リリースノート翻訳上のルール

基本ルール

  • 1) 翻訳箇所の宣言
    • 最初に、wiki.ubuntu.com から wiki.ubuntulinux.jp にコピーしたリリースノートの各ページを、担当箇所を <locked-by:名前>{{{ 〜 }}}</locked-by:名前> で挟む形(下記のように)で更新して、宣言をおこなってください。

      • <locked-by:名前>
        {{{ 原文 }}}(←実際には半角)
        </locked-by:名前>
  • 2) 翻訳
    • 各自で翻訳作業をお願いします。
  • 3) マスターへの反映
    • 担当箇所の翻訳が完成したら、上記でロックした箇所のに翻訳文を流し込みます。

    • 流し込んだら、<locked-by:名前> および </locked-by:名前>を削除してください。

      • {{{ 原文 }}}
        翻訳文
  • 4) ロックの範囲
    • 一度に大量のロックをしてしまうと全体の作業が滞ってしまう場合があります。ロック範囲はあまり大きくせず、うまく分担できるようにしてください。
  • 5) ページ更新の時間はできるだけ短く
    • 翻訳作業用ページの編集はボトルネックです。長時間編集している状態にしないように注意してください。
      • 他の人が編集した結果を壊したりしないように、マージが必須になった状態ではできるだけ注意してください。

細かい話

  • 不明な点の相談は、Twitter: @_hito_ @kuromabo @kazken3 @_popopopoon_ にメンションをください。
  • ロックの段階で原文を{{{ 〜 }}}で囲むほうが作業状況が視覚的にわかりやすいので、ご協力よろしくお願いいたします。
  • 本家Wikiはリリース前後で動作が重くなることが予想されるので、ここで完成させてから送り出します。
  • 本家のリリースノートの変更をマージした際は、インポートしたリビジョンをWikiのコメント欄に書き込んでください。

= Introduction =

These release notes for '''Ubuntu 17.10''' (Artful Aardvark) provide an overview of the release and document the known issues with Ubuntu 17.10 and its flavors.

=== Support lifespan ===
Ubuntu 17.10 will be supported for 9 months until [[Releases|July 2018]]. If you need Long Term Support, it is recommended you use [[XenialXerus/ReleaseNotes/|Ubuntu 16.04 LTS]] instead.

=== Official flavour release notes ===
Find the links to release notes for official flavors [[#Official_flavours|here]].

<<BR>>

イントロダクション

このリリースノートには、 Ubuntu 17.10 (Artful Ardvark)のリリース概要とUbuntu 17.10とそのフレーバーに関する既知の不具合を記述しています。

サポート期間

Ubuntu 17.10は2018年7月までの9ヶ月間サポートされます。長期サポートを必要とする場合は、Ubuntu 16.04 LTSの使用をおすすめします。

公式フレーバーのリリースノート

公式フレーバーのリリースノートはこちらで確認できます。


= Get Ubuntu 17.10 =
== Download Ubuntu 17.10 ==

Images can be downloaded from a location near you.

You can download ISOs and flashable images from:

http://releases.ubuntu.com/17.10/ (Ubuntu Desktop and Server) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu/releases/17.10/release/ (Less Popular Ubuntu Images) <<BR>>
http://cloud-images.ubuntu.com/daily/server/artful/current/ (Ubuntu Cloud Images) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/netboot/17.10/ (Ubuntu Netboot) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/kubuntu/releases/17.10/release/ (Kubuntu) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/lubuntu/releases/17.10/release/ (Lubuntu and Lubuntu Alternate) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-budgie/releases/17.10/release/ (Ubuntu Budgie) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntukylin/releases/17.10/release/ (Ubuntu Kylin) <<BR>>
https://ubuntu-mate.org/download/ (Ubuntu MATE) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntustudio/releases/17.10/release/ (Ubuntu Studio) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/xubuntu/releases/17.10/release/ (Xubuntu)

As fixes will be included in new images between now and release, any daily cloud image from today or later (i.e. a serial of 20170926 or higher) should be considered a beta image.  Bugs found should be filed against the appropriate packages or, failing that, the cloud-images project in Launchpad.

== Upgrading from Ubuntu 17.04 ==
To upgrade on a desktop system:
 * Open the "Software & Updates" Setting in System Settings.
 * Select the 3rd Tab called "Updates".
 * Set the "Notify me of a new Ubuntu version" dropdown menu to "For any new version".
 * Press Alt+F2 and type in "update-manager -c" (without the quotes) into the command box.
 * Update Manager should open up and tell you: New distribution release '17.10' is available.
  * If not you can also use "/usr/lib/ubuntu-release-upgrader/check-new-release-gtk"
 * Click Upgrade and follow the on-screen instructions.

