Table of Contents

リリースノート翻訳上のルール

基本ルール

  • 1) 翻訳箇所の宣言
    • 最初に、wiki.ubuntu.com から wiki.ubuntulinux.jp にコピーしたリリースノートの各ページを、担当箇所を <locked-by:名前>{{{ 〜 }}}</locked-by:名前> で挟む形(下記のように)で更新して、宣言をおこなってください。

      • <locked-by:名前>
        {{{ 原文 }}}(←実際には半角)
        </locked-by:名前>
  • 2) 翻訳
    • 各自で翻訳作業をお願いします。
  • 3) マスターへの反映
    • 担当箇所の翻訳が完成したら、上記でロックした箇所のに翻訳文を流し込みます。

    • 流し込んだら、<locked-by:名前> および </locked-by:名前>を削除してください。

      • {{{ 原文 }}}
        翻訳文
  • 4) ロックの範囲
    • 一度に大量のロックをしてしまうと全体の作業が滞ってしまう場合があります。ロック範囲はあまり大きくせず、うまく分担できるようにしてください。
  • 5) ページ更新の時間はできるだけ短く
    • 翻訳作業用ページの編集はボトルネックです。長時間編集している状態にしないように注意してください。
      • 他の人が編集した結果を壊したりしないように、マージが必須になった状態ではできるだけ注意してください。

細かい話

  • 不明な点の相談は、Twitter: @_hito_ @kuromabo @kazken3 @_popopopoon_ にメンションをください。
  • ロックの段階で原文を{{{ 〜 }}}で囲むほうが作業状況が視覚的にわかりやすいので、ご協力よろしくお願いいたします。
  • 本家Wikiはリリース前後で動作が重くなることが予想されるので、ここで完成させてから送り出します。
  • 本家のリリースノートの変更をマージした際は、インポートしたリビジョンをWikiのコメント欄に書き込んでください。

= Introduction =

These release notes for '''Ubuntu 18.04 LTS''' (Bionic Beaver) provide an overview of the release and document the known issues with Ubuntu 18.04 LTS and its flavors

=== Support lifespan ===
The 'main' archive of Ubuntu 18.04 LTS will be supported for 5 years until [[Releases|April 2023]]. Ubuntu 18.04 LTS will be supported for 5 years for Ubuntu Desktop, Ubuntu Server, and Ubuntu Core. Ubuntu Studio 18.04 will be supported for 9 months. All other flavors will be supported for 3 years. 

=== Official flavor release notes ===
Find the links to release notes for official flavors [[#Official_flavors|here]].

<<BR>>
= Get Ubuntu 18.04 LTS =
== Download Ubuntu 18.04 LTS ==

Images can be downloaded from a location near you.

You can download ISOs and flashable images from:
http://releases.ubuntu.com/18.04/ (Ubuntu Desktop and Server) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu/releases/18.04/release/ (Less Popular Ubuntu Images) <<BR>>
http://cloud-images.ubuntu.com/daily/server/bionic/current/ (Ubuntu Cloud Images) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/netboot/18.04/ (Ubuntu Netboot) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/kubuntu/releases/18.04/release/ (Kubuntu) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/lubuntu/releases/18.04/release/ (Lubuntu and Lubuntu Alternate) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-budgie/releases/18.04/release/ (Ubuntu Budgie) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntukylin/releases/18.04/release/ (Ubuntu Kylin) <<BR>>
https://ubuntu-mate.org/download/ (Ubuntu MATE) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntustudio/releases/18.04/release/ (Ubuntu Studio) <<BR>>
http://cdimage.ubuntu.com/xubuntu/releases/18.04/release/ (Xubuntu)

== Upgrading from Ubuntu 16.04 LTS ==
'''Upgrades from 16.04 LTS will not be enabled until a few days after 18.04.1's release expected in [[BionicBeaver/ReleaseSchedule|late July]].'''

== Upgrading from Ubuntu 17.10 ==

To upgrade on a desktop system:

## * Open the "Software & Updates" Setting in System Settings.
## * Select the 3rd Tab called "Updates".
## * Set the "Notify me of a new Ubuntu version" dropdown menu to "For any new version".
## * Press Alt+F2 and type ` update-manager -cd ` into the command box.
 * Press Alt+F2 and type ` update-manager -c ` into the command box.
 * Update Manager should open up and tell you that Ubuntu 18.04 LTS is now available.
 * If not you can run ` /usr/lib/ubuntu-release-upgrader/check-new-release-gtk`
 * Click Upgrade and follow the on-screen instructions.

To upgrade on a server system:
 * Install  ` update-manager-core ` if it is not already installed.## * Make sure the {{/{Prompt}/}} line in /etc/update-manager/release-upgrades is set to normal.
## * Make sure the {{/{Prompt}/}} line in /etc/update-manager/release-upgrades is set to normal.
## * Make sure the {{/{Prompt}/}} line in /etc/update-manager/release-upgrades is set to lts.
 * Launch the upgrade tool with the command ` sudo do-release-upgrade `
 * Follow the on-screen instructions.
Note that the server upgrade will use GNU screen and automatically re-attach in case of dropped connection problems.

There are no offline upgrade options for Ubuntu Desktop and Ubuntu Server. Please ensure you have network connectivity to one of the official mirrors or to a locally accessible mirror and follow the instructions above.

