リリースノート翻訳上のルール

基本ルール

  • 1) 翻訳箇所の宣言
    • 最初に、wiki.ubuntu.com から wiki.ubuntulinux.jp にコピーしたリリースノートの各ページを、担当箇所を <locked-by:名前>{{{ 〜 }}}</locked-by:名前> で挟む形(下記のように)で更新して、宣言をおこなってください。

      • <locked-by:名前>
        {{{ 原文 }}}(←実際には半角)
        </locked-by:名前>
  • 2) 翻訳
    • 各自で翻訳作業をお願いします。
  • 3) マスターへの反映
    • 担当箇所の翻訳が完成したら、上記でロックした箇所のに翻訳文を流し込みます。

    • 流し込んだら、<locked-by:名前> および </locked-by:名前>を削除してください。

      • {{{ 原文 }}}
        翻訳文
  • 4) ロックの範囲
    • 一度に大量のロックをしてしまうと全体の作業が滞ってしまう場合があります。ロック範囲はあまり大きくせず、うまく分担できるようにしてください。
  • 5) ページ更新の時間はできるだけ短く
    • 翻訳作業用ページの編集はボトルネックです。長時間編集している状態にしないように注意してください。
      • 他の人が編集した結果を壊したりしないように、マージが必須になった状態ではできるだけ注意してください。

細かい話

  • 不明な点の相談は、Twitter: @_hito_ @kuromabo @kazken3 @_popopopoon_ にメンションをください。
  • ロックの段階で原文を{{{ 〜 }}}で囲むほうが作業状況が視覚的にわかりやすいので、ご協力よろしくお願いいたします。
  • 本家Wikiはリリース前後で動作が重くなることが予想されるので、ここで完成させてから送り出します。
  • 本家のリリースノートの変更をマージした際は、インポートしたリビジョンをWikiのコメント欄に書き込んでください。

= Introduction =

These release notes for '''Ubuntu 16.10''' (Yakkety Yak) provide an overview of the release and document the known issues with Ubuntu 16.10 and its flavors.

=== Support lifespan ===
Ubuntu 16.10 will be supported for 9 months until [[Releases|July 2017]]. If you need Long Term Support, it is recommended you use [[XenialXerus/ReleaseNotes/|Ubuntu 16.04 LTS]] instead.

=== Official flavour release notes ===
Find the links to release notes for official flavors [[#Official_flavours|here]].

<<BR>>
= Get Ubuntu 16.10 =
== Download Ubuntu 16.10 ==

Images can be downloaded from a location near you.

You can download ISOs and flashable images from from:

http://releases.ubuntu.com/16.10/ (Ubuntu Desktop and Server) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu/releases/16.10/ (Less Popular Ubuntu Images) <<BR>>
http://cloud-images.ubuntu.com/releases/16.10/ (Ubuntu Cloud Server) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/netboot/16.10/ (Ubuntu Netboot) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/kubuntu/releases/16.10/ (Kubuntu) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/lubuntu/releases/16.10/ (Lubuntu) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntustudio/releases/16.10/ (Ubuntu Studio) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-gnome/releases/16.10/ (Ubuntu GNOME) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntukylin/releases/16.10/ (Ubuntu Kylin) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-mate/releases/16.10/ (Ubuntu MATE) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/xubuntu/releases/16.10/ (Xubuntu) <<BR>>
##http://cdimage.ubuntu.com/mythbuntu/releases/16.10/ (Mythbuntu) <<BR>>
##http://cdimage.ubuntu.com/edubuntu/releases/16.10/ (Edubuntu DVD) <<BR>>

== Upgrading from Ubuntu 16.04 LTS ==
To upgrade on a desktop system:
 * Open the "Software & Updates" Setting in System Settings.
 * Select the 3rd Tab called "Updates".
 * Set the "Notify me of a new Ubuntu version" dropdown menu to "For any new version".
 * Press Alt+F2 and type in "update-manager" (without the quotes) into the command box.
 * Update Manager should open up and tell you: New distribution release '16.10' is available.
  * If not you can also use "/usr/lib/ubuntu-release-upgrader/check-new-release-gtk"
 * Click Upgrade and follow the on-screen instructions.

To upgrade on a server system:
 * Install the {{{update-manager-core

package if it is not already installed.