To upgrade on a server system:
 * Install the {{{update-manager-core} }} package if it is not already installed.
 * Make sure the {{{Prompt} }} line in /etc/update-manager/release-upgrades is set to normal.
 * Launch the upgrade tool with the command {{{sudo do-release-upgrade} }}.
 * Follow the on-screen instructions.
Note that the server upgrade will use GNU screen and automatically re-attach in case of dropped connection problems.

##There are no offline upgrade options for Ubuntu Desktop and Ubuntu Server. Please ensure you have network connectivity to one of the official mirrors or to a locally accessible mirror and follow the instructions above.

<<BR>>

Ubuntu 17.10を入手する

Ubuntu 17.10をダウンロードする

インストールイメージは、以下からダウンロードできます。お近くのミラーからも入手できるでしょう。

インストールイメージのダウンロードサイト:

http://releases.ubuntu.com/17.10/ (Ubuntu DesktopとServer)
http://jp.releases.ubuntu.com/17.10/ (上記の日本ミラー)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu/releases/17.10/release/ (より利用数の少ないイメージ)
http://cloud-images.ubuntu.com/daily/server/artful/current/ (Ubuntu Cloud Images)
http://cdimage.ubuntu.com/netboot/17.10/ (Ubuntu Netboot)
http://cdimage.ubuntu.com/kubuntu/releases/17.10/release/ (Kubuntu)
http://cdimage.ubuntu.com/lubuntu/releases/17.10/release/ (Lubuntu and Lubuntu Alternate)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-budgie/releases/17.10/release/ (Ubuntu Budgie)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntukylin/releases/17.10/release/ (Ubuntu Kylin)
https://ubuntu-mate.org/download/ (Ubuntu MATE)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntustudio/releases/17.10/release/ (Ubuntu Studio)
http://cdimage.ubuntu.com/xubuntu/releases/17.10/release/ (Xubuntu)

今からリリースまでの新しいイメージに含まれるであろう修正を考慮すると、本日以降(つまり20170926以降の)のデイリービルドのクラウドイメージはベータイメージであると考えるべきです。見つけた不具合はLaunchpad上の適切なパッケージか、もし不明な場合はcloud-imagesプロジェクトに報告してください。

訳注:上記の最後の文はおそらくリリース時に削除されます。

Ubuntu 17.04からのアップグレード

デスクトップ環境でのアップグレード手順は次のとおりです:

  • システム設定から「ソフトウェアとアップデート」を開きます。
  • 3つめの「アップデート」と書かれたタブを選択します。
  • 「Ubuntuの新バージョンの通知」のドロップダウンメニューを「すべての新バージョン」にします。
  • Alt + F2を押してコマンドボックスに"update-manager -c"と入力します(ダブルクオーテーションは付けません)。
  • 「ソフトウェアの更新」が開いて、次のように表示されるはずです: 「17.10 が入手可能です」
    • 表示されない場合、"/usr/lib/ubuntu-release-upgrader/check-new-release-gtk"を使用することもできます。
  • 「アップグレード」を押し、画面に表示される指示に従います。

サーバー環境でアップグレードするには、次の手順を用います:

  • update-manager-core をインストールしていない場合はインストールします。

  • /etc/update-manager/release-upgrades の Prompt 行が normal に設定されていることを確認します。

  • sudo do-release-upgrade のコマンドでアップグレードツールを起動します。

  • 画面に表示される指示に従います。

注意: サーバーのアップグレードではGNU screenを使用しており、通信が切断されてしまった場合などでも自動的に再アタッチします。


##= New features in 17.10 =

## Please see the [[https://blueprints.launchpad.net/ubuntu/zesty/+specs|Zesty blueprint list]] for details.

 * For other changes since 16.04 LTS, see the [[ZestyZapus/ReleaseNotes|17.04 Release Notes]] and [[YakketyYak/ReleaseNotes|16.10 Release Notes]].

== Updated Packages ==

=== Linux kernel 4.13 ===

Ubuntu 17.10 is based on the Linux release series '''4.13'''. It includes support for the new IBM z14 mainframe CPACF instructions and new KVM features.


=== Network configuration ===

'''ifupdown''' has been deprecated in favor of '''netplan''' and is no longer present on new installs. The installer will generate a configuration file for netplan in ''/etc/netplan'', which will set up the system to configure the network via systemd-networkd or NetworkManager. Desktop users will see their system fully managed via NetworkManager as it has been the case in previous releases, but Server users now have their network devices managed via systemd-networkd on new installs. This only applies to new installations.

Given that ifupdown is no longer installed by default, its commands will not be present: ''ifup'' and ''ifdown'' are thus unavailable, replaced by \{{{ip link set $device up}}\} and \{{{ip link set $device down}}\}.