<<BR>>
= New features in 18.04 =

 * For other changes since 16.04 LTS, see the [[ArtfulAardvark/ReleaseNotes|17.10 Release Notes]],[[ZestyZapus/ReleaseNotes|17.04 Release Notes]] and [[YakketyYak/ReleaseNotes|16.10 Release Notes]].

== Updated Packages ==

=== Linux kernel 4.15 ===

Ubuntu 18.04 ships with a v4.15 based Linux kernel, enabling the latest hardware and peripherals available from IBM, Intel, and others. The 18.04 kernel delivers new features inherited from upstream, including:

 * CPU controller for the cgroup v2 interface
 * AMD secure memory encryption support
 * The latest MD driver with software RAID enhancements
 * Improved power management for systems with SATA Link Power Management

We also see notable Ubuntu specific achievements with:

 * Linux security module stacking support
 * Support for signing of POWER host and NV kernels
 * Backport improved support for IBM and Intel hardware from Linux 4.16

=== OpenJDK ===

As of 18.04 release, OpenJDK 10 is the default JRE/JDK. Once OpenJDK 11 reaches GA in September 2018, it will become the default in 18.04.

OpenJDK 8 has moved to universe and will remain available there for the life of 18.04, to provide migration time for packages, custom applications, or scripts that can't be build with OpenJDK 10 or 11. OpenJDK 8 will be updated in 18.04 until Ubuntu 16.04 LTS reaches EOL in April 2021.

イントロダクション

このリリースノートには、 Ubuntu 18.04 LTS (Bionic Beaver) のリリース概要とUbuntu 18.04とそのフレーバーに関する既知の不具合を記述しています。

サポート期間

Ubuntu 18.04 LTS の 'main' アーカイブは 2023年4月 までの5年間サポートされます。Ubuntu 18.04 LTS は Ubuntu Desktop、Ubuntu Server、Ubuntu Coreに関しては5年間サポートされます。Ubuntu Studio 18.04 は9か月間サポートされます。そのほかすべてのフレーバーは3年間サポートされます。

公式フレーバーのリリースノート

公式フレーバーのリリースノートはこちらで確認できます


Ubunt 18.04 LTS を入手する

Ubuntu 18.04 LTS をダウンロードする

インストールイメージは、以下からダウンロードできます。お近くのミラーからも入手できるでしょう。

インストールイメージのダウンロードサイト:

http://releases.ubuntu.com/18.04/ (Ubuntu Desktop and Server)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu/releases/18.04/release/ (Less Popular Ubuntu Images)
http://cloud-images.ubuntu.com/daily/server/bionic/current/ (Ubuntu Cloud Images)
http://cdimage.ubuntu.com/netboot/18.04/ (Ubuntu Netboot)
http://cdimage.ubuntu.com/kubuntu/releases/18.04/release/ (Kubuntu)
http://cdimage.ubuntu.com/lubuntu/releases/18.04/release/ (Lubuntu and Lubuntu Alternate)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-budgie/releases/18.04/release/ (Ubuntu Budgie)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntukylin/releases/18.04/release/ (Ubuntu Kylin)
https://ubuntu-mate.org/download/ (Ubuntu MATE)
http://cdimage.ubuntu.com/ubuntustudio/releases/18.04/release/ (Ubuntu Studio)
http://cdimage.ubuntu.com/xubuntu/releases/18.04/release/ (Xubuntu)

Ubuntu 16.04 LTS からのアップグレード

16.04LTSからのアップグレードは7月後半に予定されている 18.04.1 のリリースから数日経過しないと有効になりません。

Ubuntu 17.10 からのアップグレード

デスクトップ環境でのアップグレード手順は次のとおりです:

  • Alt + F2を押してコマンドボックスに  update-manager -c  と入力します。

  • 「ソフトウェアの更新」が開いて、次のように表示されるはずです: 「18.04 LTS が入手可能です」
    • 表示されない場合、 /usr/lib/ubuntu-release-upgrader/check-new-release-gtk  を使用することもできます。

  • 「アップグレード」を押し、画面に表示される指示に従います。

サーバー環境でアップグレードするには、次の手順を用います:

  •  update-manager-core  をインストールしていない場合はインストールします。

  •  sudo do-release-upgrade  のコマンドでアップグレードツールを起動します。

  • 画面に表示される指示に従います。

注意: サーバーのアップグレードではGNU screenを使用しており、通信が切断されてしまった場合などでも自動的に再アタッチします。

Ubuntu Deskotp および Ubuntu Server のオフラインでのアップグレードオプションはありません。公式ミラーや各地の接続可能なミラーのいずれかにネットワーク接続できることを確認して、上記の指示に従ってください。


18.04 の新機能

アップデートされたパッケージ

Linux kernel 4.15

Ubuntu 18.04 は v4.15 ベースの Linux カーネルを同梱しています。これは IBM や Intel そのほかのハードウェアおよび周辺機器を有効にします。18.04 カーネルはアップストリームから継承する新機能を提供します。それには次が含まれます。

  • cgroup v2 インターフェイスの CPU コントローラー
  • AMD セキュアメモリ暗号化サポート
  • ソフトウェア RAID 強化搭載の最新の MD ドライバー
  • SATA Link Power Management 搭載のシステムに対する改善された電源管理

また、 Ubuntu 固有のものとして特筆すべきものは以下の通りとなります。

  • Linux security module stacking サポート
  • POWERホストとNV kernelsの署名サポート
  • Linux 4.16 からバックポートされた IBM および Intel ハードウェアの改善されたサポート

