• 対象とするUbuntuのバージョン

    • すべて

はじめに

凡例

構造

標準フォルダ

ユーザの作成したデータなどを入れるのに使うと便利なフォルダ(ディレクトリ)です。これらのフォルダ名を日本語から英語に変更するには ホームディレクトリのフォルダ名を日本語から英語に変更するには(Fedoraについて書いてありますが、Ubuntuでも同じ方法が使えます。)を参考にしてください。

文書, ドキュメント(Documents)
音楽, ミュージック(Music)
画像, ピクチャ(Pictures)
公開(Public)
雛形, テンプレート(Templates)
動画, ビデオ(Videos)
デスクトップ(Desktop)
ダウンロード(Download)

その他

Examples

Ubuntuの紹介デモなどがあります。/usr/share/example-content/ へのリンクの desktop ファイル(.desktop)。

Ubuntu One/

設定ファイル/ディレクトリ

ユーザ個人の設定です。システム全体の設定は/etc/以下にあります。ドットファイル(隠しファイル)に関しては、UbuntuTips/FileHandling/HideFileAndHideDirectory を参照してください。

.Xdefaults
.Xresources
.Xmodmap
X Windows System 上のキーコードの設定をする。
.bash_history
Bash で実行したコマンドの履歴があります。
.bash_logout
.bashrc
Bash の起動時に実行されます。
.cache/
.config/
環境変数 XDG_CONFIG_HOME がない時のデフォルトです。
autostart/
menus/
user-dirs.dirs

Software/xdg-user-dirs - fd.o

.dmrc

ユーザのデフォルトのセッションと言語の設定をするファイルです。(GDM User Session and Language Configuration - GDM Reference Manual)

.fontconfig/

フォントキャッシュがあります。(/etc/fonts/fonts.conf)

.fonts/

フォントファイル(.ttfなど)を置くとそのユーザのみでそのフォントが使えるようになります。(/etc/fonts/fonts.conf)

.gconf
.gnome2-private
.gnome2
GConf によって管理されていないユーザ専用のアプリケーション情報を格納する場所です。
nautilus-scripts

Nautilus 用のスクリプトを格納する場所です。詳しくはこちらをご覧ください。

.gnomerc

GNOME セッションのとき実行される。(/etc/X11/Xsession.d/55gnome-session_gnomerc)

.gvfs/
.local/
share/
環境変数 XDG_DATA_HOME がない時のデフォルトです。
Trash/

ごみ箱の実体とそれの管理データがあります。(Specifications/trash-spec - fd.o)

applications/
desktop-directories/
.themes/
ユーザが設定したテーマがあります。
.thumbnails
ユーザ専用のサムネイムがあります。
.profile
ログイン時に実行されます。
.mozilla/
Mozilla関係のソフトウェアの設定
.mozilla/firefox/
.mozilla-thunderbird/

-> .thunderbird/

.recently-used.xbel

最近使ったファイルを保存しています。(形式: XBEL)

.thunderbird/

Thunderbirdのプロファイルがあります。詳しくは、Thunderbird Help: プロファイルの管理を参照してください。

.wine/
.xprofile
.xsession
.xsession-errors


(i) デフォルトでは無いファイルやディレクトリもあります。

外部リンク

GNOME ドキュメントライブラリ - 隠しフォルダの一覧

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuTips/Others/FileHierarchy/Home (最終更新日時 2012-01-10 11:49:10 更新者 匿名)