The \{{{networkctl}}\} command is also available for users to see a summary of the network devices. \{{{networkctl status}}\} will display the current global state of IP addresses on the system; and \{{{networkctl status $device}}\} can display the details specific to a network device.

For more information about netplan, please refer to the manual page using the \{{{man 5 netplan}}\} command.

アップグレードされたパッケージ

Linux kernel 4.13

Ubuntu 17.10はLinuxリリースシリーズ 4.13 をベースにしています。これには、新しいIBM z14メインフレームCPACF命令およびKVMの新機能のサポートが含まれています。

ネットワーク設定

ifupdown は非推奨となり、 netplan の使用が推奨されています。 ifupdown は新規インストール時にはインストールされなくなりました。インストーラーはnetplanの設定ファイルを /etc/netplan に生成します。これはsystemd-networkdやNetworkManagerを通じてシステムのネットワークを設定します。デスクトップユーザーの場合は、これまでのリリースの場合と同じように、システムは完全にNetworkManagerを通じて管理されます。しかしながらサーバーのユーザーは、新規インストール以降はsystemd-networkdを通じてネットワークデバイスを管理することになります。これは新しいインストールにのみ適用されます。

ifupdownがデフォルトでインストールされないため、このパッケージに含まれるコマンドは存在しません。つまり ifup および ifdown は使用できず、それぞれ ip link set $device up および ip link set $device down に置き換わります。

ネットワークデバイスの概要を確認するのであれば、networkctlコマンドを利用できます。 networkctl status はシステムのIPアドレスに関する現在の全体的な状態を表示します。 networkctl status $device ではあるネットワークデバイスに限定して、詳細を表示します。

netplanに関する詳細は、 man 5 netplan コマンドを使用してマニュアルページを参照してください。

== Ubuntu Desktop ==

 * '''32-bit''' installer images are no longer provided for Ubuntu Desktop.
 * The Ubuntu Desktop now uses '''GNOME''' instead of Unity.
 * On supported systems, '''Wayland''' is now the default display server. The older display server is still available: just choose ''Ubuntu on Xorg'' from the cog on the log in screen.
 * '''GDM''' has replaced LightDM as the default display manager. The login screen now uses virtual terminal 1 instead of virtual terminal 7.
 * Window control buttons are back on the '''right''' for the first time since 2010.
 * Apps provided by GNOME have been updated to '''3.26'''. For more details about GNOME 3.26, see their [[https://help.gnome.org/misc/release-notes/3.26/|Release Notes]].
 * '''Driverless printing support''' is now available for [[http://www.pwg.org/dynamo/eveprinters.php|IPP Everywhere]], [[https://support.apple.com/en-us/HT201311|Apple AirPrint]], [[https://www.wi-fi.org/discover-wi-fi/wi-fi-direct|Wi-Fi Direct]], and [[http://mopria.org/|Mopria]] devices. Follow the [[ZestyZapus/ReleaseNotes#Driverless_Printing|instructions from 17.04]].
 * Printer configuration is now done in the Settings app: Choose ''Devices'' and then ''Printers''. The tool uses the same algorithms for identifying printers and choosing drivers as the formerly used system-config-printer, and makes full use of driverless printing to support as many printers as possible. Note that some options, like printer sharing, are missing. To reach them, click the ''Additional Printer Settings…'' button at the end of the list of available print queues and you get good old system-config-printer.
 * The '''Amazon''' app now loads in the default web browser.
 * The default on screen keyboard is GNOME's '''Caribou''' instead of Onboard.
 * '''Calendar''' now supports recurring events.
 * '''!LibreOffice''' has been updated to [[https://wiki.documentfoundation.org/ReleaseNotes/5.4|5.4]].
 * '''Python 2''' is no longer installed by default. Python 3 has been updated to 3.6.
 * The '''Rhythmbox''' music player now uses the [[https://github.com/fossfreedom/alternative-toolbar|alternate user interface]] created by Ubuntu Budgie developer David Mohamed.
 * The '''Settings''' app has been redesigned.
 * '''Simple Scan''' has a new workflow and design and is now part of core GNOME.
 * System Log has been replaced by '''Logs''', an app to view logs from the systemd journal.
 * The '''Ubuntu GNOME''' flavor has been discontinued. If you are using Ubuntu GNOME, you will be upgraded to Ubuntu. Choose the ''Ubuntu'' session from the cog on the login screen if you would like the default Ubuntu experience.
 * Install '''gnome-session''' and choose ''GNOME'' from the cog on the login screen if you would like to try a more upstream version of GNOME. If you'd like to also install more core apps, install the '''vanilla-gnome-desktop''' metapackage.

