make変数には次のようなものもあります:

LIB - this is the name of the library, also used to construct the .a target (e.g lib$(LIB).a)

LIB - ライブラリの名前で、.aターゲットにも使えます(例、lib$(LIB).a)。

$(LIB)DEPENDS_ON_LIBS - This is the list of libraries that this library DIRECTLY depends on. Usually it should be ok looking for #include fields checking if this lib directly depends on another library.

$(LIB)DEPENDS_ON_LIBS - そのライブラリが「直接」依存するライブラリの一覧です。通常は#includeフィールドを検索し、そのライブラリが別のライブラリに直接依存しているかどうかを確かめます。

$(LIB)PUBLIC_HEADERS - the list of header files contained within this library that should be copied when the library is built or released.

$(LIB)PUBLIC_HEADERS - そのライブラリがビルドもしくはリリースされるときに、コピーされるべきライブラリに含まれるヘッダファイルの一覧です。

$(LIB)PRIVATE_HEADERS - the list of header files contained within this library that should NOT be copied when the library is built or released.

$(LIB)PRIVATE_HEADERS - そのライブラリがビルドもしくはリリースされるときに、コピーされる「べきでない」ライブラリに含まれるヘッダファイルの一覧です。

$(LIB)SRCS - the list of source files contained within this library.

$(LIB)SRCS - そのライブラリに含まれるソースファイルの一覧です。

$(LIB)INC - the path used to search for include files.

$(LIB)INC - includeファイルを検索するときに使われるパスです。

$(LIB)DIR - base directory for the library

$(LIB)DIR - そのライブラリのフルパスのディレクトリ部分です。

$(LIB)HEADER_PREFIX - the prefix that should be used when referencing a library header file using #include

$(LIB)HEADER_PREFIX - #includeでライブラリヘッダファイルを参照するときに使われるプレフィックスです。

$(LIB)USER_FFLAGS - FORTRAN compiler flags

$(LIB)USER_FFLAGS - FORTRANコンパイラに指定するフラグです。

$(LIB)USER_CFLAGS - C compiler flags

$(LIB)USER_CFLAGS - Cコンパイラに指定するフラグです。

`$(LIB)USER_CXXFLAGS - C++ compiler flags

`$(LIB)USER_CXXFLAGS - C++コンパイラに指定するフラグです。

Environment variables used within all makefiles:

すべてのmakefileで使われる環境変数は次のようになっています:

Flags :

フラグ:

ARCH_CFLAGS - C compiler flags

ARCH_CFLAGS - Cコンパイラに指定するフラグです。

ARCH_CXXFLAGS - C++ compiler flags

ARCH_CXXFLAGS - C++コンパイラに指定するフラグです。

ARCH_FFLAGS - flags to the FORTRAN compiler

ARCH_FFLAGS - FORTRANコンパイラに指定するフラグです。

Compilers :>

コンパイラ:

CXX - C++

CC - C

FF - FORTRAN

Other variables :

その他の変数:

RELEASE_DIR - it determines where where to release an application when "release" target has been definied

RELEASE_DIR - "release"ターゲットが定義されたとき、アプリケーションをリリースする場所を指定します。

RM - usually used to remove one or more files

RM - 一つ以上のファイルを削除するときに使われます。

CP - usually used to copy one or more files

CP - 一つ以上のファイルをコピーするときに使われます。

USEPURIFY - if set to anything, then the purify linker is used

USEPURIFY - 設定された場合、purifyリンカが使われます。

USEQUANTIFY - if set to anything, then the quantify linker is used

USEQUANTIFY - 設定された場合、quantifyリンカが使われます。

XRTHOME - used to find path for XRT authorization

XRTHOME - XRT authorizationのパスを検索するために使われます。

The developer is able to choose from two other variables that will semplify his work:

作業を簡単にするために、開発者は二つの変数から選ぶことができます:

$(CURDIR)

This variable substitute the building folder (usually used in debian/rules file), to avoid errors while building the final package.

この変数は、パッケージのビルドで失敗しないように、(通常、debian/rulesファイルで使われる)ビルドディレクトリに置き換えられます。

DESTDIR

This variable defines which will be the destination directory to make install applications files,for example, inside install target in debian/rules.

この変数は、例えばdebian/rulesのinstallターゲットで指定されているような、アプリケーションのファイルをmake installするディレクトリを指定します。

Other informations about variables can be found here: http://www.gnu.org/software/make

変数に関するその他の情報は次のサイトで見ることができます:http://www.gnu.org/software/make

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuPackagingGuideJa/ch04s02 (最終更新日時 2012-01-10 11:49:22 更新者 匿名)