日本語翻訳版独自の記述

日本語入力(インプットメソッド)について

新規インストールの場合

Ubuntuを新規インストールした場合、インプットメソッドはIBusになります。右上のキーボードステータスアイコンから「日本語(Mozc)」を選択し、日本語の入力を開始してください。

アップグレードの場合

Ubuntu 17.04をインストールし、何もしていない場合はアップグレード後自動的にIBusに切り替わります。ただしibus-mozcパッケージはインストールされていないため、aptコマンドでインストールするか、[設定]-[地域と言語]-[インストールされている言語の管理]を起動し、[言語サポートが完全にはインストールされていません]の[インストール]からインストールしてください。

インストール後、一度ログアウトして再ログインし、[設定]-[地域と言語]-[入力ソース]の[+]ボタンをクリックし、[日本語]-[日本語Mozc]を追加してください。

Ubuntu 17.04をインストール後手動でFcitxに切り替えていた場合は、17.10にアップグレード後も引き続きFcitxが選択されていますが、[Ubuntu]セッション(Waylandセッション)ではFcitxは起動しません。ログイン時に[Ubuntu on Xorg]セッションに切り替えるか、ibus-mozcパッケージのインストール後[設定]-[地域と言語]-[インストールされている言語の管理]を起動し、[キーボード入力に使うIMシステム]を[IBus]にしてログアウトと再ログインし、[設定]-[地域と言語]-[入力ソース]の[+]ボタンをクリックして[日本語]-[日本語Mozc]を追加してください。

Ubuntu 17.04をインストール後、IBusに切り替えていた場合、あるいはUbuntu GNOME 17.04でIBusを使用していた場合は、特にすることはありません。

UbuntuJapaneseWiki: ArtfulAardvark/ReleaseNotes/Ja/Japanese-specific (最終更新日時 2017-10-21 12:06:07 更新者 ikuya)