リリースノート翻訳上のルール

基本ルール

  • 1) 翻訳箇所の宣言
    • 最初に、wiki.ubuntu.com から wiki.ubuntulinux.jp にコピーしたリリースノートの各ページを、担当箇所を <locked-by:名前>{{{ 〜 }}}</locked-by:名前> で挟む形(下記のように)で更新して、宣言をおこなってください。

      • <locked-by:名前>
        {{{ 原文 }}}(←実際には半角)
        </locked-by:名前>
  • 2) 翻訳
    • 各自で翻訳作業をお願いします。
  • 3) マスターへの反映
    • 担当箇所の翻訳が完成したら、上記でロックした箇所のに翻訳文を流し込みます。

    • 流し込んだら、<locked-by:名前> および </locked-by:名前>を削除してください。

      • {{{ 原文 }}}
        翻訳文
  • 4) ロックの範囲
    • 一度に大量のロックをしてしまうと全体の作業が滞ってしまう場合があります。ロック範囲はあまり大きくせず、うまく分担できるようにしてください。
  • 5) ページ更新の時間はできるだけ短く
    • 翻訳作業用ページの編集はボトルネックです。長時間編集している状態にしないように注意してください。
      • 他の人が編集した結果を壊したりしないように、マージが必須になった状態ではできるだけ注意してください。

細かい話

  • 不明な点の相談は、Twitter: @_hito_ @kuromabo @kazken3 @_popopopoon_ にメンションをください。
  • ロックの段階で原文を{{{ 〜 }}}で囲むほうが作業状況が視覚的にわかりやすいので、ご協力よろしくお願いいたします。
  • 本家Wikiはリリース前後で動作が重くなることが予想されるので、ここで完成させてから送り出します。
  • 本家のリリースノートの変更をマージした際は、インポートしたリビジョンをWikiのコメント欄に書き込んでください。

= Introduction =

These release notes for '''Ubuntu 17.04''' (Zesty Zapus) provide an overview of the release and document the known issues with Ubuntu 17.04 and its flavors.

=== Support lifespan ===
Ubuntu 17.04 will be supported for 9 months until [[Releases|January 2018]]. If you need Long Term Support, it is recommended you use [[XenialXerus/ReleaseNotes/|Ubuntu 16.04 LTS]] instead.

=== Official flavour release notes ===
Find the links to release notes for official flavors [[#Official_flavours|here]].

<<BR>>

イントロダクション

このリリースノートには、 Ubuntu 17.04 (Zesty Zapus)のリリース概要とUbuntu 17.04とそのフレーバーに関する既知の不具合を記述しています。

サポート期間

Ubuntu 17.04は2018年1月までの9ヶ月間サポートされます。長期サポートを必要とする場合は、Ubuntu 16.04 LTSの使用をおすすめします。

公式フレーバーのリリースノート

公式フレーバーのリリースノートはこちらで確認できます。


= Get Ubuntu 17.04 =
== Download Ubuntu 17.04 ==

Images can be downloaded from a location near you.

You can download ISOs and flashable images from from:

http://releases.ubuntu.com/17.04/ (Ubuntu Desktop and Server) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu/releases/17.04/release/ (Less Popular Ubuntu Images) <<BR>>
http://cloud-images.ubuntu.com/releases/17.04/release/ (Ubuntu Cloud Server) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/netboot/17.04/ (Ubuntu Netboot) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/kubuntu/releases/17.04/release/ (Kubuntu) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/lubuntu/releases/17.04/release/ (Lubuntu) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-budgie/releases/17.04/release/ (Ubuntu Budgie) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-gnome/releases/17.04/release/ (Ubuntu GNOME) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntukylin/releases/17.04/release/ (Ubuntu Kylin) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-mate/releases/17.04/release/ (Ubuntu MATE) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntustudio/releases/17.04/release/ (Ubuntu Studio) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/xubuntu/releases/17.04/release/ (Xubuntu) <<BR>>
##http://cdimage.ubuntu.com/mythbuntu/releases/17.04/ (Mythbuntu) <<BR>>
##http://cdimage.ubuntu.com/edubuntu/releases/17.04/ (Edubuntu DVD) <<BR>>

