The CDBS build helper system (see the section called “Packaging With CDBS” ) has a very simple patch system built in. You simply need to add an include for simple-patchsys.mk in debian/rules. An example is pmount. Its entire rules looks like:

CDBSというビルド補助システム(“CDBSによるパッケージング”セクションを参照してください)では、とてもシンプルなパッチシステムが内蔵されています。debian/rulesの中で、simple-patchsys.mkのインクルード行を追加するだけで利用できます。例として、pmountパッケージではrulesファイルは次のようになっています:

include /usr/share/cdbs/1/rules/debhelper.mk
include /usr/share/cdbs/1/class/autotools.mk
include /usr/share/cdbs/1/rules/simple-patchsys.mk

common-post-build-arch::
        # Generate a POT file
        cd po; intltool-update -p --verbose

Simple patchsys also has a patch editor built in called cdbs-edit-patch. You can give cdbs-edit-patch either the name of an existing patch to edit or a new patch to create. It will apply the existing patch, if it exists, and put you in a new shell. You can then make any changes you want added to the patch and finally type Ctrl-D to exit the shell and create the new patch. The patches are stored in debian/patches/

Simple Patchsysは、cdbs-edit-patchというパッチ編集機能も備えています。cdbs-edit-patchに、修正したい既存のパッチファイルか、作成したい新しいパッチファイルの名前を与えるだけで利用できます。これは、既存のパッチを適用した上で、新規のシェルが立ち上がります。パッチに対する変更点をすべて入力したら最後にCtrl-Dを入力してシェルを出ます。すると新しいパッチが作成されます。このパッチはdebian/rulesに保存されます。

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuPackagingGuideJa/ch05s02 (最終更新日時 2012-01-10 11:49:19 更新者 匿名)