付き」コンポーネント)としてバイナリドライバなども配布していますが、Ubuntuのライセンスガイドラインに従っていないその他のソフトウェアは配布していません。

# (shibata)ここで言う、"non-computer application"のうまい表現はないでしょうか?
# (hito)「いわゆるプログラム以外のもの」「プログラミングが伴わないもの」あたりでいかがでしょう。
# (shibata)変えてみました。ただ、ファームウェアはプログラムじゃないのかってツッコミが入りそうな気もしますので、他の言い換え案も募集中。

Ubuntu and other Debian derivatives

There are many other distributions that also share the same basic infrastructure (package and archive format). Ubuntu is distinguished from them in a number of ways.

First, Ubuntu makes patches available to Debian as soon as bugs are fixed during the Ubuntu release process, not just when the release is actually made. With other Debian-style distributions, the source code and patches are made available in a "big bang" at release time, which makes them difficult to integrate into the upstream HEAD. Ubuntu patches are published automatically on an ongoing basis.

Second, Ubuntu includes a number of contributors who are also Debian developers. Many of the other distributions that use Debian-style packaging do not include any active debian contributors.

Third, Ubuntu makes much more frequent and fresher releases. Our release policy of releasing every six months is (at the time of writing unique in the linux distribution world. Ubuntu aims to provide you with a regular stable and security-supported snapshot of the best of the open source world.

Ubuntuとその他のDebian派生ディストリビューション

Debianと同じ基本設計(パッケージやアーカイブ形式)を持った多くのディストリビューションが存在します。Ubuntuはそれらの派生ディストリビューションといくつかの点で異なります。

まず初めに、発見した不具合がUbuntuリリース後ではなく、リリース作業の間になるべく早く修正されるようDebianにパッチを提供しています。他のDebian派生ディストリビューションでは、そのソースコードやパッチはリリース時に「一斉に」公開されることがあります。これは、開発元でパッチを統合することが難しくなります。Ubuntuのパッチは、自動的・継続的に公開されます。

注:「自動的・継続的に公開されます(published automatically)」は http://patches.ubuntu.com/ へリンクする。

次に、Ubuntuの開発者の多くはDebian開発者でもあります。Debianパッケージを採用しているディストリビューションの多くは、活動的なDebian開発者を抱えていません。

三番目に、Ubuntuはより頻繁にリリースを行っています。6ヵ月ごとにリリースを行うというUbuntuのリリースポリシーは、Linuxディストリビューションにおいても特殊な部類に入ります(訳注:原文執筆時点の話)。Ubuntuは、安定してセキュリティサポートされているオープンソースの世界のスナップショットを定期的に提供できるよう心がけています。

UbuntuJapaneseWiki: WIP/translation/debian (最終更新日時 2012-01-10 11:49:09 更新者 匿名)