Let's move to talk about the target responsible for installing procedures, named install. Here it is how install target looks like:

インストール作業を担うinstallターゲットについての話にうつりましょう。次のようなinstallターゲットについて見ていきます:

install: build 
dh_testdir 
dh_testroot 
dh_clean -k 
dh_installdirs 

Add here commands to install the package into debian/foo.
$(MAKE) DESTDIR=$(CURDIR)/debian/foo install 

Install target depends on build target, explained above. Let's get closer to the commands listed in the previous example:

installターゲットは以前説明したbuildターゲットに依存しています。上記の例に沿って、各コマンドについて詳しく説明していきます:

dh_clean -k

In this case, dh_clean specifies the -k option, that prevent debian/dirs file to get deleted. This is necessary to be used anytime you have a debian/rules that has 2 binary targets that build different .deb packages. (e.g packaging libraries, one build target packages the shared libraries, other one -dev package.)

今回の場合、dh_cleanに-kオプションが指定されています。これは、debian/dirsファイルが削除されることを防ぎます。debian/rules中にバイナリターゲットが二つあり、異なる.debパッケージを作成する場合は必須になります(例、ライブラリパッケージで、共有ライブラリのパッケージと、-devパッケージを作成する場合)。

dh_installdirs

This command (part of debhelper) perform the creation of subdirectories in package build directories.

このコマンド(debhelperの一部)はパッケージのビルドディレクトリの中にサブディレクトリを作成します。

Note: dh_destdir and dh_testroot are explained above.

注:dh_destdir(訳注:おそらくdh_testdir)とdh_testrootは前のセクションで説明しました。

After executing this commands, the developer will be free to add any other command to install the package after the specified comment:

このコマンドを実行したあとは、次のコメントの位置に、パッケージをインストールするための他のコマンドを自由に追加することができます:

Add here commands to install the package into debian/foo.

In our case, by default is specified that the package will be installed inside debian/foo, taking foo as the name of the package we are creating. It will make install all files previously configured by the configure/config.status target and compiled by the build target into DESTDIR variable, that can be modified by the developer to suit his needs. Like the clean target, the folder that contains sources files need to be specified not using the local uri, e.g /home/bar/foo/debian/foo but using the $(CURDIR) variable, recognized universally by build systems like pbuilder.

今回の場合、fooは作成しようとしているパッケージ名で、パッケージはデフォルトでdebian/fooの中にインストールされます。configure/config.statusターゲットで設定され、buildターゲットでコンパイルされたすべてのファイルが、DISTDIR変数で指定されるディレクトリにインストールされます。この変数は必要に合わせて変更可能です。cleanターゲットのように、ソースファイルを含むフォルダは、pbuilderのようなビルドシステムでも認識できるように、例えば/home/bar/foo/debian/fooのようなローカルなURIではなく、$(CURDIR)のような変数を使う必要があります。

Install target allows the developer to launch debhelper's scripts that will install and place every file in the correct location. I suggest you to check debhelper or dh_- scripts man page available by running man command in a terminal followed by man page section (1-8) and application name (e.g man 1 dh_-).

installターゲットでは、すべてのファイルを正しい場所にインストールするためにdebhelperスクリプトを使うことができます。debhelperやdh_-スクリプトのmanページを確認することを提案します。端末でmanページのセクション番号とアプリケーションの名前を指定して実行することで、閲覧できます(例、man 1 dh_-)。

<=

=>

cleanターゲット

installターゲット

PHONYターゲット

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuPackagingGuideJa/ch04s06 (最終更新日時 2012-01-10 11:49:20 更新者 匿名)