Ubuntu デスクトップ

  • 32ビット用 インストーラーイメージはUbuntu Desktopにはもう提供されません。

  • Ubuntu DesktopはUnityに代わり GNOME を使用するようになりました。

  • サポートされているシステムでは、 Wayland がデフォルトのディスプレイサーバーとなりました。従来のディスプレイサーバーも次の方法で利用可能です: ログイン画面で歯車マークから Ubuntu on Xorg を選ぶだけです。

  • LightDMに代わり GDM がデフォルトのディスプレイマネージャーとなりました。ログインスクリーンは仮想端末7に変わって、仮想端末1を使用しています。

  • ウィンドウ操作のボタンが2010年以来初めて に戻りました。

  • GNOMEにより提供されるアプリは 3.26 にアップデートされました。GNOME3.26についての詳細は、 GNOMEのリリースノート を確認してください。

  • ドライバーレスプリンティングサポートIPP EverywhereApple AirPrintWi-Fi DirectMopria のデバイスでも使えるようになりました。 17.04からの指示 に従ってください。

  • プリンター設定は設定アプリで行うことができます。 デバイス を選んで、 プリンター を選んでください。このツールは以前に使用されていたsystem-config-printerと同じアルゴリズムを用いて、プリンターの特定とドライバーの選択をおこなっています。また、できるだけ多くのプリンターをサポートするため、ドライバーレスプリンターを最大限使用します。プリンターの共有と言ったいくつかのオプションがないことに注意してください。これらのオプションを利用するには、 利用可能なプリントキューのリストの末尾にある 追加のプリンター設定... をクリックします。すると、古き良きsystem-config-printerを利用することができます。

  • Amazon アプリは標準のウェブブラウザーを使うようになりました。

  • デフォルトのスクリーンキーボードがOnboardに代わり、GNOMEの Caribou になりました。

  • カレンダー が繰り返しのイベントをサポートするようになりました。

  • LibreOffice5.4 にアップデートされました。

  • Python 2 はデフォルトではインストールされなくなりました。Python 3は3.6にアップデートされました。

  • Rhythmbox ミュージックプレイヤーはUbuntu Budgie開発者のDavid Mohamedが作成した 代わりのユーザーインターフェイス を使用するようになりました。

  • 設定 アプリが再設計されました。

  • シンプルスキャン はワークフローとデザインが一新され、GNOMEのコアの一部となっています。

  • システムログが、systemdのジャーナルのログを閲覧するアプリである ログ に置き換わっています。

  • Ubuntu GNOME フレーバーは終了しました。Ubuntu GNOMEを利用している場合は、Ubuntuにアップグレードされます。Ubuntuのデフォルトのエクスペリエンスが気に入ればログイン画面の歯車から Ubuntu を選んでください。

  • より上流のバージョンのGNOMEを試したい場合は、 gnome-session をインストールして、ログインスクリーンの歯車から GNOME を選んでください。もしより多くのコアアプリをインストールしたい場合は、 vanilla-gnome-desktop メタパッケージをインストールしてください。

== Ubuntu Server ==

=== qemu 2.10 ===

Qemu has been updated to the 2.10 release.

Since the last version was 2.8 see both Changelogs of [[http://wiki.qemu.org/ChangeLog/2.9|2.9]] and [[http://wiki.qemu.org/ChangeLog/2.10|2.10]] for details.

Among many other changes there is one that might need follow on activity by the user/admin: Image locking is added and enabled by default. This generally makes execution much safer, but can break some old use cases that now explicitly have to opt-in to ignore/share the locks by [[https://git.qemu.org/?p=qemu.git;a=commit;h=335e9937|tools]] and [[https://git.qemu.org/?p=qemu.git;a=commit;h=459571f7|subcommands]] using the ''--force-share'' option or the [[https://git.qemu.org/?p=qemu.git;a=commit;h=dabd18f6|share-rw dqev property]].

=== libvirt 3.6 ===

Libvirt has been updated to version 3.6.
See the [[https://libvirt.org/news.html|Changelogs]] for details.

=== LXD 2.18 ===
LXD was updated to version 2.18.

Some of the top new features are:

 * Native Ceph RBD support
 * Support for cloud instance types
 * Preseeding of the "lxd init" questions through yaml
 * New client library
 * Improved storage handling (volume resize, auto re-mapping on attach, ...)
 * A lot of small improvements to the client tool

See the [[https://linuxcontainers.org/lxd/news/|Changelogs]] for details.

=== DPDK 17.05.2 ===

Ubuntu 17.10 includes the latest release of DPDK that has stable updates: 17.05.2.

See the [[http://dpdk.org/doc/guides/rel_notes/release_17_05.html|Release Notes]] as well as the stable release [[http://dpdk.org/ml/archives/announce/2017-June/000133.html|announcement stable .1]] [[http://dpdk.org/ml/archives/announce/2017-September/000144.html|announcement stable .2]] and for more detail.

This made it possible to integrate Open vSwitch 2.8.

