• Readme.Debian
    • This file is used to document changes that you have made to the original upstream source that other people might need to know or information specific to Debian or Ubuntu.
    • このファイルには、オリジナルの上流のソースアーカイブに加えられた修正に関する説明を記述します。人々がDebianやUbuntu特有の情報を知る必要がある場合に参考になるでしょう。
  • conffiles.ex
    • If the package installs a configuration file, when the package is upgraded dpkg can prompt a user whether to keep his or her version if modified or install the new version. Such configuration files should be listed in conffiles (one per line). Do not list configuration files that are only modified by the package or have to be set up by the user to work.

    • パッケージが設定ファイルをインストールしていて、dpkgによってそのパッケージをアップグレードするとき、既存の設定ファイルを書き換えるかどうかを尋ねることができます。そのため、設定ファイルとして扱うファイルはconffilesの中で(一行ずつ)明示すべきです。設定ファイルの中に明示されないファイルは、パッケージによってのみ修正されるか、ユーザの作業によってのみ設定されるべきでしょう。

  • cron.d.ex
    • If your package requires regularly scheduled tasks to operate properly, you can use this file to configure it. If you use this file, rename it to cron.d.

    • パッケージが、定期的に適切な操作を行わなければならない場合、このファイルを使ってその設定を行うことができます。このファイルを使う場合は、名前をcorn.dに変更してください。

  • dirs
    • This file specifies the directories that are needed but the normal installation procedure (make installapplication) somehow doesn't create.

    • このファイルでは、必要だけれども、一般的なインストール方法(make installなど)では作成されないディレクトリを指定します。

  • docs
    • This file specifies the filenames of documentation files that dh_installdocs will install into the temporary directory.

    • このファイルでは、dh_installdocsによって一時ディレクトリにインストールされるドキュメントファイルの名前を指定します。

  • emacsen-*.ex
    • This file specifies Emacs files that will be bytecompiled at install time. They are installed into the temporary directory by dh_installemacsen.

    • インストール時にバイトコンパイルされるEmacsファイルを指定します。それらのファイルはdh_installemacsenによって、一時ディレクトリにインストールされます。

  • init.d.ex
    • If your package is a daemon that needs to be run at system startup rename this file to init.d and adjust it to your needs.

    • そのパッケージがデーモンを提供し、システム起動時に実行する必要がある場合は、このファイルの名前をinit.dに変更し、必要に合わせて修正して利用します。

  • manpage.1.ex and manpage.sgml.ex
  • manpage.1.ex と manpage.sgml.ex
    • These files are templates for man pages if the package does not already have one.

    • これらのファイルは、パッケージにmanページファイルがまだ存在しない場合、そのテンプレートとして利用できます。

  • menu.ex
    • This file is used to add your package to the Debian menu. Ubuntu does not use Debian menu files but uses the freedesktop.org standard .desktop files.

  • このファイルは、パッケージをDebianメニューに追加するために利用できます。Ubuntuでは、Debianメニューファイルを利用しませんが、freedesktop.orgに準拠した.desktopファイルを利用します。

  • watch.ex
    • The package maintainer can use the uscan program and a watch file to check for a new upstream source tarball.

    • パッケージメンテナはuscanプログラムとwatchファイルを使って、上流に新しいソースアーカイブが存在しないかどうかを確認することができます。

  • ex.package.doc-base
    • This file is used to register your package's documentation (other than man and info pages) with doc-base.

    • このファイルは、パッケージのドキュメント(maninfo以外)をdoc-baseに登録するために使われます。

  • postinst.ex, preinst.ex, postrm.ex, and prerm.ex
    • These maintainer scripts are run by dpkg when the package is installed, upgraded, or removed.

    • これらのメンテナスクリプトは、dpkgによってパッケージがインストール・アップグレード・削除されるときに実行されます。

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuPackagingGuideJa/appendix-examples (最終更新日時 2012-01-10 11:49:13 更新者 匿名)