OpenJDK

18.04 リリース時点で、OpenJDK 10 がデフォルトの JRE/JDK です。2018年9月に OpenJDK 11 が GA に到達すると、それが 18.04 のデフォルトになります。

Open JDK 8 は universe に移動し、18.04 のサポート期間内はそこで利用できる状態になります。これはOpenJDK 10ないしは11でビルドできないパッケージやカスタムアプリケーションないしはスクリプトを移行するための時間を提供するためのものです。OpenJDK 8は Ubuntu 16.04 LTS が EOL に到達する2021年4月までは18.04でアップデートされる予定です。

== Security Improvements ==

In Ubuntu 18.04 LTS, gcc is now set to default to compile applications as position independent executables (PIE) as well as with immediate binding, to make more effective use of Address Space Layout Randomization (ASLR). All packages in main have been rebuilt to take advantage of this, with a few exceptions. 

Mitigations are in place to protect against Spectre and Meltdown. See the [[https://wiki.ubuntu.com/SecurityTeam/KnowledgeBase/SpectreAndMeltdown|Spectre and Meltdown KnowledgeBase article]] for more details about the remediation and [[https://wiki.ubuntu.com/SecurityTeam/KnowledgeBase/SpectreAndMeltdown/MitigationControls|configuration options]].

'''`bolt`''' and '''`thunderbolt-tools`''' have been promoted to main to provide security controls for Thunderbolt devices.

=== Default CIFS/SMB protocol version change in CIFS mounts ===
Since 17.10, the default SMB protocol used when mounting remote CIFS filesystems via `mount.cifs` (from the `cifs-utils` package) changed to 2.1 or higher, depending on what is negotiated with the server. If no version is specified when mounting such a remote share, the following will be logged:
{{/{
No dialect specified on mount. Default has changed to a more secure dialect, SMB2.1 or later (e.g. SMB3),
from CIFS (SMB1). To use the less secure SMB1 dialect to access old servers which do not support SMB3
(or SMB2.1) specify vers=1.0 on mount.
}/}}

Should you encounter compatibility issues, like [[https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/sssd/+bug/1764778|#1764778]] or [[https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/linux/+bug/1572132|#1572132]], please specify `vers=1.0` when mounting the share and please file a bug if that fixes the problem for you.

== Network configuration ==

=== New since 17.10 ===
Teaming support with libteam is available in NetworkManager.

=== New since 16.04 LTS ===

The default DNS resolver is systemd-resolved. 

'''`ifupdown`''' has been deprecated in favor of '''[[https://netplan.io/|netplan.io]]''' and is no longer present on new installs. The installer will generate a configuration file for netplan.io in the ''/etc/netplan'' directory.  This netplan.io configuration in turn renders backend-specific configuration via either systemd-networkd or NetworkManager.  Desktop users will see their system fully managed via NetworkManager as it has been the case in previous releases.  Server users will now see their network devices managed via systemd-networkd. This only applies to new installations.

Given that `ifupdown` is no longer installed by default, the commands: `ifup` and `ifdown` are also unavailable. Please use the `ip` command to achieve similar functionality, specifically `ip link set $device up` and `ip link set $device down`.

The '''`networkctl`''' command is now available for users to see a summary of network devices. `networkctl status` will display the current global state of IP addresses on the system. `networkctl status $device` displays details specific to a network device.

The `ifupdown` package remains available and supported in Ubuntu main for users that find netplan does not currently meet their networking needs.

For more information about netplan.io, please refer to the manual page using the `man 5 netplan` command or visit https://netplan.io/.

Scripts in `/etc/network/ifup.d` and `/etc/network/ifdown.d` no longer work in this new configuration. For the systemd-networkd backend, similar scripts can be added into subdirectories of `/usr/lib/networkd-dispatcher` (`dormant.d`, `no-carrier.d`, `off.d`, `routable.d`), if `networkd-dispatcher` is installed. Later on, custom scripts can be placed in `/etc/networkd-dispatcher` and potentially also override the ones in `/usr/lib`.

== Other base system changes since 16.04 LTS ==

 * The '''`gpg`''' binary is provided by [[https://debian-administration.org/users/dkg/weblog/116|gnupg2]]
 * For new installs, a '''swap file''' will be used by default instead of a swap partition.
 * '''Python 2''' is no longer installed by default. Python 3 has been updated to 3.6. This is the last LTS release to include Python 2 in main.
 * The installer no longer offers the encrypted home option using ecryptfs-utils. It is recommended to use full-disk encryption instead for this release. (Bug:1756840)
 * OpenSSH now refuses to use RSA keys smaller than 1024 bits. `ssh-keygen -l -f /path/to/key.pub` can report the length of a key.