  • Make sure the Prompt line in /etc/update-manager/release-upgrades is set to normal.

  • Launch the upgrade tool with the command sudo do-release-upgrade.

  • Follow the on-screen instructions.

Note that the server upgrade will use GNU screen and automatically re-attach in case of dropped connection problems.

There are no offline upgrade options for Ubuntu Desktop and Ubuntu Server. Please ensure you have network connectivity to one of the official mirrors or to a locally accessible mirror and follow the instructions above.


}}}

イントロダクション

このリリースノートには、 Ubuntu 16.10 (Yakkety Yak)のリリース概要とUbuntu 16.10とそのフレーバーに関する既知の不具合を記述しています。

サポート期間

Ubuntu 16.10は2017年7月までの9ヶ月間サポートされます。長期サポートを必要とする場合は、 Ubuntu 16.04 LTS の使用をおすすめします。

公式フレーバーのリリースノート

公式フレーバーのリリースノートは こちら で確認できます。


Ubuntu 16.10 を入手する

Ubuntu 16.10 をダウンロードする

ISOイメージは、以下からダウンロードできます。お近くのミラーからも入手できるでしょう。

ISOイメージのダウンロードサイト:

http://releases.ubuntu.com/16.10/ (Ubuntu Desktop and Server)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu/releases/16.10/ (Less Popular Ubuntu Images)
http://cloud-images.ubuntu.com/releases/16.10/ (Ubuntu Cloud Server)
http://cdimage.ubuntu.com/netboot/16.10/ (Ubuntu Netboot)
http://cdimage.ubuntu.com/kubuntu/releases/16.10/ (Kubuntu)
http://cdimage.ubuntu.com/lubuntu/releases/16.10/ (Lubuntu)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntustudio/releases/16.10/ (Ubuntu Studio)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-gnome/releases/16.10/ (Ubuntu GNOME)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntukylin/releases/16.10/ (Ubuntu Kylin)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-mate/releases/16.10/ (Ubuntu MATE)
http://cdimage.ubuntu.com/xubuntu/releases/16.10/ (Xubuntu)

Ubuntu 16.04 LTS からのアップグレード

デスクトップ環境でのアップグレード手順は次のとおりです。

  • システム設定から「ソフトウェアとアップグレード」を開きます。
  • 3つめの「アップデート」と書かれたタブを選択します。
  • 「Ubuntuの新バージョンの通知」のドロップダウンメニューを「すべての新バージョン」にします。
  • Alt + F2を押してコマンドボックスに"update-manager"と入力します(ダブルクオーテーションは付けません)。
  • 「ソフトウェアの更新」が開いて、次のように表示されるはずです: 「16.10 が入手可能です」
    • 表示されない場合、 "/usr/lib/ubuntu-release-upgrader/check-new-release-gtk" を使用することもできます。
  • 「アップグレード」を押し、画面に表示される指示に従います。

サーバー環境でアップグレードするには、次の手順を用います:

  • update-manager-core をインストールしていない場合はインストールします。

  • /etc/update-manager/release-upgrades の Prompt 行が normal に設定します。

  • sudo do-release-upgrade のコマンドでアップグレードツールを起動します。

  • 画面に表示される指示に従います。

注意: サーバーのアップグレードではGNU screenを使用しており、通信が切断されてしまった場合などでも自動的に再アタッチします。

Ubuntu DesktopやUbuntu Server向けのオフラインでのアップグレードオプションはありません。公式ミラーや各地の接続可能なミラーのいずれかにネットワーク接続できることを確認して、上記の指示に従ってください。

<locked-by: popo>

= New features in 16.10 =

## Please see the [[https://blueprints.launchpad.net/ubuntu/yakkety/+specs|Yakkety blueprint list]] for details.

== Updated Packages ==
=== Linux kernel 4.8 ===

Ubuntu 16.10 is based on the Linux release series 4.8.

=== gpg ===
 * The ''gpg'' binary is now provided by [[https://debian-administration.org/users/dkg/weblog/116|gnupg2]].