=== Open vSwitch 2.8 ===

Open vSwitch has been updated to 2.8.

Please read the [[http://openvswitch.org/releases/NEWS-2.8.0|release notes]] for more detail.

Remember that since version 2.7 you need to specify dpdk devices via [[http://docs.openvswitch.org/en/latest/howto/dpdk/#ports-and-bridges|dpdk-devargs]].

Ubuntu サーバー

qemu 2.10

QEMUはリリース2.10に更新されました。

前回のリリースである2.8からの変更点は、2.92.10のChangelogを参照してください。

多くの変更点の中には、ユーザーや管理者が追加で対応が必要かもしれない項目も存在します:イメージのロック機能が実装され、標準で有効になりました。これは一般的にはより安全になる変更ではありますが、いくつかのユースケースにおいては明示的にロック機能を無効化する(イメージを共有する)オプションを設定しないと問題となりうる可能性があります。具体的にはツールサブコマンド--force-shareオプションを使うか、share-rw qdevプロパティを設定します。

訳注:オリジナルのdqevはqdevの間違い(コミットログから明らか)

ツール=qemu-img
サブコマンド=qemu-io

libvirt 3.6

Libvirtはバージョン3.6に更新されました。 詳細はChangelogsを参照してください。

LXD 2.18

LXDは2.18に更新されました。

主な新機能は次のとおりです:

  • ネイティブなCeph RBDのサポート
  • クラウドインスタンスタイプ機能のサポート
  • "lxc init"の設定項目をyamlで渡せるように
  • クライアントライブラリーの刷新
  • ストレージ操作の改善(ボリュームのリサイズ、アタッチ時の自動リマップなど)
  • クライアントツールのさまざまな改善

詳細はChangelogsを参照してください。

DPDK 17.05.2

Ubuntu 17.10では、DPDKの最新安定版17.05.2を導入しています。

詳細については、安定版の17.05.117.05.2のアナウンスに加えて、リリースノートを参照してください。

このリリースにより、Open vSwitch 2.8へ統合することが可能になりました。

Open vSwitch 2.8

Open vSwitchはバージョン2.8に更新されました。

詳細はリリースノートを参照してください。

バージョン2.7から、dpdk-devargsおりDPDKデバイスを指定しなくてはならないことを忘れないでください。

=== New Bind9 KSK ===

The DNS server bind9 was updated to include the new Key Signing Key (KSK) that was published on July 11, 2017. Starting on October 11, 2017, that key will sign the root zone key, which in turn is used to sign the actual root zones. For more details, visit:
  * [[https://www.isc.org/blogs/2017-root-key-rollover-what-does-it-mean-for-bind-users/|2017 Root Key Rollover – What Does it Mean for BIND Users]]
  * [[https://www.icann.org/resources/pages/ksk-rollover/|Root Zone KSK Rollover]]
Existing installations of bind9 should automatically update their anchor keys following RFC 5011, but new installations after the rollover event on October 11th, 2017, will need this new package or have the key updated manually.

=== cloud-init ===

The version was updated to [[https://launchpad.net/cloud-init/trunk/17.1|17.1]]. Notable new features include:

 * Python 3.6 support
 * Ec2 support for IPv6 instance configuration
 * Expedited boot time through cloud-id optimization
 * Support for netplan yaml in cloud-init
 * Add cloud-init subcommands collect-logs, analyze and schema for developers
 * Apport integration from cloud-init via ‘ubuntu-bug  cloud-init’
 * Significant unittest and integration test coverage improvements

New Bind9 KSK

DNSサーバーであるbind9は、2017年7月11日公開された新しいKey Signing Key(KSK)を取り込んだバージョンに更新されています。2017年10月11日以降はこのKSKがルートゾーンの鍵を署名し、その後そのルートゾーンの鍵が実際のルートゾーンを署名します。詳細は以下を参照してください:

既存のインストール済みのbind9については、RFC 5011に従って自動的に鍵がアップデートされるはずです。しかしながら2017年10月11日に行われるロールオーバー以降の新規リリースにおいては、この新しいパッケージに更新するか鍵を手動で更新する必要があります。

訳注:2017年10月11日に予定されていたKSKロールオーバーは2018年以降に延期されました。

cloud-init

バージョン17.1に更新されました。以下の新機能が導入されています:

  • Python 3.6サポート
  • IPv6設定されたEC2インスタンスのサポート
  • クラウドサービス検知の最適化による起動速度の高速化
  • cloud-initでのnetplan yamlのサポート
  • 開発者向けにcollect-logs、analyze、schemaサブコマンドの追加
  • 「ubuntu-bug cloud-init」経由でのApport機能の実装
  • 多くのユニットテスト、統合テストの導入によるカバレッジの改善

=== curtin ===

The version was updated to [[https://launchpad.net/ubuntu/+source/curtin/0.1.0~bzr519-0ubuntu1|0.1.0~bzr519-0ubuntu1]]. Notable new features include:

 * Network configuration passthrough for ubuntu and centos
 * More resilient UEFI/grub interaction
 * Better support for mdadm arrays 
 * Ubuntu Core 16 Support
 * Improved bcache support

=== Samba ===

Samba was updated to version [[https://www.samba.org/samba/history/samba-4.6.7.html|4.6.7]].

