• 対象とするUbuntuのバージョン

    • 10.04 LTS Lucid Lynx
    • 10.10 Maverick Meerkat

はじめに

Mozilla Firefoxは、2011年3月にリリースされたメジャーバージョン4からリリースサイクルが短くなり、6月にバージョン5、8月にバージョン6がリリースされました。 これは、日々進歩しているWebの技術に追従するためであり、メジャー番号が増えるということは新機能が搭載されることを意味します。

これに対し、新機能を搭載せずにセキュリティーの修正だけを加えたバージョンも存在し、現時点(2011年9月)でバージョン3.6.21がリリースされています。 Ubuntu 10.04、10.10にはバージョン3.6.21が供給されています。

一方で、Mozillaは一般ユーザーにメジャーバージョン番号が最も新しいものを使うことを推奨しています。 (現時点ではメジャーバージョン4以降に対するセキュリティアップデートのみを含む更新は検討されていません。)

ここでは、Launchpadの「Mozilla Team」が提供しているPPA(Personal Package Archive)を登録することで、メジャーバージョン番号が最も新しいFirefoxを利用する方法を説明します。

注意: PPAからダウンロードしたパッケージはUbuntuのサポート対象外となります。また、場合によってはパッケージ同士の依存関係に問題が発生することがあるようです。以下は個人の責任で行なって下さい。

方法

  1. まず、「Mozilla Team」のPPAを登録し、パッケージをここからダウンロードできるようにします。

    端末」を開き、以下を実行します。

     $ sudo apt-add-repository ppa:mozillateam/firefox-stable
  2. 次にアップデートマネージャを使うか、端末で以下を実行すると最新のFirefoxに更新されます。
     $ sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade
  3. 環境によってはFirefoxの言語が英語になることがあります。以下を実行してFirefoxの日本語の言語パックをインストールして下さい。。
     $ sudo apt-get install firefox-locale-ja

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuTips/Application/Appli_Internet/Firefox/NewestVersion (最終更新日時 2012-01-10 11:49:24 更新者 匿名)