セキュリティの向上

Ubuntu 18.04 LTSではgccは、アドレス空間配置のランダム化(ASLR)をより効果的にするために、immediate bindingだけでなく位置独立コード(PIE)としてアプリケーションをコンパイルします。mainにあるすべてのパッケージは一部の例外を除きこれを活用して再ビルドされました。

SpectreやMeltdownから守るための対策が講じられています。 修正や オプションの設定の詳細についてはSpectre and Meltdown KnowledgeBaseの記事を確認してください。

Thunderboltデバイスのセキュリティ制御を提供するため、 boltthunderbolt-tools はmainパッケージになりました。

CIFS マウントのデフォルトの CIFS/SMB プロトコルバージョンの変更

17.10より、mount.cifs (cifs-utils パッケージのコマンド) でリモートの CIFS ファイルシステムをマウントする際に使用されるデフォルトのSMBプロトコルは 2.1 以上に変更されました。どのプロトコルが使用されるかはサーバーとのネゴシエーションの結果によります。もし、そのようなリモートのシェアをマウントする際にバージョンが指定されていない場合、次のようなログが記録されます。

No dialect specified on mount. Default has changed to a more secure dialect, SMB2.1 or later (e.g. SMB3),
from CIFS (SMB1). To use the less secure SMB1 dialect to access old servers which do not support SMB3
(or SMB2.1) specify vers=1.0 on mount.

#1764778 や #1572132のような互換性の問題が発生するかどうかは、共有にマウントする際にvers=1.0指定し、これで問題が解決していればバグとして報告してください。

ネットワーク設定

17.10からの変更点

NetworkManager で libteam によるチーミングがサポートされています。

16.04 LTS からの変更点

デフォルトの DNS リゾルバーは systemd-resolved です。

ifupdown は推奨されなくなり、netplan.io が代わりに推奨されます。また、ifupdown は新規のインストールにはもはや存在しません。インストーラーは netplan.io の設定ファイルを /etc/netplan ディレクトリに生成します。この netplan.io 設定が今度は systemd-networkd または NetworkManager のどちらかを通じてバックエンドに応じた設定ファイルを生成します。Desktopのユーザーにはこれまでのリリース通り NetworkManager 経由でシステムが完全に管理されている状態が見えることになります。Serverのユーザーには systemd-networkd 経由でネットワークデバイスが管理されている状態が見えます。これは新規インストールにのみ適用されます。

ifupdown がもはやデフォルトではインストールされないため、ifup および ifdown といったコマンドも利用できません。類似の機能を実現するために、ipコマンドを利用してください。特に ip link set $device up および ip link set $device down です。

networkctl コマンドはユーザーがネットワークデバイスの概要を確認するのに利用できます。networkctl status により、システム上のIPアドレスの現在のグローバルな状態が表示できます。networkctl status $device では特定のネットワークデバイスの詳細を表示できます。

ifupdown パッケージは netplan が現在のネットワーキングのニーズを満たさないと考えているユーザーのために Ubuntu の main で利用可能であり、サポートされています。

netplan.io に関する詳細は man 5 netplan を使ってマニュアルページを参照するか、 https://netplan.io/ をご覧ください。

/etc/network/ifup.d および /etc/network/ifdown.d にあるスクリプトはこの新しい設定では動作しません。systemd-networkd バックエンドの場合は、networkd-dispatcher がインストールされていれば、/usr/lib/networkd-dispatcher のサブディレクトリ(dormant.d, no-carrier.d, off.d, routable.d)に類似のスクリプトを追加することができます。後ほど、/etc/networkd-dispatcher にカスタムのスクリプトを置くことも可能で、潜在的にも /usr/lib にあるスクリプトを置き換えることができます。

16.04 LTS 以降のそのほかのベースシステムの変更

  • gpg バイナリーは gnupg2 により提供されています。

  • 新しいインストールでは スワップファイルがスワップパーティションの代わりに利用されます。

  • Python 2 はもはやデフォルトではインストールされません。Python 3は3.6にアップデートされています。このリリースが Python 2が main に含まれる最後の LTS リリースとなります。

  • インストーラーはもはや encryptfs-utils を利用したホームパーティションの暗号化を提供しません。このリリースではディスク全体の暗号化が代わりに推奨されます (Bug:1756840)。

  • OpenSSH は1024ビットより小さな RSA キーの使用を拒絶します。ssh-keygen -l -f /path/to/key.pub はキーの長さを報告することができます。

Ubuntu Desktop

=== New since 17.10 ===
 * X is the default display server. '''Wayland''' is provided as a Technical Preview and is expected to be the default display server in 20.04 LTS. To try it out, just choose ''Ubuntu on Wayland'' from the cog on the log in screen.
 * The installer offers a '''minimal install''' option for a basic desktop environment with a web browser and core system utilities. Many official 18.04 desktop flavors are using this new feature too!
 * Apps provided by GNOME have been updated to '''3.28'''. For more details about GNOME 3.28, see their [[https://help.gnome.org/misc/release-notes/3.28/|Release Notes]].
 * '''!LibreOffice''' has been updated to [[https://wiki.documentfoundation.org/ReleaseNotes/6.0|6.0]].
 * Emoji now show in '''color''' in most apps. Keyboard shortcuts for the emoji input chooser are Ctrl+. or Ctrl+;
 * '''Calendar''' now supports weather forecasts.
 * Some utilities have been switched to the '''snap''' format for new installs (Calculator, Characters, Logs, and System Monitor). Snap apps provide better isolation which allows them to be upgraded to new stable releases during the LTS lifecycle.
 * The '''Characters''' app replaces the older Character Map by default.
 * The Ubuntu Software app allows easy switching between different '''channels''' for Snap apps.
 * The '''To Do''' app has been added to the default normal install.
 * '''spice-vdagent''' is pre-installed for better performance for Spice clients such as the GNOME Boxes app.
 * The right-click method for touchpads without physical buttons has changed to a '''two-finger click''' instead of clicking in the bottom right of the touchpad. You can use the GNOME Tweaks app (not installed by default) to change this setting.
 * Although libinput is the default driver for mice and touchpads, it is now possible to use the '''synaptics'''  driver with the Settings app. Support for the synaptics driver will be dropped in a future Ubuntu release.
 * Computers will '''automatically suspend''' after 20 minutes of inactivity while on battery power.
 * GNOME Shell now supports '''Thunderbolt 3'''.