== Upgrading from Ubuntu 16.10 ==
To upgrade on a desktop system:
 * Open the "Software & Updates" Setting in System Settings.
 * Select the 3rd Tab called "Updates".
 * Set the "Notify me of a new Ubuntu version" dropdown menu to "For any new version".
 * Press Alt+F2 and type in "update-manager -c" (without the quotes) into the command box.
 * Update Manager should open up and tell you: New distribution release '17.04' is available.
  * If not you can also use "/usr/lib/ubuntu-release-upgrader/check-new-release-gtk"
 * Click Upgrade and follow the on-screen instructions.

To upgrade on a server system:
 * Install the {{{update-manager-core} }} package if it is not already installed.
 * Make sure the {{{Prompt} }} line in /etc/update-manager/release-upgrades is set to normal.
 * Launch the upgrade tool with the command {{{sudo do-release-upgrade} }}.
 * Follow the on-screen instructions.
Note that the server upgrade will use GNU screen and automatically re-attach in case of dropped connection problems.

There are no offline upgrade options for Ubuntu Desktop and Ubuntu Server. Please ensure you have network connectivity to one of the official mirrors or to a locally accessible mirror and follow the instructions above.

<<BR>>

Ubuntu 17.04 を入手する

Ubuntu 17.04 をダウンロードする

インストールイメージは、以下からダウンロードできます。お近くのミラーからも入手できるでしょう。

インストールイメージのダウンロードサイト:

http://releases.ubuntu.com/17.04/ (Ubuntu DesktopとServer)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu/releases/17.04/release/ (より利用数の少ないイメージ)
http://cloud-images.ubuntu.com/releases/17.04/release/ (Ubuntu Cloud Server)
http://cdimage.ubuntu.com/netboot/17.04/ (Ubuntu Netboot)
http://cdimage.ubuntu.com/kubuntu/releases/17.04/release/ (Kubuntu)
http://cdimage.ubuntu.com/lubuntu/releases/17.04/release/ (Lubuntu)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-budgie/releases/17.04/release/ (Ubuntu Budgie)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-gnome/releases/17.04/release/ (Ubuntu GNOME)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntukylin/releases/17.04/release/ (Ubuntu Kylin)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-mate/releases/17.04/release/ (Ubuntu MATE)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntustudio/releases/17.04/release/ (Ubuntu Studio)
http://cdimage.ubuntu.com/xubuntu/releases/17.04/release/ (Xubuntu)

Ubuntu 16.10からのアップグレード

デスクトップ環境でのアップグレード手順は次のとおりです:

  • システム設定から「ソフトウェアとアップデート」を開きます。
  • 3つめの「アップデート」と書かれたタブを選択します。
  • 「Ubuntuの新バージョンの通知」のドロップダウンメニューを「すべての新バージョン」にします。
  • Alt + F2を押してコマンドボックスに"update-manager -c"と入力します(ダブルクオーテーションは付けません)。
  • 「ソフトウェアの更新」が開いて、次のように表示されるはずです: 「17.04 が入手可能です」
    • 表示されない場合、"/usr/lib/ubuntu-release-upgrader/check-new-release-gtk"を使用することもできます。
  • 「アップグレード」を押し、画面に表示される指示に従います。

サーバー環境でアップグレードするには、次の手順を用います:

  • update-manager-core をインストールしていない場合はインストールします。

  • /etc/update-manager/release-upgrades の Prompt 行が normal に設定されていることを確認します。

  • sudo do-release-upgrade のコマンドでアップグレードツールを起動します。

  • 画面に表示される指示に従います。

注意: サーバーのアップグレードではGNU screenを使用しており、通信が切断されてしまった場合などでも自動的に再アタッチします。

Ubuntu DesktopやUbuntu Server向けのオフラインでのアップグレードオプションはありません。公式ミラーや各地の接続可能なミラーのいずれかにネットワーク接続できることを確認して、上記の指示に従ってください。

= New features in 17.04 =

## Please see the [[https://blueprints.launchpad.net/ubuntu/zesty/+specs|Zesty blueprint list]] for details.

 * For other changes since 16.04 LTS, see the [[YakketyYak/ReleaseNotes|16.10 Release Notes]].