== Ubuntu Desktop ==
 * '''!LibreOffice 5.2''' has been updated to [[https://wiki.documentfoundation.org/ReleaseNotes/5.2|5.2]]. Ubuntu now uses the [[https://caolanm.blogspot.com/2016/02/native-gtk3-menubar-in-libreoffice.html|GTK3]] version by default.
 * Update Manager now shows changelog entries for '''PPAs''' too (Bug:253119).
 * Apps provided by GNOME have been updated to at least '''3.20'''. Many apps have been updated to '''3.22''' also.
 * The '''Nautilus''' file browser has been [[https://csorianognome.wordpress.com/2015/09/04/nautilus-3-18-comunicating-changes/|updated]] to [[https://csorianognome.wordpress.com/2016/02/08/nautilus-3-20-and-looking-forward/|3.20]].
 * '''systemd''' is now used for [[https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-devel/2016-July/039465.html|user sessions]]. System sessions had already been provided by systemd in previous Ubuntu releases.

== Ubuntu Server ==

=== OpenStack Newton ===

Ubuntu 16.10 includes  the latest !OpenStack release, Newton, including the following components:

 * !OpenStack Identity - Keystone
 * !OpenStack Imaging - Glance
 * !OpenStack Block Storage - Cinder
 * !OpenStack Compute - Nova
 * !OpenStack Networking - Neutron
 * !OpenStack Telemetry - Ceilometer and Aodh
 * !OpenStack Orchestration - Heat
 * !OpenStack Dashboard - Horizon
 * !OpenStack Object Storage - Swift
 * !OpenStack Database as a Service - Trove
 * !OpenStack DNS - Designate
 * !OpenStack Bare-metal - Ironic
 * !OpenStack Filesystem - Manila
 * !OpenStack Key Manager - Barbican

Please refer to the [[http://releases.openstack.org/newton/|OpenStack Newton release notes]] for full details of this release of !OpenStack.

!OpenStack Newton is also provided via the [[OpenStack/CloudArchive|Ubuntu Cloud Archive]] for !OpenStack Newton for Ubuntu 16.04 LTS users.

'''WARNING''': Upgrading an !OpenStack deployment is a non-trivial process and care should be taken to plan and test upgrade procedures which will be specific to each !OpenStack deployment.

Make sure you read the [[http://docs.openstack.org/developer/charm-guide/1610.html|OpenStack Charm Release Notes]] for more information about how to deploy Ubuntu !OpenStack using Juju.

16.10 の新機能

アップデートされたパッケージ

Linux kernel 4.8

Ubuntu 16.10 は Linux リリースシリーズ 4.8 をベースにしています。

gpg

  • gpg バイナリーは gnupg2 より提供されるようになりました。

Ubuntu Desktop

  • LibreOffice 5.25.2 にアップデートされました。 Ubuntu は GTK3 バージョンをデフォルトで使用するようになりました。

  • アップデートマネージャーは PPA の changelog エントリーも表示するようになりました(Bug:253119)。

  • GNOME により提供されるアプリケーションは最低でも 3.20 にアップデートしました。多くのアプリケーションは 3.22 にアップデートされています。

  • Nautilus ファイルブラウザーは 3.20アップデート されました。

  • systemdユーザーセッション で利用されるようになりました。システムセッションでは以前の Ubuntu リリースですでに systemd が使用されています。

Ubuntu Server

OpenStack Newton

Ubuntu 16.10 には最新の OpenStack リリースである Newton が同梱されており、次のコンポーネントが含まれています。

  • OpenStack Identity - Keystone

  • OpenStack Imaging - Glance

  • OpenStack Block Storage - Cinder

  • OpenStack Compute - Nova

  • OpenStack Networking - Neutron

  • OpenStack Telemetry - Ceilometer and Aodh

  • OpenStack Orchestration - Heat

  • OpenStack Dashboard - Horizon

  • OpenStack Object Storage - Swift

  • OpenStack Database as a Service - Trove

  • OpenStack DNS - Designate

  • OpenStack Bare-metal - Ironic

  • OpenStack Filesystem - Manila

  • OpenStack Key Manager - Barbican

OpenStack のこのリリースの詳細は OpenStack Newton release notes を参照してください。

OpenStack Newton は Ubuntu Cloud Archive を通じて、 Ubuntu 16.04 LTS ユーザー向けのものが提供されます。

警告: デプロイ済みの OpenStack をアップグレードするのは、単純なプロセスではありません。十分注意して、デプロイ済みの OpenStack 毎に特化したアップグレード手順の計画やテストを行ってください。

OpenStackをJujuを用いてデプロイしている場合、 OpenStack Charm Release Notes を確認してください。

=== qemu 2.6.1 ===

Qemu has been updated to the 2.6.1 release.