17.10からの変更点

  • X がデフォルトのディスプレイサーバーです。 Wayland はテクニカルプレビューとして提供され、20.04 LTS でデフォルトになることが期待されています。Wayland を試すには、画面上の歯車から Ubuntu on Wayland を選択するだけです。

  • インストーラーは 最小インストール オプションを提供します。これはウェブブラウザーとそのほかのコアシステムのユーティリティーの基本的なデスクトップ環境のためのオプションです。多くのオフィシャルの18.04のデスクトップフレーバーはこの新しい機能を同じく使います!

  • GNOME により提供されるアプリケーションは 3.28 にアップデートされました。GNOME 3.28についてのより詳細な情報は、そのリリースノートをご覧ください。

  • LibreOfice6.0にアップデートされました。

  • 多くのアプリケーションで絵文字がカラーで表示されるようになりました。絵文字入力のためのキーボードショートカットは Ctrl+. または Ctrl+; です。

  • カレンダー は天気予報もサポートするようになりました。

  • 新しいインストールでいくつかのユーティリティーが snap フォーマットに移行しました(Calculator, Characters, Logs, and System Monitor)。Snap アプリケーションはより良い隔離を提供し、それにより、LTSライフサイクルの間、新しい安定版リリースにアプリケーションをアップグレードすることができます。

  • To Do アプリケーションがデフォルトの通常インストールに加えられました。

  • spice-vdagent は GNOME Boxes アプリといった Spice クライアントのパフォーマンス改善のために事前インストールされています。

  • 物理ボタンのないタッチパッドで右クリックする方法が 2本指クリック に変更されました。以前はタッチパッドの右側をクリックでした。GNOME Tweakアプリ(デフォルトではインストールされていません)を利用することでこの設定を変更することができます。

  • libinput がマウス及びタッチパッドのデフォルトのドライバーになりましたが、synaptics ドライバーも設定アプリを使うことで今も利用可能です。synaptics ドライバーのサポートは将来の Ubuntu のリリースではドロップされます。

  • コンピューターはバッテリー駆動の場合に、20分間アクティビティがないと 自動的にサスペンド します。

  • GNOME Shell は Thunderbolt 3 をサポートするようになりました。

=== Other highlights since 16.04 LTS ===

 * '''32-bit''' installer images are no longer provided for Ubuntu Desktop.
 * The Ubuntu Desktop now uses '''GNOME''' instead of Unity.
 * '''GDM''' has replaced LightDM as the default display manager. The login screen now uses virtual terminal 1 instead of virtual terminal 7.
 * Window control buttons are back on the '''right'''.
 * '''Driverless printing support''' is now available.
 * GNOME's built-in '''screen keyboard''' is used instead of Onboard.
 * '''Calendar''' has a Week View and supports recurring events.
 * These apps have received major user interface redesigns: Disk Usage Analyzer, Files (nautilus), Remmina, Settings, and Ubuntu Software.
 * System Log has been replaced by '''Logs''', an app to view logs from the systemd journal.
 * Many GNOME apps now have a '''Keyboard Shortcuts''' popup available in the app menu.
 * '''gconf''' is no longer installed by default since it has long been superseded by gsettings. Note that statistics and preferences for the Aisleriot card games will be reset when upgrading from 16.04 LTS or 16.10. gconf will be removed from the Ubuntu package archives in a future Ubuntu release.
 * The '''Ubuntu GNOME''' flavor has been discontinued. If you are using Ubuntu GNOME, you will be upgraded to Ubuntu. Choose the ''Ubuntu'' session from the cog on the login screen if you would like the default Ubuntu experience.
 * Install '''gnome-session''' then restart your computer and choose ''GNOME'' (or ''GNOME on Wayland'') from the cog on the login screen if you would like to try a more upstream version of GNOME. If you'd like to also install more core apps, install the '''vanilla-gnome-desktop''' metapackage.

16.04 LTS からのその他の変更点

  • 32ビットの インストーラーイメージは Ubuntu Desktop 向けにはもはや提供されなくなりました。

  • Ubuntu Desktop は Unity に代わり GNOME を使っています。

  • LightDM に代わって GDM がデフォルトのディスプレイマネージャーになりました。ログインスクリーンは仮想端末7に代わり、仮想端末1を使います。

  • ウィンドウコントロールのボタン群が に戻りました。

  • ドライバーレスプリンティングサポート が利用可能になりました。

  • GNOME のビルトインのスクリーンキーボードが Onboard に代わって利用されるようになりました。

  • カレンダーで1週間のビューが使えるようになり、繰り返しのイベントがサポートされました。

  • 次のアプリケーションが大幅なユーザーインターフェースの再デザインを受け入れました: ディスク使用率、ファイル(Nautilus)、Remmina、設定、そして、Ubuntu ソフトウェアです。
  • システムログは ログ に置き換わりました。このアプリは systemd のジャーナルのログを表示させることができます。