17.04 の新機能

== 32-bit PowerPC Support Dropped ==

  * The '''powerpc''' port is not included in the 17.04 release. See [[https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-devel-announce/2016-December/001199.html|announcement]] for details.
  * '''ppc64el''' support support continues as previously.

== Networking ==

  * The default DNS resolver is now '''systemd-resolved'''.

== Swap ==

 * For new installs, a '''swap file''' will be used instead of a swap partition.

32ビットPowerPCサポートの終了

  • 17.04のリリースにはpowerpcアーキテクチャーは含まれません。詳細はアナウンスを参照してください。

  • ppc64elのサポートは、引き続き行われます。

ネットワーク

  • 標準のDNSリゾルバーがsystemd-resolvedになりました。

スワップ

  • 新規インストールから、スワップパーティションの代わりにswap fileが使われるようになりました。

== Updated Packages ==

=== Linux kernel 4.10 ===

Ubuntu 17.04 is based on the Linux release series '''4.10'''.

アップデートされたパッケージ

Linux kernel 4.10

Ubuntu 17.04はLinuxリリースシリーズ4.10をベースにしています。

== Driverless Printing ==

We now support printers which allow printing without printer-specific drivers. These printers are [[http://www.pwg.org/dynamo/eveprinters.php|IPP Everywhere]] and [[https://support.apple.com/en-us/HT201311|Apple AirPrint]] printers, but also some PDF, Postscript, and PCL printers work. This way connecting a printer gets as easy as connecting a USB stick.

 * The printers can get connected via network or USB.
 * The setup of IPP Everywhere and Apple Airprint printers should occur fully automatically. You only need to plug in your USB printer or connect your network printer to the local network.
 * If you do not want to set up IPP network printers automatically edit /etc/cups/cups-browsed.conf to have a line "CreateIPPPrinterQueues No", and if you also want suitable PDF, Postscript, or PCL printers automatically set up have a line "CreateIPPPrinterQueues All". Reboot after modifying /etc/cups/cups-browsed.conf.
 * For manual setup of driverless network printers with system-config-printer, choose the printer under the discovered network printers and then "IPP network printer via DNS-SD", or "Driverless IPP" in the "Connections" list (In the "Select Device" step). In the [[http://localhost:631|CUPS web interface]] look for "driverless" in the discovered network printers entries and also for "driverless" in the make/model/driver choice.
 * On driverless USB printers (IPP-over-USB) you find the web administration interface under [[http://localhost:60000/|http://localhost:60000/]] (if more than one printer is connected, the other ones are on port 60001, 60002, ...). It is highly recommended to access the interface with Firefox.
 * If you have a WiFi printer which does not allow to configure the WiFi access by its front panel, try to connect it via USB. If it is an IPP-over-USB printer you can configure it by its [[http://localhost:60000/|web interface]] now and then disconnect USB and use WiFi.
 * If you have an HP multi-function device with scanner, prefer using it with the HPLIP driver as you were used to. When using in driverless mode you will not be able to scan. system-config-printer takes automatically care of this.
 * Driverless printing is supported on both Ubuntu Desktop and Ubuntu Server.

ドライバーレスプリンティング

プリンター固有のドライバーがない状態でも印刷できるプリンターをサポートしました。IPP EverywhereApple AirPrintに対応するプリンターがそれに該当しますが、一部のPDF・Postscript・PCLプリンターについても動作します。これによりUSBメモリを接続するのと同じような手軽さで、プリンターを利用することができます。