See the [[http://wiki.qemu.org/ChangeLog/2.6|Changelog]] for details.
This already includes a stable releases, more about that can be found at [[https://lists.gnu.org/archive/html/qemu-devel/2016-08/msg03137.html|2.6.1 stable release]].

Additionally this includes a backport to enable GPU Passthru for ppc64le.

=== DPDK 16.07 ===

Ubuntu 16.10 includes the latest release of DPDK, 16.07.

See the [[http://dpdk.org/doc/guides/rel_notes/release_16_07.html|Release Notes]] for details.

Noteworthy for DPDK application developers is that upstream deprecated the old mechanism of a combined shared library.
libdpdk.so is now a linker script referring to the - individually packaged - sub-libraries librte-*.
Furthermore the DPDK related kernel modules are now provided as dkms based packages.


=== libvirt 2.1 ===

Libvirt has been updated to version 2.1.
See the [[https://libvirt.org/news.html|Changelogs]] for details.

In order to reduce the Debian delta, the main libvirt service has been renamed to libvirtd.service. libvirt-bin.service becomes an alias to maintain backwards compatibility.


=== Open vSwitch ===

Open vSwitch has been updated to the latest release, 2.6.

See the Open vSwitch [[http://openvswitch.org/releases/NEWS-2.6.0|News]] for mroe details.

The enablement of openvswitch-switch-dpdk has changed upstream.
So if you are upgrading from a previously dpdk enabled configuration then you will need to update your enablement appropriately.
See associated Readme at /usr/share/doc/openvswitch-switch-dpdk/README.Debian for details.

qemu 2.6.1

Qemu は 2.6.1 にアップデートされました。

詳細は Changelog を確認してください。 このリリースはすでに安定版リリースを含んでいます。詳細は 2.6.1 stable release を確認してください。

加えて、このリリースは ppc64le 向けの GPU パススルーを有効にするバックポートを含んでいます。

DPDK 16.07

Ubuntu 16.10 は最新の DPDK のリリースである 16.07 を含んでいます。

詳細は Release Notes を確認してください。

DPDK アプリケーション開発者にとって特筆に値すべきことは、アップストリームでは結合された共有ライブラリの古いメカニズムが非推奨になったことです。 libdpdk.so はリンカースクリプトであり、個別にパッケージされた librte-* のサブライブラリを参照するものになりました。 さらに、DPDKに関連したカーネルモジュールはdkmsベースのパッケージとして提供されています。

libvirt 2.1

Libvirt はバージョン 2.1 にアップデートしました 詳細は Changelogs を確認してください。

Debian との差分を減らすために、 libvirt サービスは libvirtd.service に名前が変更されました。 libvirt-bin.service は後方互換性を維持するためのエイリアスとなりました。

Open vSwitch

Open vSwitch は最新のリリースである 2.6 にアップデートされました。

詳細は Open vSwitch News を確認してください。

openvswitch-switch-dpdk の有効化はアップストリームで変更されました。 そのため、 dpdk を有効とした設定からアップグレードをする場合、有効化設定を適切にアップデートする必要があります。 詳細は /usr/share/doc/openvswitch-switch-dpdk/README.Debian にある関連 Readme を確認してください。

LXD 2.4.1

Ubuntu 16.10 ships with LXD 2.4.1. The main highlights for this new version of LXD are:

  • Support for AppArmor profile stacking. This allows containers to load their own AppArmor profiles, further securing tasks running inside LXD containers.

  • Building on the new AppArmor feature, it is now possible to install Snap packages inside LXD containers. For the time being, this is only possible with Ubuntu 16.10 containers that have the "squashfuse" package installed.

  • New network management features have been added to LXD, allowing the creation and management of bridges, DHCP settings, tunnels, ... More information can be found from "lxc network help" and in the upstream documentation.

