訳注:ここで例示されるターゲットの先頭文字は大文字だったり小文字だったりしています。「一からパッケージングする」セクションの、debian/rulesの例では小文字で統一されているため、日本語で説明する場合はすべて小文字に統一しています。

Let's move to describe each other target inside debian/rules file starting to understand what is, and why every rule is needed for a correct package build:

正しくパッケージをビルドするにはどのルールがなぜ必要なのかを理解するために、debian/rulesの他のターゲットについても見ていきましょう:

build takes care to perform all the configuration and compilation of the package. Usually this target is anticipated by configure/config one, that allows to configure source files before building them. Usually quite all applications contains their own configure script, that will be launched in config.status target under commands sections anticipated by a comment line:

ビルドでは、パッケージの設定とコンパイルを行います。通常、このターゲットではまず、ソースをビルドする前に設定を行うconfigure/configターゲットが呼ばれます。また、ほとんどすべてのアプリケーションは独自のconfigureスクリプトを持っていて、config.statusターゲットにある以下のコメントの下のコマンドセクションで実行されます:

Add here commands to configure the package.

Strictly related to build target are build-arch and build-indep, both of them are optional and can be dropped if not needed.

厳密にbuildターゲットに関係しているのはbuild-archとbuild-indepで、両方とも必要でなければ省略することができます。

build-arch

It takes care of configurating and compiling required for creating architecture-dependant binary packages, if the Architecture section is debian/control is not set to all.

debian/controlのArchitectureセクションがallでない場合、アーキテクチャに依存したバイナリパッケージを作成するために必要な設定とコンパイルを行います。

build-indep

Similarly to build-arch perform the configuration/compilation required for creating architecture-independent binary packages, if the Architecture section in debian/control is set to all.

build-archに似ていますが、debian/controlのArchitectureセクションがallの場合、アーキテクチャに依存しないパッケージを作成するために必要な設定とコンパイルを行います。

Binary target

binaryターゲット

Takes care (must be invoked as root) of everything related to creating the binary package produced from source files. Usually it's a target with no commands to be specified, it's simply based on binary-arch and binary-indep dependencies, listed here:

ソースファイルからバイナリパッケージを作成するために必要なすべてのことを(必ず管理者権限で)実行します。通常このターゲットではコマンドを指定せず、以下のbinary-archとbinary-indepターゲットに依存するだけになります:

binary-arch

Builds the binary packages which are specific to a particular architecture. Depends on build and install targets.

アーキテクチャに固有のバイナリパッケージをビルドします。buildターゲットとinstallターゲットに依存しています。

binary-indep

Builds the binary packages which are -not- specific to a particular architecture. Depends on build and install targets. Both the Binary-arch and Binary-indep must exist, they *cannot* be dropped, also if one of them has nothing to do with the package, a developer is currectly working on.

アーキテクチャに依存「しない」バイナリパッケージをビルドします。buildターゲットとinstallターゲットに依存します。Binary-archとBinary-indepは必須のターゲットで、もし現在作業中のパッケージに対してすることが何もなくても、省略することは「できません」

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuPackagingGuideJa/ch04s04 (最終更新日時 2012-01-10 11:49:20 更新者 匿名)