  • この機能の対象となるプリンターは、ネットワーク経由でもUSB経由でも接続できます。
  • IPP EverywhereプリンターやApple Airprintプリンターの設定は完全に自動的に行われるはずです。ただ単にUSBプリンターを接続するか、ネットワークプリンターをローカルネットワークに繋げるだけです。
  • IPPネットワークプリンターを自動的に設定させたくない場合は、/etc/cups/cups-browsed.confの"CreateIPPPrinterQueues No"が有効になるように編集してください。また、適切なPDF・Postscript・PCLプリンターを自動的に設定したい場合は、"CreateIPPPrinterQueues All"が有効になるように編集してください。/etc/cups/cups-browsed.confを編集したあとは再起動してください。
  • system-config-printerを用いてドライバーレスネットワークプリンターを手動で設定する場合は、ネットワークプリンターとして検索されたプリンターを選択し、(「デバイスを選択」を経由した)「接続」リストの中から「DNS-SD 経由の IPP ネットワークプリンター」か"Driverless IPP"を選択してください。CUPSウェブインターフェースの場合は、検索されたネットワークプリンターのエントリーにある"driverless"を見て、"Make"・"Model"・"Driver"において"driverless"を選択してください。

  • ドライバーレスUSBプリンター(IPP-over-USB)については、http://localhost:60000/のウェブ管理インターフェースから検索してください(複数のプリンターを接続している場合、他のプリンターはそれぞれ60001、60002とポート番号が割り当たります)。管理インターフェースにはFirefox経由でアクセスすることを強く推奨します。

  • WiFiプリンターではあるものの、フロントパネルでWiFiに関する設定ができない場合、USB経由での接続を試してください。それがIPP-over-USBプリンターであれば、ウェブインターフェースによって設定できるようになります。その後USBを切断して、WiFiで接続しなおしてください。

  • HPの複合機のうち、スキャナーが搭載された機種を利用する場合、これまでと同様にHPLIBドライバーを使いたいかもしれません。ドライバーレスモードを使用中は、スキャナーを利用できません。system-config-printerを使うことで、この制限に自動的に対応します。
  • ドライバーレスプリンティングは、デスクトップ版とサーバー版どちらのUbuntuでもサポートしています。

訳注:リストの第4項目は動作確認したわけではなく、ソースコードからの類推です。

== Ubuntu Desktop ==

 * '''!LibreOffice''' has been updated to [[https://wiki.documentfoundation.org/ReleaseNotes/5.3|5.3]].
 * Apps provided by GNOME have been updated to '''3.24'''. Exceptions are the Nautilus file manager (3.20), Terminal (3.20), Evolution (3.22), and Software (3.22).
 * The Calendar app now has a '''Week''' view.
 * '''gconf''' is no longer installed by default since it has long been superseded by gsettings. Note that statistics and preferences for the Aisleriot card games will be reset when upgrading to 17.04.
 * Unity 8 is available as an alternative session

Ubuntu Desktop

  • LibreOffice5.3に更新されました。

  • GNOMEによって提供されるアプリケーションは3.24に更新されました。例外は「Natuilsファイルマネージャー(3.20)」、「端末(3.20)」、「Evolution(3.22)」、「ソフトウェア(3.22)」です。

  • カレンダーアプリに表示が追加されました。

  • gconfは、だいぶ前にgsettingsに置き換わっていたにもかかわらずインストールされていましたが、ついに標準ではインストールされなくなりました。このため17.04にアップグレードすると、Aisleriot(ソリティア)カードゲームの成績や設定がリセットされます。

  • 通常とは異なるセッションの選択肢として、Unity 8を利用できます。

訳注:"Software"はGNOME的には「ソフトウェア」(ドキュメントやappdataなど一部では「GNOME ソフトウェア」)でUbuntu的には(まだ)「Ubuntu Software」です。gnome-softwareとしてのバージョン番号なのでここでは「ソフトウェア」としています。

== Ubuntu Server ==

=== qemu 2.8 ===

Qemu has been updated to the 2.8 release.

See the [[http://wiki.qemu.org/ChangeLog/2.8|Changelog]] for details.

=== libvirt 2.5 ===

Libvirt has been updated to version 2.5.
See the [[https://libvirt.org/news.html|Changelogs]] for details.

For administrators worth to consider is that depending on the system setup and huge page size availability the specification of a [[https://libvirt.org/formatdomain.html#elementsMemoryBacking|page size for hugepages]] in a guest xml can now be mandatory.