  • 多くの GNOME アプリケーションはキーボードショートカットのポップアップがアプリメニューで利用可能になりました。

  • gconf はもはやデフォルトではインストールされません。gconfは長い間、gsettings に置き換わられているためです。Aisleriot カードゲームの統計とパフォーマンスは16.04 LTS または16.10からアップグレードされるときにリセットされます。gconfは将来の Ubuntu のリリースでは Ubuntu のパッケージアーカイブから削除されます。

  • Ubuntu GNOME フレーバーは継続されなくなりました。Ubuntu GNOME をお使いの場合は、Ubuntu にアップグレードされます。Ubuntu のデフォルトのエクスペリエンスが気に入った場合は、ログインスクリーンから歯車のアイコンから Ubuntu セッションを選択してください。

  • もし、より上流のバージョンのGNOMEが使いたいと思った場合は、 gnome-session をインストールしてコンピューターを再起動し、ログインスクリーンの歯車から GNOME (または、GNOME on Wayland) を選択してください。より多くのコアアプリのインストールもしたい場合は、 vanila-gnome-desktop メタパッケージをインストールしてください。

Ubuntu Server

=== New since 17.10 ===

=== Server installer ===

The next generation [[https://github.com/CanonicalLtd/subiquity|Subiquity]] server installer, brings the comfortable live session and speedy install of Ubuntu Desktop to server users at last.

N.B., If you require LVM, RAID, multipath, vlans, bonds, or the ability to re-using existing partitions, you will want to continue to use the alternate installer which can be downloaded from http://cdimage.ubuntu.com/releases/18.04/release/

17.10 からの変更点

サーバーインストーラー

次世代の Subiquity サーバーインストーラーがついに、Ubuntu Desktop の快適なライブセッションとスピーディーなインストールを Server のユーザーにも提供するようになりました。

注意: LVM や RAID、multipath、vlan、ボンディング、あるいは既存のパーティションの再利用する能力が必要な場合には、 alternate インストーラーを使い続けたくなるでしょう。これはhttp://cdimage.ubuntu.com/releases/18.04/release/ よりダウンロードできます。

=== netplan.io ===

'''`ifupdown`''' has been deprecated in favor of '''[[https://netplan.io/|netplan.io]]''' and is no longer present on new installs. Backend configuration on Ubuntu Server by default is provided by '''[[http://manpages.ubuntu.com/manpages/bionic/man8/systemd-networkd.service.8.html|systemd-networkd]]'''.

Please see the [[#Network_configuration|Network configuration]] section of these release notes.

netplan.io

ifupdown は非推奨となり、新規インストールにはもはや存在しません。代わりに netplan.io が推奨されています。Ubuntu Server のバックエンド設定はデフォルトでは systemd-networkd により提供されています。

リリースノートのネットワーク設定のセクションも確認してください。

=== LXD 3.0 ===

'''LXD''' is the system container manager that ships with all Ubuntu servers.

Ubuntu 18.04 includes the all new LXD 3.0 release, some of the highlights include:

   * Clustering of LXD servers (one big virtual LXD)
   * Support for NVIDIA runtime passthrough
   * Remote transfer of custom storage volumes
   * Extended /dev/lxd API inside the containers
   * Support for port redirection
   * Numerous improvements to the command line tools

To learn more about LXD 3.0, read the [[https://discuss.linuxcontainers.org/t/lxd-3-0-0-has-been-released/1491|release announcement]].

A new external tool called '''`lxd-p2c`''' is also available to turn existing systems into LXD containers.

LXD 3.0

LXD はすべての Ubuntu Server に梱包されているシステムコンテナのマネージャーです。

Ubuntu 18.04 には LXD 3.0 リリースのすべてが含まれています。取り立てて紹介すべきものには次が含まれます:

  • LXD サーバーのクラスタリング(1つの大きな仮想的な LXD)
  • NVIDIA ランタイムパススルーのサポート
  • カスタムストレージボリュームのリモート転送
  • /dev/lxd APIのコンテナ内での拡張
  • ポートダイレクションのサポート
  • コマンドラインツールに対する数々の改善

LXD 3.0について知りたい場合は、 リリースアナウンス を読んでください。

=== QEMU 2.11.1 ===

'''QEMU''' has been updated to the 2.11.1 release.

See the [[http://wiki.qemu.org/ChangeLog/2.11|Changelog]] for major changes since Artful.

Among many other changes, fixes around [[https://meltdownattack.com/|Meltdown/Spectre]] are included. Since fully utilizing these mitigations needs more than just an upgrade, it is recommended to read details at the [[https://www.qemu.org/2018/02/14/qemu-2-11-1-and-spectre-update/|qemu.org blog post]].

QEMU in Ubuntu 18.04 now has rdma support enabled as over the past year much unification in the [[https://github.com/linux-rdma/rdma-core|rdma-core]] project has occured.  

Migrations from former versions are supported just as usual.  When upgrading it is always recommended to [[https://wiki.ubuntu.com/QemuKVMMigration#Upgrade_machine_type|upgrade the machine types]] allowing guests to fully benefit from all the improvements and fixes of the most recent version.

