• 対象とするUbuntuのバージョン

    • すべて

はじめに

Windows とのデュアルブートを目指してインストールして、Grubのインストールに失敗した場合等に、元々あった Windows も起動できなくなったり、メーカー特有のユーティリティが起動できなくなったりする場合があります。そんな場合に備えて、あらかじめ以下の操作でバックアップを行っておくと、問題発生時に解決しやすい場合があります。
ただし、バックアップしたファイルからの書き戻しには注意が必要ですので、よく理解してから行うようにしてください。心配なら、Ubuntu日本語フォーラムで、MBR のバックアップを取ったことを明記して質問すれば良いでしょう。
また、Windows も Ubuntu も両方起動できるように(デュアルブートやマルチブート)したい場合には、事前にパソコンのマニュアルをよく読んで、万が一、トラブルでWindowsも起動できなくなった場合に備えて、必要なバックアップファイルやリカバリ起動用 CD などを作っておくようにした方が良いです。

バックアップ方法

まず (i) コマンドを端末で実行するには を読んで、端末での操作方法を理解してください。

1.デバイスファイル名の確認

デバイスファイル名の形式

A. ハードディスクやUSBメモリなどのメディア

  • /dev/sdアルファベット1文字
    例: /dev/sda

    • 以下で使う dd コマンドでは MBR(Master Boot Record) をコピーする場合に使います。 2台目は/dev/sdb、3台目は/dev/sdc・・・となります。

かなり前にリリースされたlinuxなどでは、/dev/hdaのようにsの代わりにhが使われたりもします。

B. パーティション( Windows で言う”ドライブ”)

  • /dev/sdアルファベット1文字 数字
    例: /dev/sda1

    • 以下で使うddコマンドではブートセクタ(Partition Bootsector,Partition Boot Record : PBR)をコピーする場合に使います。数字はパーティションの番号です。ハードディスク内の物理的な先頭からの順番とは一致しない場合もあります。

確認する

A. gparted を使う

  • 確認するための方法としてgparted(パーティション・エディタ)が利用できます。gpartedは、例えば、[システム] → [システム管理] → [パーティション・エディタ]または[GParted]をクリックするか、
    端末で

$ sudo gparted
  • で開きます。

(i) LiveCD の Ubuntu には gparted がインストールされています。HDD にインストールされた Ubuntu には初期状態で gparted はインストールされていません。必要なら、「システム」ー「システム管理」ー「Synapticパッケージマネージャ」で「再読込」してからgpartedを右クリックして「インストール指定」して、「適用」すればインストールされます。

  • 以上の方法でパーティション・エディタが開いたら、右上の[/dev/sda]などと書かれた部分をドロップダウンさせると、存在するメディア(ハードディスクなど)のデバイスファイル名が表示されるので、それらを順に選んでみれば、下の枠の中にパーティションが枠で表示され、その容量も表示されます。

B. 端末を使う

  • 端末で

$ sudo parted -l
  • で、/dev/sdaなどの説明が表示されます。

Warning /!\ 以降のコマンドのうち、ifをofにタイプミスしてしまうなどのことを行うと、パソコンにインストールされた OS が起動しなくなるばかりか、ハードディスク内のデータを簡単には読み出せなくなる場合があります。心配なら、以下の作業は絶対に行わないでください。

2.MBRやPBR(から始まる63セクタ分)をファイル形式で保存(バックアップ)する

端末で

$ sudo dd if=バックアップしたいMBRまたはPBRのデバイスファイル名 bs=512 count=63 > バックアップファイル名 

を実行する。これで、「>」の後に指定した名前のファイルに保存されます。

  1. 第1番目のハードディスク(デバイスファイル名が/dev/sda)のMBR(から始まる63セクタ分)をホームフォルダの sdambr という名前のファイルに保存
    ~$ sudo dd if=/dev/sda bs=512 count=63 > sdambr
  2. 第2番目のハードディスク(デバイスファイル名が/dev/sdb)の第5番目のパーティションのPBR(から始まる63セクタ分)をホームフォルダの sdb5pbr という名前のファイルに保存
    ~$ sudo dd if=/dev/sdb5 bs=512 count=63 > sdb5pbr

バックアップしたファイルの保存場所についての注意

(i) なお、Ubuntu の日本語 RemixCD などの Ubuntu のライブCDでの起動では、Ubuntu をシャットダウンすると、「ホームフォルダ」や「デスクトップ」の中のファイルやディレクトリ(フォルダ)はなくなってしまいます。シャットダウン後も保存したファイルが残るようにするには、USB メディアや内蔵 HDD の中のパーティション( Windows で言う”ドライブ”)にコピーしておいてください。USB メディアなら、USB 接続端子に差し込めばデスクトップにアイコンが現れて、さらにファイルマネージャ(ファイル・ブラウザ)が開いてその内容を示すでしょう。 内蔵ハードディスクは[場所](→[リムーバブルメディア])から[~GBのメディア](もしくはパーティションにラベルが付いていればそのラベル名)をクリックすれば、同じくデスクトップにアイコンが現れて、さらにファイルマネージャ(ファイル・ブラウザ)が開いてその内容を示すでしょう。 開いたファイルマネージャ(ファイル・ブラウザ)に、保存したファイルをドラッグアンドドロップしてください。それで、コピーされるはずです。

参考情報


CategoryUbuntuTips

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuTips/Install/BackupMBR (最終更新日時 2012-01-10 11:49:08 更新者 匿名)