Noteable changes in the 4.6.x series include:

 * Multi-process Netlogon support
 * New options for controlling TCP ports used for RPC services
 * AD LDAP and replication performance improvements
 * DNS improvements

The OS Version for the printing server has been increased to announce Windows Server 2003 R2 SP2
ID mapping checks added to the testparm(1) tool. There are some ID mapping backends which are not allowed to be used for the default backend. Winbind will no longer start if an invalid backend is configured as the default backend.

curtin

バージョン0.1.0~bzr519-0ubuntu1に更新されました。以下の新機能が導入されています:

  • UbuntuとCentOSのネットワーク設定のサポート
  • より柔軟なUEFI/GRUB対応
  • mdadmサポートの改善
  • Ubuntu Core 16の対応
  • bcacheサポートの改善

Samba

Sambaはバージョン4.6.7に更新されました。

4.6.xシリーズにおける主な変更点は以下のとおりです:

  • Multi-process Netlogonのサポート
  • RPCサービスで使われるTCPポートの管理設定の追加
  • AD LDAPとレプリケーションのパフォーマンス改善
  • DNSの改良

プリントサーバーのOSバージョンとしてWindows Server 2003 R2 SP2をアナウンスするようになりました。

testparm(1)にIDマッピングのチェックが追加されました。デフォルトのIDマッピングバックエンドとして使うことが許可されていないバックエンドがいくつか存在します。不正なバックエンドがデフォルトのバックエンドとして設定されていると、Winbindは起動しないようになりました。

= Known issues =

As is to be expected, with any release, there are some significant known bugs that users may run into with this release of Ubuntu 17.10.  The ones we know about at this point (and some of the workarounds), are documented here so you don't need to spend time reporting these bugs again:

既知の問題

予想される通り、あらゆるリリースと同じように、今回のUbuntu 17.10のリリースにもユーザーが陥りそうな重大な既知の不具合がいくつか存在します。現時点で判明している不具合(およびいくつかの回避策)をここに記録しておきます。これらの不具合については、再度報告する必要はありません。

== Desktop ==

  * Bluetooth audio devices cannot be used in the Greeter.  This will cause issues for people using the accessibility features such as screenreaders at the login screen.  Once logged in everything should work as expected.

  * Some admin utilities will not work with GNOME on Wayland since the apps have not been adapted to use PolicyKit to only use admin privileges for the specific functions needed. Also, some screenshot and screencast apps and all remote desktop server apps do not currently work on GNOME on Wayland. As a workaround, you can use the Ubuntu on Xorg session. For more details read upstream notes about [[https://fedoraproject.org/wiki/How_to_debug_Wayland_problems#Known_issues.2C_frequent_complaints.2C_fundamental_changes|known issues and major changes]].

  * Exiting the live session may get stuck with a "A start job is running for " error. You may need to forcefully power off the computer if you see this. (Bug:1706939)

  * The Dock and Appindicator system extensions appear to be Off in tools like GNOME Tweaks. (They are on but cannot be disabled because they are system extensions for the Ubuntu session.) (Bug:1718850)

  * Mouse & Touchpad settings and behavior will not work right in the Ubuntu desktop if `xserver-xorg-input-synaptics` is installed. Some desktop environments such as Unity require `xserver-xorg-input-synaptics`. (Bug:1686081)

  * The screen reader is not working for the Ubuntu installer from the menu 'Install Ubuntu' (Bug:1719995) but it works fine when the installer is started from the live session.

  * The Color Emoji feature of GNOME 3.26 is not available in Ubuntu 17.10.

  * Tracker is not installed by default. When installed, you must log out and log back in for the tracker service to start (Bug:1697769)

  * Opening the Users panel in Control Center is slow.

  * Systems may fail to boot when connected over DisplayPort to an external screen, on NVidia graphics hardware such as the GTX970 chipset. (Bug:1723619)

  * When an external monitor is connected to a laptop, the login screen is only displayed on the internal one and in some case is not visible (Bug:1723025)

  * The warning dialog when a user force a UEFI installation does not respond to input event and the installation is then blocked at this stage (Bug:1724482) Avoid yourself some troubles and do not force a UEFI installation without a UEFI partition, grub-installer will fail anyway.

  * Doing an "Entire disk" installation over an existing LVM installation will fail because the installer selects the wrong boot device (Bug:1724417) Use custom partitioning instead and manually select the right boot device in the combo box.