QEMU 2.11.1

QEMU は2.11.1リリースにアップデートされました。

Artful からの大きな変更点については Changelog を確認してください。

その他多くの変更の中に、 Meltdown/Spectre に関する修正が含まれています。これらの移行を完全に利用するには単なるアップグレード以上のことをする必要があるため、qemu.org のブログポスト で詳細を確認することを推奨します。

昨年、rdma-coreプロジェクトで統一されたことにより、Ubuntu 18.04でのQEMUはrdmaサポートが有効になりました。

以前のバージョンからの移行は通常通りサポートされています。アップグレードの際に常に推奨できるのはマシンタイプをアップグレードすることで、これにより、ゲストは最新バージョンでの改善と修正のすべての恩恵を完全に受けることができます。

=== libvirt 4.0 ===

'''`libvirt`''' has been updated to version 4.0. See the upstream [[https://libvirt.org/news.html|Changelogs]] for details since version 3.6 that was in [[https://wiki.ubuntu.com/ArtfulAardvark/ReleaseNotes|Artful]].

The packaging now builds libvirt storage drivers as pluggable libraries. This slims down the installation requirements but some drivers of less general interest will now be found in [[https://help.ubuntu.com/community/Repositories/Ubuntu|universe]]. (ex: gluster, sheepdog, zfs). On the other hand that means that a few formerly integrated features like rbd or zfs now might require you to install the package after upgrade e.g. in this case libvirt-daemon-driver-storage-zfs.

libvirt 4.0

libvirt はバージョン4.0にアップデートされました。Artful ではバージョン3.6が採用されていたため、詳細はアップストリームの Changelogs をご覧ください。

パッケージングにおいて、libvirt のストレージドライバーは脱着可能なライブラリとしてビルドされるようになりました。これによりインストール要件はスリムダウンしましたが、あまり一般的に関心がもたれないいくつかのドライバーは universe で見つけられる状態になりました(例えば、glusterや、sheepdog、zfs があります)。一方、rbdやzfsのような以前は統合されていた機能については、アップグレード後にパッケージをインストールする必要があるかもしれません。この場合ではlibvirt-daemon-driver-storage-zfsなどになります。

=== DPDK 17.11.x ===

Ubuntu includes 17.11.x the latest stable release branch of '''DPDK'''.

See the [[http://dpdk.org/doc/guides/rel_notes/release_17_11.html|Release Notes]] for details.

By the new [[https://wiki.ubuntu.com/StableReleaseUpdates/DPDK|Stable Release exception for DPDK]] future stable updates to 17.11.x will be made available to Ubuntu 18.04

DPDK 17.11.x

Ubuntu には DPDK の最新の安定版リリースである17.11.xが含まれています。

詳細はリリースノートをご覧ください。

新しい DPDK に対する SRU により、17.11.xに対する将来の安定版のアップデートは Ubuntu 18.04でも利用可能になります。

=== Open vSwitch 2.9 ===

'''Open vSwitch''' has been updated to 2.9.

Please read the [[http://openvswitch.org/releases/NEWS-2.9.0|release notes]] for more detail.

=== Chrony ===

In Ubuntu 18.04 '''[[https://chrony.tuxfamily.org/|chrony]]''' will replace '''`ntpd`''' as the recommended server for the NTP protocol.  See the [[https://chrony.tuxfamily.org/news.html|upstream changelog]] for an overview of recent changes as well as the [[https://chrony.tuxfamily.org/faq.html|FAQ]] which will help for smooth conversions from NTP.

The [[https://chrony.tuxfamily.org/comparison.html|comparison]] among ntp servers by the chrony maintainers may interest some users looking to see a high level reason why this change was made.  It does lack the rather new and not yet completely ready [[https://www.ntpsec.org/|ntpsec]], but otherwise is a fair analysis.

For simple time sync needs the base system already comes with [[https://www.freedesktop.org/software/systemd/man/timedatectl.html|systemd-timesyncd]]. Chrony is only needed to act as a time server or if you want the advertised more accurate and efficient syncing.

Going along with this change, `ntpd` has been demoted from [[https://help.ubuntu.com/community/Repositories/Ubuntu|main to universe]]. `ntpd` will continue to work but will only receive best-effort security maintenance.  When upgrading to Ubuntu 18.04 it is highly recommended to migrate to '''`chrony`''' if you had set up `ntpd` before.

Open vSwitch 2.9

Open vSwitch は2.9にアップデートされました。

詳細はリリースノートをご覧ください。

Chrony

Ubuntu 18.04では ntpd に代わって chrony が NTP プロトコルのサーバーとして推奨されています。最近の変更の概要は アップストリームの changelog ご覧ください。また、FAQ も NTP からのスムーズな移行のための助けとなりますので、併せてご覧ください。

chrony のメンテナーによる NTP サーバー同士の比較はこのような変更がおこなわれた、高度なレベルでの理由を知りたいユーザーにとって興味深いものとなるかもしれません。この比較は、新しいというわけではなく、まだ完全に準備のできていない ntpsec を欠いているものの、それ以外の部分ではフェアな分析です。

シンプルな時刻同期の必要性を満たすため、ベースシステムには systemd-timesyncd がすでに来ています。Chronyは、より正確で効果的なアドバタイズされる動機が必要な場合に、時刻サーバーとしてふるまうために必要なだけとなります。

=== cloud-init ===
The version was updated to [[https://launchpad.net/cloud-init/trunk/18.2|18.2]]. Notable new features include:

 * VMware: support for 64-bit platforms and identifying OVF datasource provided
 * GCE: Improvements and changes to ssh key behavior for default user.
 * Azure pre-provisioning speed improvements
 * NoCloudKVM and EC2 tests now run in continuous integration.
 * New cloud support: IBMCloud and HetznerCloud now have official datasources and OpenTelekom is now recognized by cloud-id
 * OpenNebula: Improve network configuration support.
 * New cloud-init command-line tools available: status, analyze and clean
 * New ubuntu cloud-config modules for managing snaps and ubuntu-advantage services