=== LXD 2.12 ===
[[https://www.ubuntu.com/containers/lxd|LXD]], now at [[https://linuxcontainers.org/lxd/news/|version 2.12]], introduces support for GPU passthrough, including [[https://insights.ubuntu.com/2017/03/28/nvidia-cuda-inside-a-lxd-container/|NVidia CUDA]]. A new [[https://github.com/lxc/lxd/blob/master/doc/storage-backends.md|storage API]] has also been added, allowing for the creation of multiple storage pools which can then be used to host containers or independent storage volumes.

And a number of [[https://images.linuxcontainers.org|new images]] have been added, including support for [[https://insights.ubuntu.com/2017/02/27/ubuntu-core-in-lxd-containers/|Ubuntu Core 16]].

Ubuntu Server

qemu 2.8

QEMUはリリース2.8に更新されました。

詳細はChangelogを参照してください。

libvirt 2.5

libvirtはバージョン2.5に更新されました。 詳細はChangelogsを参照してください。

管理者が気をつけるべきこととしては、システム設定とhuge pageの利用可能なサイズによっては、ゲストXMLにおけるhugepagesのページサイズの指定が必須になることです。

LXD 2.12

LXDバージョン2.12となり、NVidia CUDAを含むGPUパススルー機能が追加されました。新しいストレージAPIが追加され、複数のストレージプールを作成し、コンテナのホストや独立したストレージボリュームとして利用できるようになっています。

さらに、Ubuntu Core 16のサポートを含む、いくつもの新しいイメージが追加されています。

=== DPDK ===

Ubuntu 17.04 includes the latest release of DPDK, 16.11.1.

See the [[http://dpdk.org/doc/guides/rel_notes/release_16_11.html|Release Notes]] as well as the stable release [[http://dpdk.org/ml/archives/dev/2017-March/058930.html|announcement]] for more detail.

As a tech preview DPDK is now also available for ppc64el. This includes the latest improvements made in version 16.11.1 in general, but also further improvements to enable the i40e PMD and vfio-pci scanning on spapr platforms.

DPDK

Ubuntu 17.04では、DPDKの最新版16.11.1を導入しています。

詳細については、安定版のアナウンスに加えて、リリースノートを参照してください。

テクノロジープレビューとして、ppc64elでもDPDKが利用可能になっています。16.11.1で行われた一般的な改善に加えて、i40e PMD有効化時やsPAPRプラットフォームにおけるfio-pciスキャンの改善などを行っています。

訳注:spaprは正式名称にあわせて「sPAPR」とPAPR(Power Architecture Platform Reference/Requirements)の部分だけcapitalizeしています。

=== OpenStack Ocata ===

Ubuntu 17.04 includes the latest !OpenStack release, Ocata, including the following components:

 * !OpenStack Identity - Keystone
 * !OpenStack Imaging - Glance
 * !OpenStack Block Storage - Cinder
 * !OpenStack Compute - Nova
 * !OpenStack Networking - Neutron
 * !OpenStack Telemetry - Ceilometer, Aodh and Gnochi
 * !OpenStack Orchestration - Heat
 * !OpenStack Dashboard - Horizon
 * !OpenStack Object Storage - Swift
 * !OpenStack Database as a Service - Trove
 * !OpenStack DNS - Designate
 * !OpenStack Bare-metal - Ironic
 * !OpenStack Filesystem - Manila
 * !OpenStack Key Manager - Barbican

Please refer to the [[http://releases.openstack.org/ocata/|OpenStack Ocata release notes]] for full details of this release of !OpenStack.

!OpenStack Ocata is also provided via the [[OpenStack/CloudArchive|Ubuntu Cloud Archive]] for !OpenStack Ocata for Ubuntu 16.04 LTS users.

'''WARNING''': Upgrading an !OpenStack deployment is a non-trivial process and care should be taken to plan and test upgrade procedures which will be specific to each !OpenStack deployment.

Make sure you read the [[http://docs.openstack.org/developer/charm-guide/1702.html|OpenStack Charm Release Notes]] for more information about how to deploy Ubuntu !OpenStack using Juju.

