前回9/8のアクションアイテム

  • 議題の書き方をテンプレートとして定義する(hito)
    • まだ
  • www.ubuntulinux.jpにFeedのたぐいをつける(jkbys)
    • まだ
  • フォーラムのCSSを書き直す(pores_n)
    • まだ
  • Karmicの翻訳の優先順位付け(see /20090826)(shibata)

    • まだ
  • 翻訳における「ちょっとした質問」が出来る場所を検討する(see /20090826)(shibata)

    • まだ
  • 「何から翻訳すればいいのか」の導入(see /20090826)(shibata)

    • まだ
  • OSC Tokyo/Fall参加ページ(hito)
  • Disk Utilityの翻訳レビュー(shibata)
    • 済み?
  • Jaunty-proposedに来ているテスト版lang-packのQA(kuromabo,hito)

Karmicの開発

  • https://wiki.ubuntulinux.jp/Develop/Karmic

    • 日本語セットアップヘルパ関連
      • 「デフォルトで入っているとうれしいパッケージ」を導入する機能が欲しいので追加する(hito)
      • 必要なパッケージは?
        • Adobe Reader, Flash, poppler-data
        • lv, ubuntu-restricted-extra, ttf-ipafont, otf-ipafont, leafpadは候補にあがったが落選。

Japanese Team Member選任プロセス

フォーラムの運用

  • http://logs.ubuntu-eu.org/freenode/2009/09/08/%23ubuntu-jp.html の続き

    • 前回出た案
      • a. CoCをきっちり説明しなおす
      • b. 「エサやるなルール」
        • 『挑発』されたコメントは管理者側で速やかに削除等の措置を行う
        • ただし「どうしてこれが削除されないんだ」という不透明感が残る
      • c. フォーラムという「コミュニケーションを強いる」形が「初心者」対象の場所としては微妙かもしれない
        • 誰でも「最初の投稿」を修正できるようにする(bugs.LPのように)
    • 前回出たが否定された案
      • 「守ってほしい」ルールを追加する
        • 「守って欲しい人」(意図的ではないが、今問題を起こしている人々)は結局守ってくれないので意味がない。
        • 意図的に行うのであれば、見かけ上守る状態にすることも、見かけ上守っている状態で問題を起こす事も容易。
    • 前回出てきた状況認識
      • 「荒れた」状態のトピックでは、「感情的な表現を用いないでください」ルールが、「冷静な人」を追い払う形で機能しているかもしれない。
      • ルールを守ってる人は何も言わないから、ルールを破ってる人の声だけが大きいかもしれない。
      • おそらく質問者・回答者ともに「未知の相手とのコミュニケーションの未熟さ」が問題の一端を担っている。
  • 今回の議題
    • 頻繁に注意・削除しても1週間保たない。
      • また『広義の挑発』vs『挑発への反応』になっている。
    • Post approval queueを作るのはどうか?
      • 賛成:システムとしては機能しそう
      • 反対:人的リソースが大量に必要
        • 希望者を募れば回るかもしれない?
        • が、現状では特に結論出ず。
    • 現状認識として、現在次の3点が上げられる。
      • (1) なにもしないと悪化するだけ(自浄作用は期待できないというか、そもそも自浄作用の暴走なので悪化して当然)。
      • (2) 管理者側でどのような介入をしても不満は溜まる。
      • (3) 一時的介入では1週間も効果がない。
  • 最終的にどうするか?
    • 今どうする?
      • 以下の「これから」の対処を検討する時間が必要。
      • また、抑止力になることが期待される先週・今週分のログ&ダイジェストを流すことでも改善することが期待される。
      • 管理者からアナウンスを行い、以下の削除規約に基づいた厳密な対処を行う。
    • (暗黙の)削除方針は変更しなくて良い?
      • -> 以下の「3」は副作用が大きすぎるので撤回。削除はせずに注意は行う。また、この変更に伴って、削除ではなく注意を中心にした処遇に切り替える。「明確な罵倒・侮辱」は削除、「他の投稿者を馬鹿にする行為」には注意、という基準に修正。

      1.明確に悪質であると断定できるものは、管理者の判断で対処を行う。
      2.それ以外のものは、「管理者に報告」で報告が寄せられ、管理者が妥当と判断した場合に措置を行う。
      3.明確に悪質であるが、しかし、すでにフォーラム上で他の投稿者から何らかの反応が寄せられている場合
      (特に引用が行われている場合)は、重篤な場合を除いて措置しない。
    • これからどうする?
      • 「他の人をたしなめたい人」には手を挙げてもらい、「ユーザー」とは違う名称(Ubuntero?)のアカウントに切り替える
      • 「手を挙げていない」ユーザーによる「たしなめ」は一律で削除。
      • 「手を挙げた」ユーザーには利用規約を遵守することが求められる。
        • 違反する場合は一般ユーザーにアカウントを戻す。
      • このルールを適用するには多くの考慮すべきことがある。
        • 「捨てアカ」を取得して攻撃された場合は?
        • 「困った行動に出る人が居直る」場合は?
          • Ubunteroとして宣言していない場合は不許可。
        • -> これらへの対処をふまえて来週さらに議論する。

UbuntuJapaneseWiki: IRCMeeting/20090915 (最終更新日時 2012-01-10 11:49:24 更新者 匿名)