Desktop

  • GreeterでBluetoothオーディオデバイスを使用できません。これはログイン画面でスクリーンリーダーのようなアクセシビリティ機能を使っているユーザーにとって問題となりえます。一度ログインすれば、すべて想定通りに動くはずです。
  • Wayland上のGNOMEではいくつかの管理者ツールが動作しません。これは管理者権限が必要な機能のためにPolicyKitを使うように実装されていないためです。一部のスリーンショットアプリやスクリーンキャストアプリ、すべてのリモートデスクトップサーバーもWayland上のGNOMEでは動作しません。回避手段として、Ubuntu on Xorgセッションを利用できます。詳細については、アップストリームのリリースノートにある既知の不具合と大きな変更点を参照してください。

  • ライブセッションを終了すると「A start job is running for」エラーで固まることがあります。遭遇した場合は、強制的にコンピューターの電源を落としてください。(Bug:1706939)

  • DockとAppindicatorのシステム用の拡張機能はGNOME Tewaksのようなツールからは「オフ」になっているように見えます。(これらはオンになってはいますが、無効化できません。Ubuntuセッションにおけるシステム用の拡張機能だからです)。(Bug:1718850)

  • xserver-xorg-input-synapticsがインストールされている場合、Ubuntuデスクトップにおいてマウスとタッチパッド設定はうまく動作しません。Unityのようないくつかのデスクトップ環境においては、xserver-xorg-input-synapticsが必要になります。 (Bug:1686081)

  • 「Ubuntuをインストール」メニューからUbuntuインストーラーを起動した場合、スクリーンリーダーが動作しません(Bug:1719995)。しかしながら、ライブセッションからインストーラーを起動した場合は動作します。

  • GNOME 3.26のカラー絵文字機能はUbuntu 17.10では利用できません。
  • Trackerは標準ではインストールされません。インストールしたら、trackerサービスを起動するために一度ログアウトして、ログインしなおしてください。(Bug:1697769)

  • コントロールセンターで「ユーザー」パネルを開くと動作が緩慢になります。
  • GTX970チップセットのようなNVidiaグラフィックスハードウェアを使用している状態で、DisplayPort経由で外部スクリーンに接続しているとシステムの起動に失敗します。(Bug:1723619)

  • ラップトップに外部モニターを接続していると、ログイン画面はラップトップ側のスクリーンにのみ表示されるか、いくつかのケースでは表示されないことがあります。(Bug:1723025)

  • 「UEFIインストールを強行する」という警告ダイアログが入力イベントに対して応答がなくなり、この状態でインストーラーが固まります(Bug:1724482)。このような問題を回避するために、UEFIパーティションがない状態では、UEFIインストールを行わないでください。grub-installerが失敗します。

  • 既存のLVMインストールされたシステムに対してインストール時に「ディスク全体を使う」を使用すると、インストーラーが間違ったブートデバイスを選択し失敗します(Bug:1724417)。代わりにカスタムパーティショニングを選択した上で、コンボボックスから手動で正しいブートデバイスを選択してください。

== Server ==

 * On s390x architecture, in KVM virtual machines interface names are not preserved on upgrade, and new predictable interface names are used. This will result in lack of network connectivity due to incorrect names in `/etc/network/interfaces`. An upgrade SRU to preserve `ethX` interface names is being prepared. (Bug:1682437)

 * Partitioning step allows to configure LVM across multiple devices without requiring to setup a separate /boot partition. This may lead to failure to install the bootloader at the end of the installation, and failures to boot the resultant installations. (Bug:1680101)

 * LVM configuration cannot be removed when volume groups with the same name are found during installation. Partitioner does not support installation when multiple conflicting/identical volume groups have been detected. For example reinstalling Ubuntu with LVM across multiple disk drives that had individual LVM installations of Ubuntu. As a workaround, please format disk drives prior to installation, or from the built in shell provided in the installer. (Bug:1679184)

 * cio_ignore blacklist is no longer active after installation, because not all install-time parameters, like cio_ignore (s390x), are propagated to the installed system. Workaround is to edit /etc/zipl.conf to apply these and re-run sudo zipl to update the IPL. (Bug:1571561)

Server

  • s390xアーキテクチャーでは、KVM仮想マシンのインターフェース名がアップグレード前後で維持されず、新しいPredictable Interface Nameが使われます。この結果として、/etc/network/interfacesで不正な名前が使われることになり、ネットワークが切断されます。ethXなインタフェース名を維持するようSRUによるアップデートを準備中です。(Bug:1682437)

  • パーティショニング設定において、/bootパーティションを分離することなく複数のデバイスにまたがったLVM設定を行えてしまいます。これにより、インストールの最後でブートローダーのインストールが失敗してしまい、結果的に起動にも失敗することになります。(Bug:1680101)