OpenStack Ocata

Ubuntu 17.04では最新のOpenStackリリースであるOcataと、次のコンポーネントが導入されています:

  • OpenStack Identity - Keystone

  • OpenStack Imaging - Glance

  • OpenStack Block Storage - Cinder

  • OpenStack Compute - Nova

  • OpenStack Networking - Neutron

  • OpenStack Telemetry - Ceilometer, Aodh and Gnochi

  • OpenStack Orchestration - Heat

  • OpenStack Dashboard - Horizon

  • OpenStack Object Storage - Swift

  • OpenStack Database as a Service - Trove

  • OpenStack DNS - Designate

  • OpenStack Bare-metal - Ironic

  • OpenStack Filesystem - Manila

  • OpenStack Key Manager - Barbican

OpenStackのこのリリースの詳細についてはOpenStack Ocataリリースノートを参照してください。

OpenStack Ocataは、Ubuntu Cloud Archiveを通じて、Ubuntu 16.04 LTSユーザー向けにも提供されています。

警告:デプロイ済みのOpenStackをアップグレードするのは、単純なプロセスではありません。十分注意して、デプロイ済みのOpenStack毎に特化したアップグレード手順の計画やテストを行ってください。

Jujuを用いてUbuntu OpenStackをデプロイする方法については、OpenStack Charmリリースノートを参照してください。

= Known issues =

As is to be expected, with any release, there are some significant known bugs that users may run into with this release of Ubuntu 17.04.  The ones we know about at this point (and some of the workarounds), are documented here so you don't need to spend time reporting these bugs again:

既知の問題

予想される通り、あらゆるリリースと同じように、今回のUbuntu 17.04のリリースにもユーザーが陥りそうな重大な既知の不具合がいくつか存在します。現時点で判明している不具合(およびいくつかの回避策)をここに記録しておきます。これらの不具合については、再度報告する必要はありません。

== Installation ==

 * Partitioning step allows to configure LVM across multiple devices without requiring to setup a separate /boot partition. This may lead to failure to install the bootloader at the end of the installation, and failures to boot the resultant installations. (Bug:1680101)

 * Partitioner does not support installation when multiple conflicting/identical volume groups have been detected. For example reinstalling Ubuntu with LVM across multiple disk drives that had individual LVM installations of Ubuntu. As a workaround, please format disk drives prior to installation, or from the built in shell provided in the installer. (Bug:1679184)

== OpenVPN ==

OpenVPN 2.4 removed its [[https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=848024|tls-remote option]]. Current setups using that option will fail to work. Update your configuration to use verify-x509-name instead. 

== Upgrade ==

 * Sometimes DKMS modules are not built with the new kernel when upgrading. A workaround is to reinstall the module after rebooting into the new kernel. (Bug:1681566)

 * On s390x architecture, in KVM virtual machines interface names are not preserved on upgrade, and new predictable interface names are used. This will result in lack of network connectivity due to incorrect names in `/etc/network/interfaces`. An upgrade SRU to preserve `ethX` interface names is being prepared. (Bug:1682437)

##== Power Management ==

== Desktop ==

  * Some third-party .deb files are not installable in the Software app (Bug:1672424)

##== Graphics and Display ==

##== Networking ==

##== Kernel ==

<<BR>>

インストール

  • パーティショニングにおいて、/bootパーティションを分離することなく、複数のデバイスをLVMとして設定できてしまいます。これはインストール処理の最後において、ブートローダーのインストールの失敗を引き起こし、インストール完了後に起動できなくなります。(Bug:1680101)

  • 複数個の、名前が衝突する/同一の ボリュームグループを検知した状態でのインストールはサポートされていません。たとえば、個々にUbuntuをLVMを使ってインストールした複数個のディスクドライブに対して、LVMを用いてUbuntuを再インストールしようとする場合が該当します。回避策として、インストールする前にディスクドライブをフォーマットするか、インストーラーが提供するビルトインシェル上で構成してください。(Bug:1679184)

OpenVPN

OpenVPN 2.4は、tls-remoteオプションを削除しました。現在の設定がこのオプションを使っている場合、動かなくなります。代わりにverify-x509-nameを使うよう、設定を更新してください。

