Picprogとは

Picprogは、Microchip社によって生産されているマイクロコントローラー「PIC」にプログラムを書き込むためのツールです。

Picprog公式サイト: http://hyvatti.iki.fi/~jaakko/pic/picprog.html

PicprogはUbuntuリポジトリからインストールできます。

パッケージ名

picprog

インストール

AptURL(ヘルプ)

クリック

ほかの方法

Picprogで書き込むためのライタデバイス

PicprogはRS232Cシリアル通信を利用してプログラムを書き込みます。

接続対応表

RS232Cポート名

PICポート名

TxD

MCLR(プログラミング電圧: 約12V)

RTS

PGC

DTR

PGD(出力)

CTS

PGD(入力)

各端子はTTLレベルで通信させますが、MCLR端子だけにはプログラミング電圧(約12V)を掛けます。

参考: http://hyvatti.iki.fi/~jaakko/pic/picprog.html#3

最近のパーソナルコンピュータにはRS-232Cポートが搭載されていない場合が多いですが、FT232RL等のUSB-RS232C変換ICを使うことでTTLレベルでのRS232C通信が行えます。また、電源をUSBから供給する場合は、MAX662A等を使うことでプログラミング電圧に昇圧できます。

picprogの使い方

Picprogはコマンドベースのソフトウェアです。端末の使い方はここを参照してください。

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuTips/Application/Appli_Electronics/picprog (最終更新日時 2012-01-10 11:49:23 更新者 匿名)