  • 同じ名前のボリュームグループがインストール中に見つかった場合、LVMの設定を削除できません。Partitionerは複数の同じ名前で衝突するボリュームグループを検知した場合のインストールをサポートしていません。これは例えば個別にUbuntuのLVMインストールを行ったディスクドライブを複数接続した状態で、Ubuntuを再インストールしようとしたときに遭遇します。回避策としてインストールの前か、もしくはインストーラーに組み込みのシェルを用いて、ディスクドライブをフォーマットしてください。(Bug:1679184)

  • cio_ignoreブラックリストはインストール後に有効化されなくなりました。cio_ignore (s390x)のようなインストール時のパラメーターがすべて、インストール後のシステムに反映されるわけではないからです。回避策は/etc/zipl.confを編集し、IPLを更新するためにsudo ziplを再実行することです。(Bug:1571561)

== Printing ==

  * USB printers do not get set up automatically and IPP-over-USB does not work at all. Please set up your USB printer using "Devices"/"Printers" in the GNOME Settings. If possible, especially for driverless printing, connect your printer via network (Ethernet or Wi-Fi) or wait to upgrade to 17.10 until the problem gets fixed (Bug:1721839).

##== Graphics and Display ==

##== Networking ==

##== Kernel ==

<<BR>>

プリンター

  • USBプリンターは自動的に設定されず、IPP-over-USBはまったく動作しません。GNOME設定の「デバイス」の「プリンター」からUSBプリンターを設定してください。可能であれば、特にドライバーレスプリンティングにおいては、プリンターをネットワーク(EthernetやWi-Fi)に繋ぐか、この問題が修正されるまで17.10へのアップグレードを保留してください。(Bug:1721839)


= Official flavours =

The release notes for the official flavours can be found at the following links:
 * Kubuntu [[https://wiki.ubuntu.com/ArtfulAardvark/ReleaseNotes/Kubuntu]]
 * Lubuntu [[https://wiki.ubuntu.com/ArtfulAardvark/ReleaseNotes/Lubuntu]]
 * Ubuntu Budgie [[https://ubuntubudgie.org/blog/2017/09/25/17-10-release-notes]]
 * Ubuntu Kylin [[https://wiki.ubuntu.com/ArtfulAardvark/ReleaseNotes/UbuntuKylin]]
 * Ubuntu MATE [[https://ubuntu-mate.org/blog/ubuntu-mate-artful-final-release/]]
 * Ubuntu Studio [[https://wiki.ubuntu.com/ArtfulAardvark/ReleaseNotes/UbuntuStudio]]
 * Xubuntu [[http://wiki.xubuntu.org/releases/17.10/release-notes]]

<<BR>>

公式フレーバー

公式フレーバーの各リリースノートは、以下のリンクで参照できます:


= More information =

=== Reporting bugs ===

Your comments, bug reports, patches and suggestions will help fix bugs and improve the quality of future releases. Please [[http://help.ubuntu.com/community/ReportingBugs|report bugs using the tools provided]].

If you want to help out with bugs, the [[http://wiki.ubuntu.com/BugSquad|Bug Squad]] is always looking for help.

=== Participate in Ubuntu ===

## These images were able to be made available to you thanks to the help of our [[https://wiki.ubuntu.com/SaucySalamander/TechnicalOverview/Beta1/Testers|QA Community]].

If you would like to help shape Ubuntu, take a look at the list of ways you can participate at

 https://community.ubuntu.com/contribute

=== More about Ubuntu ===

You can find out more about Ubuntu on the [[https://www.ubuntu.com|Ubuntu website]] and [[https://wiki.ubuntu.com|Ubuntu wiki]].

To sign up for future Ubuntu development announcements, please subscribe to Ubuntu's development announcement list at:

 https://lists.ubuntu.com/mailman/listinfo/ubuntu-devel-announce

より詳しい情報

バグレポート

あなたのコメントやバグレポート、レポートへのコメント・パッチの投稿・提案は、バグの修正や将来のリリース品質の改善につながります。ツールを用いてバグを報告してください

バグの修正を通じて貢献したいのであれば、Bug Squadページが役に立つでしょう。

Ubuntuに参加するには

Ubuntuを支援したいのであれば、以下の支援できる方法の一覧に目を通してみてください。

Ubuntuに関して

Ubuntuに関するより詳しい情報は、UbuntuのWebサイトUbuntu wikiを確認してください。

Ubuntuの開発に関するアナウンスを受け取るには、Ubuntu開発アナウンスメーリングリストを購読してください。

UbuntuJapaneseWiki: ArtfulAardvark/ReleaseNotes/Ja (最終更新日時 2018-04-30 01:18:27 更新者 Akira Tanaka)