アップグレード

  • アップグレード時に、新しいカーネル用にDKMSモジュールがビルドされないことがあります。回避策として、新しいカーネルで再起動したあとにモジュールを再インストールしてください。(Bug:1681566)

  • s390xアーキテクチャーにおいて、KVMの仮想マシンの中のインターフェース名はアップグレード前後で保持されません。新規に「推測可能なインターフェース名」(predictable interface names)が使われるようになります。その結果、/etc/network/interfacesの中の名前が正しくなくなることで、ネットワークが未接続状態となるでしょう。ethXのインターフェース名を保持するためのSRUを準備中です。(Bug:1682437)

Desktop

  • いくつかのサードパーティの.debファイルは、「ソフトウェア」アプリケーションからインストールできません。(Bug:1672424)


= Official flavours =

The release notes for the official flavours can be found at the following links:
## * Edubuntu [[https://wiki.ubuntu.com/XenialXerus/ReleaseNotes/Edubuntu]]
 * Kubuntu [[https://wiki.ubuntu.com/ZestyZapus/ReleaseNotes/Kubuntu]]
 * Lubuntu [[https://wiki.ubuntu.com/ZestyZapus/ReleaseNotes/Lubuntu]]
## * Mythbuntu [[https://wiki.ubuntu.com/YakketyYak/ReleaseNotes/Mythbuntu]]
 * Ubuntu Budgie [[https://ubuntubudgie.org/blog/2017/04/11/17-04-release-notes]]
 * Ubuntu GNOME [[https://wiki.ubuntu.com/ZestyZapus/ReleaseNotes/UbuntuGNOME]]
 * Ubuntu Kylin [[https://wiki.ubuntu.com/ZestyZapus/ReleaseNotes/UbuntuKylin]]
 * Ubuntu MATE [[https://ubuntu-mate.org/blog/ubuntu-mate-zesty-final-release/]]
 * Ubuntu Studio [[https://wiki.ubuntu.com/ZestyZapus/ReleaseNotes/UbuntuStudio]]
 * Xubuntu [[http://wiki.xubuntu.org/releases/17.04/release-notes]]

<<BR>>

公式フレーバー

公式フレーバーの各リリースノートは、以下のリンクで参照できます:


= More information =

=== Reporting bugs ===

Your comments, bug reports, patches and suggestions will help fix bugs and improve the quality of future releases. Please [[http://help.ubuntu.com/community/ReportingBugs|report bugs using the tools provided]].

If you want to help out with bugs, the [[http://wiki.ubuntu.com/BugSquad|Bug Squad]] is always looking for help.

=== Participate in Ubuntu ===

## These images were able to be made available to you thanks to the help of our [[https://wiki.ubuntu.com/SaucySalamander/TechnicalOverview/Beta1/Testers|QA Community]].

If you would like to help shape Ubuntu, take a look at the list of ways you can participate at

 https://community.ubuntu.com/contribute

=== More about Ubuntu ===

You can find out more about Ubuntu on the [[https://www.ubuntu.com|Ubuntu website]] and [[https://wiki.ubuntu.com|Ubuntu wiki]].

To sign up for future Ubuntu development announcements, please subscribe to Ubuntu's development announcement list at:

 https://lists.ubuntu.com/mailman/listinfo/ubuntu-devel-announce

より詳しい情報

バグレポート

あなたのコメントやバグレポート、レポートへのコメント・パッチの投稿・提案は、バグの修正や将来のリリース品質の改善につながります。ツールを用いてバグを報告してください

バグの修正を通じて貢献したいのであれば、Bug Squadページが役に立つでしょう。

Ubuntuに参加するには

Ubuntuを支援したいのであれば、以下の支援できる方法の一覧に目を通してみてください。

Ubuntuに関して

Ubuntuに関するより詳しい情報は、UbuntuのWebサイトUbuntu wikiを確認してください。

Ubuntuの開発に関するアナウンスを受け取るには、Ubuntu開発アナウンスメーリングリストを購読してください。

UbuntuJapaneseWiki: ZestyZapus/ReleaseNotes/Ja (最終更新日時 2017-04-18 11:40:21 更新者 kazken3)