前回12/1のアクションアイテム

  • 議題の書き方をテンプレートとして定義する(hito)
  • 翻訳における「ちょっとした質問」が出来る場所を検討する(see /20090826)(shibata)

  • 「何から翻訳すればいいのか」の導入(see /20090826)(shibata)

Japanese Teamのメンバ選任プロセスの確認

Lucid(以降)での翻訳体制の基本方針

  • モデレーションチームに移行する?
    • 敷居の低さや「やりがい」的な面では、Open Teamの方が良い。
      • 本当にModerationにすると敷居が高くなるか、という意味では若干微妙。「慣れた人がレビューするから安心して投稿せよ」というモデルになるかもしれない。
    • が、慣れていない翻訳者が翻訳をコミット→慣れていない翻訳者がレビュー、という流れで発生する、誤訳や妥当でない訳語を回避しきれない。
    • 「レビュアを慣れている人で構成する」目的でのモデレーションチームを提案。
      • なんらかの方法で、「コミットされた翻訳を(慣れている人が)一括でフルレビュー」することができるならOpen Teamでも良い。
  • -> モデレーションチームへのTransitionそのもののコストは許容範囲、という点で合意。

  • -> 「モデレーションチームにすることによるデメリット」も、メリットが十分に上回ることが期待できる、という点で合意。

    • => 基本的に合意。

    • 具体的な運用ルールやスタート時点でのメンバは別途来週。
      • 案:「既存のコミッタ3人以上のOKがあれば可、反対があった場合は要審議」
      • => 残りは来週。

UbuntuJapaneseWiki: IRCMeeting/20091208 (最終更新日時 2012-01-10 11:49:10 更新者 匿名)