A full changelog can be found at: https://linuxcontainers.org/lxd/news/

LXD 2.4.1 can also be tried online at: https://linuxcontainers.org/lxd/try-it/ }}}

LXD 2.4.1

Ubuntu 16.10 には LXD 2.4.1 が搭載されています。LXDの新しいバージョンの主たる特徴は次のとおりです。

  • AppArmor プロファイルスタッキングのサポート。これにより、コンテナはそれ自身のAppArmorプロファイルをロードすることができ、 LXD コンテナ内で稼働するタスクを更に安全にすることができます。

  • AppArmor に機能が追加されたことで、 LXD コンテナ内に Snap パッケージをインストールすことが可能となりました。当面の間、これは "squashfuse" パッケージがインストールされた Ubuntu 16.10 コンテナにおいてのみ可能です。

  • LXD に新しいネットワークマネジメント機能が追加され、ブリッジや DHCP 設定、トンネルなどの作成と管理が可能となりました。詳しい情報は "lxc network help" やアップストリームの ドキュメント で確認できます。

完全な changelog は https://linuxcontainers.org/lxd/news/ で確認できます。

LXD 2.4.1 はオンラインで試すこともできます https://linuxcontainers.org/lxd/try-it/

=== cloud-init ===
All of cloud-init's recent development has been brought back to 16.04,
so you've probably already used it in production!
Some recent improvements include:

 * changes with systemd integration to better enforce order of boot which improve the reliability of configuring disks and network.
 * bug fixes
 * updated documentation on [[http://cloudinit.readthedocs.io/en/latest/|http://cloudinit.readthedocs.io]]
 * new format for [[https://git.launchpad.net/cloud-init/tree/doc/examples/cloud-config-apt.txt|configuring apt]]
 * support for [[http://cloudinit.readthedocs.io/en/latest/topics/modules.html#ntp|configuring ntp]]
 * support for [[http://cloudinit.readthedocs.io/en/latest/topics/modules.html#lxd|configuring lxd]] 2.3+.
 * Improvements and support for network configuration on Digital Ocean, SmartOS, NoCloud, ConfigDrive.

=== docker 1.12.1 ===

The docker.io package has been updated to version 1.12.1.  See the associated upstream release notes: https://github.com/docker/docker/releases/tag/v1.12.1

== Ubuntu on IBM LinuxONE and z Systems ==

There are many improvements specific to the IBM mainframe s390x architecture, in addition to all of the above mentioned features:

  * s390-tools updated to 1.36.1 with support for dasd quick format
  * Addition of the numactl package
  * Hardware acceleration enabled in OpenSSL
  * zfcpdump kernel is now available

And many other general bugfixes and improvements.

cloud-init

cloud-init の最新の開発はすべて 16.04 にも取込まれています。そのため、すでにそれを利用していることでしょう。 最新の改善のいくつかは次のとおりです。

  • systemd 統合の変更により、ブート順序がより良い状態で実施され、ディスクおよびネットワーク設定の信頼性が向上しました。
  • バグフィックス。
  • http://cloudinit.readthedocs.io 上のドキュメントのアップデート。

  • apt設定 向けの新しいフォーマット。

  • ntp設定 のサポート。

  • lxd設定 (2.3 以上)のサポート。

  • Digital Ocean, SmartOS, NoCloud, ConfigDrive 上のネットワーク設定の改善とサポート。

docker 1.12.1

docker.io パッケージはバージョン 1.12.1 にアップデートされました。関連するアップストリームのリリースノートを参照してください (https://github.com/docker/docker/releases/tag/v1.12.1)。

Ubuntu on IBM LinuxONE と z Systems

IBM メインフレーム s390x アーキテクチャーに固有の改善がいくつも施されました。これらに加えて次のような改善があります。

  • s390-tools は 1.36.1 にアップデートされ、 dasd quick format をサポートしています。
  • numactl パッケージの追加。
  • OpenSSLでのハードウェアアクセラレーションの有効化。
  • zfcpdump カーネルの利用可能。

そして、その他多くのバグフィックスと改善があります。

= Known issues =

As is to be expected, with any release, there are some significant known bugs that users may run into with this release of Ubuntu 16.10.  The ones we know about at this point (and some of the workarounds), are documented here so you don't need to spend time reporting these bugs again:

== Boot, installation and post-install ==

 * Wifi shows no ap in oem end user mode, work around reboot the machine and then everything should work as expected (Bug:1633012)
 * Bluetooth driver on XPS13 9434 not functioning at all (Bug:1633019)

