Ubuntu Japanese Team は、日本におけるUbuntuのローカルコミュニティチームです。活動内容については、Japanese Teamのトップページを参照してください。 このページでは、Japanese Teamの活動方針や課題などを扱います。

運営方針

  • 世界のUbuntuコミュニティと日本のUbuntuユーザの架け橋となり、Ubuntuの改善と普及を目指す。
  • Ubuntu行動規範に沿った運営を行う。

  • 実際に作業・貢献している人からの合意により活動方針を決める。
  • 異論があれば、どんどん出して議論を行う。ただし、感情的な対立を助長したり、公の場で個人攻撃をしてはいけない。
  • 意見が対立して合意が形成できない場合は、Community Councilに調停を依頼する。

メンバー及び参加方法

IRCミーティング

どなたでも参加し、発言して頂けます。 最新の情報については、IRCミーティングページを参照してください。

課題

  • Ubuntuコミュニティとの関係強化
  • 増えつつある日本語でUbuntuを扱うサイトとの関係をどのように築いていくか
    • 世界中でユーザ主導のサイトが増えているが、Ubuntuコミュニティとは離れたところで「Ubuntuをどうカスタマイズするか」を議論していることが多く、フィードバックがないことが問題となっている。
    • 国の中には、匿名フォーラムなどでUbuntuユーザが活発に意見を交換しているにも関わらず、LoCoが機能していないため、その国の言語に特有な問題の解決策が、いつまでたってもUbuntuに取り込まれないという状況に陥っている所もある。日本をそのような状況にするべきではない。

    • Ubuntuはオープンなプロジェクトであり、「問題や改善案をフォーラムやKaizenプロジェクトに報告することがUbuntuをより良くしていく」という認識を広める必要がある。
  • 活動にかかる費用が個人の負担となっており、組織的な動きができる体制となっていない。
  • Web・Wiki・Forumのサーバが小林が個人用に借りているVPSに共存しており「単一障害点」となっている(小林に何か悪いことが起こった場合などに継続できない)
    • かつてWebやForumをコミュニティ共通のサーバに入れることができないか担当者に交渉したが、そのサーバはヨーロッパにあり、日本からアクセスするにはネットワーク距離があるのでレスポンスが悪すぎるだろうとの返答だったので、独自のサーバで運用し続けることになった。
    • コミュニティサーバはたびたび問題が起こっていること、*.ubuntulinux.jp として有名になってしまったことから、今から動かすのも難しい。
    • 寄付、書籍の紹介ページおよび検索結果ページのアフィリエイト収入が増えれば、専用のVPSなどを借りるという手もある。

解決済み

  • IRCミーティングの日時・頻度が決まっていない。-> 毎週火曜日に行うことになりました(メンバーの都合によって変更する場合あり)

  • フォーラム・メーリングリスト・IRCで質問に答えたり、Launchpadに翻訳を登録するなどの貢献をされている方々のうち、合意できた方にメンバーとなって頂き、ローカルコミュニティの運営方針の決定に参加して頂く
  • メンバーの管理は、LaunchpadのUbuntu Japanese Teamページで行う

    • 最近までOpen Teamとして設定していたので、現時点では活動していないと思われる方もメンバーに含まれている。現状を確認した上でExpireする日を設定する必要がある
  • Ubuntu Japanese Teamへの参加方法が決まっておらず、活動に不透明感がある。-> 参加方法を決定しました

チームレビュー

UbuntuJapaneseWiki: JapaneseTeam (最終更新日時 2017-04-03 18:10:27 更新者 NaokiMatsumoto)