A popular patch system is dpatch. It has a dpatch-edit-patch script like cdbs has but stores the patches a little differently. It uses a file named debian/patches/00list to find the name and order of patches to apply. This means you can order your patches in whichever way you want and can disable a patch without removing it altogether. However, it also means you need to update 00list if you add a patch. If dpatch-edit-patch is called with two arguments it will edit/create the the patch named by the first argument relative to the patch named by the second argument. In other words:

dpatchは一般的なパッチシステムです。このパッチシステムにはcdbsと似たdpatch-edit-patchスクリプトが存在しますが、動作は少し異なります。このスクリプトでは、パッチのファイル名と適用する順番を記録したdebian/patches/00listというファイルを利用します。つまり、パッチを望む順番で適用したり、このファイルから削除することでパッチを無効にしたりすることができます。しかしながら、パッチを作成した場合は00listを修正しなければならないことも意味します。dpatch-edit-patchが二つの引数を伴って呼び出された場合は、二つ目の引数の名前のパッチまでが適用され、その次のパッチとして一番目の引数の名前のパッチを修正もしくは作成します。つまり:

dpatch-edit-patch new.dpatch old.dpatch

will apply patches up to old.dpatch and then create new.dpatch. Note that dpatch patches usually have a .dpatch suffix. This is because dpatch stores the patches in a slightly different format than a normal patch that adds a special header.

これを実行した場合、old.dpatchまでが適用され、new.dpatchが作成されます。dpatchのパッチは、通常.dpatchという拡張子がつきます。これは、dpatchが作成したパッチファイルは、通常のパッチファイルとは若干異なり、特別なヘッダが付加されるからです。

A real-life example of dpatch usage is the xterm package.

実例として、dpatchはxtermパッケージで利用されています。

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuPackagingGuideJa/ch05s03 (最終更新日時 2012-01-10 11:49:05 更新者 匿名)