=== EC2 ===

 * Some EC2 instance types are not currently booting, due to changes in the way that ext4 filesystems are created in yakkety.  All instance types are expected to boot by release.  (Bug:1616879)

=== PowerPC ===

  * Choosing an Entire Disk install on PowerPC will result in an un-bootable system. The work around is to manually partition your hard disk and create a 1GB `ext2` /boot partition. One also needs to move `/etc/yaboot.conf` to `/boot/etc/yaboot.conf` and symlink it back. (Bug:1606089)


=== GCC ===

  * We have modified GCC to by-default compile programs with [[https://en.wikipedia.org/wiki/Position-independent_code#PIE|position independent executable support]] to
  improve the security benefits provided by
[[https://en.wikipedia.org/wiki/Address_space_layout_randomization|Address Space Layout Randomization]].

  This may cause difficulty when trying to compile Linux kernels that [[https://patchwork.ozlabs.org/patch/616621/|still need this patch applied.]]

  Other programs may experience other problems; some debugging guidelines are at https://wiki.ubuntu.com/SecurityTeam/PIE

=== AppArmor ===

  * The Linux kernel recently changed how executables are run. AppArmor
  profiles that were developed on previous versions of the Linux kernel may
  require modification to allow the programs to work.

  Error messages will be logged (to dmesg or to auditd, if that is installed) that look like this:

{{{... apparmor="DENIED" operation="file_mmap" ... profile="/usr/sbin/tcpdump" name="/usr/sbin/tcpdump" ... requested_mask="m" denied_mask="m" ...
  • Often the profile and the name will match but this is not required.

    The aa-logprof program from the apparmor-utils package can interactively prompt the user for previously-logged AppArmor messages. To run it, use sudo aa-logprof.

Desktop

  • GTK+ 3.20 requires theme developers to make changes to their themes. Many (but not all) popular themes are now compatible with GTK+ 3.20.
  • Unity 8 session sometimes locks up when you press Print Screen (Bug:1525285)

  • Unity 8 session locks up when you press media meta keys such as play/pause. (Bug:1633046)

  • Unity 8 Web Browser has no sound. (Bug:1632620)

}}}

既知の問題

どんなリリースでも予想される通り、Ubuntu 16.10のこのリリースにもユーザーが陥りそうな重大な既知の不具合がいくつか存在します。この時点で判明しているバグ(およびいくつかの回避策)をここに記しますので、これらの不具合を再度報告するのに無駄な時間を費やす必要はありません。

起動、インストールおよびインストール後

  • 無線LANが OEM モードあるいはユーザーモードの際にアクセスポイントを表示しません。回避策としては、マシンを再起動すると、すべてが期待通りに動くというものがあります。 (Bug:1633012)

  • XPS13 9434 の Bluetooth ドライバはまったく機能しません。 (Bug:1633019)

EC2

  • いくつかの EC2 インスタンスのタイプでは現在起動できません。理由は、このバージョンでの Ext4 ファイルシステムの作成方法に変更があったためです。リリースまでにはすべてのインスタンスタイプで起動できるようになるでしょう。 (Bug:1616879)

PowerPC

  • PowerPC でディスク全体へのインストールを選択すると、起動不可能なシステムが出来上がります。回避策は、手動でハードディスクのパーティションを設定し、 1GB の ext2 の /boot パーティションを作成することです。また、 /etc/yaboot.conf/boot/etc/yaboot.conf に移動させ、元の場所にはシンボリックリンクを作成する必要があります。 (Bug:1606089)

GCC

  • GCC はデフォルトでプログラムを 位置独立コード でコンパイルするように変更され、 アドレス空間配置のランダム化 による恩恵でセキュリティ上の恩恵を受けるようになりました。

    • これにより、 このパッチ の適用を依然として必要とする Linux カーネルをコンパイルする際に問題が生じる可能性があります。

      その他のプログラムでは別の問題が発生するかもしれません。デバッグのガイドラインのいくつかは https://wiki.ubuntu.com/SecurityTeam/PIE から利用できます。

AppArmor

  • Linux カーネルは実行可能ファイルをどのように実行するかを変更しました。 以前の Linux カーネルのバージョンで作成された AppArmor プロファイルはプログラムを動かすための変更が必要かもしれません。

    • エラーメッセージは (dmsg ないしはインストールされていれば、 auditdに) 次のようにログが残されます。

... apparmor="DENIED" operation="file_mmap" ... profile="/usr/sbin/tcpdump" name="/usr/sbin/tcpdump" ... requested_mask="m" denied_mask="m" ...

  • 通常は、プロファイルと名前が一致していますが、これは絶対ではありません。

    apparmor-utils パッケージの aa-logprof プログラムは、以前にログに取られた AppArmor のメッセージを対話的に表示させることができます。これを試すには、 sudo aa-logprof を使用してください。

Desktop

  • GTK+ 3.20 ではテーマ開発者は自分のテーマに変更を加えなければなりません。多くの(一部例外)ポピュラーなテーマは GTK+ 3.20 と互換性があります。
  • Unity 8 セッションは、 Print Screen を押すとハングアップします。 (Bug:1525285)

  • Unity 8 セッションは、 再生/一時停止などのメディアメタキーを押すとハングアップします。 (Bug:1633046)

  • Unity 8 ウェブブラウザーでは音声が再生されません。 (Bug:1632620)


= Official flavours =

The release notes for the official flavours can be found at the following links:
## * Edubuntu [[https://wiki.ubuntu.com/XenialXerus/ReleaseNotes/Edubuntu]]
 * Kubuntu [[https://wiki.ubuntu.com/YakketyYak/ReleaseNotes/Kubuntu]]
 * Lubuntu [[https://wiki.ubuntu.com/YakketyYak/ReleaseNotes/Lubuntu]]
## * Mythbuntu [[https://wiki.ubuntu.com/YakketyYak/ReleaseNotes/Mythbuntu]]
 * Ubuntu GNOME [[https://wiki.ubuntu.com/YakketyYak/ReleaseNotes/UbuntuGNOME]]
 * Ubuntu Kylin [[https://wiki.ubuntu.com/YakketyYak/ReleaseNotes/UbuntuKylin]]
 * Ubuntu MATE [[https://ubuntu-mate.org/blog/ubuntu-mate-yakkety-final-release/]]
 * Ubuntu Studio [[https://wiki.ubuntu.com/YakketyYak/ReleaseNotes/UbuntuStudio]]
 * Xubuntu [[https://xubuntu.org/news/xubuntu-16-10-release]]

<<BR>>
= More information =

=== Reporting bugs ===

Your comments, bug reports, patches and suggestions will help fix bugs and improve the quality of future releases. Please [[http://help.ubuntu.com/community/ReportingBugs|report bugs using the tools provided]].

If you want to help out with bugs, the [[http://wiki.ubuntu.com/BugSquad|Bug Squad]] is always looking for help.

=== Participate in Ubuntu ===

## These images were able to be made available to you thanks to the help of our [[https://wiki.ubuntu.com/SaucySalamander/TechnicalOverview/Beta1/Testers|QA Community]].

If you would like to help shape Ubuntu, take a look at the list of ways you can participate at

 http://www.ubuntu.com/community/get-involved

=== More about Ubuntu ===

You can find out more about Ubuntu on the [[http://www.ubuntu.com|Ubuntu website]] and [[http://wiki.ubuntu.com|Ubuntu wiki]].

To sign up for future Ubuntu development announcements, please subscribe to Ubuntu's development announcement list at:

 http://lists.ubuntu.com/mailman/listinfo/ubuntu-devel-announce

公式フレーバー

公式フレーバーの各リリースノートは、以下のリンクで参照できます:


より詳しい情報

バグレポート

あなたのコメントやバグレポート、レポートへのコメント・パッチの投稿・提案は、バグの修正や将来のリリース品質の改善につながります。ツールを用いてバグを報告してください

バグの修正を通じて貢献したいのであれば、Bug Squad ページが役に立つでしょう。

Ubuntuに参加するには

Ubuntuを支援したいのであれば、以下の支援できる方法の一覧に目を通してみてください。

Ubuntuに関して

Ubuntuに関するより詳しい情報は、UbuntuのWebサイトUbuntu wikiを確認してください。

Ubuntuの開発に関するアナウンスを受け取るには、Ubuntu-devel-announceメーリングリストを購読してください。

UbuntuJapaneseWiki: YakketyYak/ReleaseNotes/Ja (最終更新日時 2016-11-23 23:59:57 更新者 Shibata)