=== curtin ===

The version was updated to [[https://launchpad.net/curtin/trunk/18.1|18.1]]. Notable features include:

 * Add experimental zpool and zfs filesystem support, including ZFS on root.
 * Add support for installing remote sources that are a filesystem image.  ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1746348|1746348]])
 * Add pollinate user-agent configuration support.
 * Improved device teardown of dirty devices to support re-deployment ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1750519|1750519]]) ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1743643|1743643]])  ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1713537|1713537]]) ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1722322|1722322]]) ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1708052|1708052]]) ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1718699|1718699]])
 * Default config now automatically tars curtin logs upon error using new `curtin collect-logs` command.
 * storage: accept filesystem mount options ([[https://bugs.launchpad.net/bugs/1709284|1709284]])
 * Extensive integration test coverage and improvements.

cloud-init

バージョンが18.2にアップデートされました。特筆すべき新機能には以下のようなものがあります:

  • VMware: 64ビットのプラットフォームと提供される OVF データソースの特定がサポートされました。
  • GCE: デフォルトユーザーの SSH 鍵のふるまいが改善・変更されました。
  • Azure のプレ・プロビジョニングのスピードが改善しました。
  • NoCloudKVM および EC2 テストが継続的インテグレーションで動作するようになりました。
  • 新しいクラウドサポート: IBMCloud および HetznerCloud は公式のデータソースを持つようになり、 OpenTelekom は cloud-id により認識されるようになりました。

  • OpenNebula: ネットワーク設定のサポートが改善しました。

  • 新しい cloud-init のコマンドラインツールが利用可能になりました: status、analyze そして clean です。
  • snap と ubuntu-advantage サービスのための新しい Ubuntu の cloud-config モジュール導入されました。

curtin

バージョンが18.1に更新されました。以下の素晴らしい機能が含まれます:

  • ZFSをルートファイルシステムにすることを含めて、実験的にzpoolとzfsファイルシステムをサポートしました。
  • ファイルシステムイメージであるリモートソースへのインストールをサポートしました。 (1746348)

  • pollinate ユーザーエージェントの設定をサポートしました。
  • 再デプロイをサポートするために、ダーティなデバイスの分解を改善しました。(1750519) (1743643) (1713537) (1722322) (1708052) (1718699)

  • デフォルトの設定では、新しい curtin collect-logsコマンドを使い、エラー発生時に自動的にcurtinログを記録するようになりました。

  • ストレージ: ファイルシステムのマウントオプションを受け入れるようになりました。(1709284)

  • 広範囲に及ぶインテグレーションテストカバレッジと改善を行いました。

=== MAAS ===

The version was updated to [[https://launchpad.net/maas/2.4|2.4b2]]. Notable features include:

 * Add audit logging
 * Add KVM pod support to create tags, select the storage pool, and compose machines with multiple storage pools.
 * Add UI for DNS management
 * Add the commissioning template framework for HBA management.
 * Add the commissioning template framework for Firmware Upgrades.
 * Improve UI performance by performance.
 * Improve MAAS' backend performance and
 * Improve the UI for the Settings.
 * Add experimental support to configure zfs as the root filesystem.
 * Switch to use Chrony instead of ntp.

For more information, please visit the [[https://maas.io|MAAS website]] or review the [[https://docs.maas.io/devel/en/release-notes|2.4 Release Notes]].

MAAS

バージョンは 2.4b2 にアップデートされました。特筆すべき新機能には以下のようなものがあります:

  • 監査ログ記録の追加
  • タグの作成、ストレージプールの選択、複数のストレージプールからのマシンの組み立てをサポートする KVM pod サポートの追加
  • DNS 管理のための UI の追加
  • HBA 管理のためのコミッショニングテンプレートフレームワークの追加
  • ファームウェアアップグレードのためのコミッショニングテンプレートフレームワークの追加
  • Performance by Performance UIの改善
  • MAAS のバックエンドパフォーマンスの改善
  • Settings の UI の改善
  • zfs をルートファイルシステムとして設定する実験的なサポートの追加
  • ntp に代わり、 Chrony を使用するように変更

詳細は MAAS website をご覧いただくか、 2.4リリースノート を精査してください。

=== SSSD ===
SSSD was updated to version 1.16.x and its secrets service is now enabled. Previously it was disabled because it required the http-parser library which lived in Universe, but a successful MIR brought it to main so SSSD could link with it.

The defaults for autofs related configuration settings changed in SSSD 1.14.0 (see https://pagure.io/SSSD/sssd/issue/2858). If you are upgrading from SSSD 1.13 in Xenial, you might have to explicitly specify all `ldap_autofs_*` settings in your `sssd.conf` to match your data in LDAP.

These are the defaults, based on the setting of `ldap_schema`:
|| '''sssd.conf setting''' || '''xenial default''' || '''bionic default''' ||
|| ldap_autofs_map_object_class || automountMap || nisMap (rfc2307, autofs_provider=ad), otherwise automountMap ||
|| ldap_autofs_map_name || ou (rfc2307), automountMapName (rfc2307bis, ipa, ad) || nisMapName (rfc2307, autofs_provider=ad), otherwise automountMapName ||
|| ldap_autofs_entry_object_class || automount || nisObject (rfc2307, autofs_provider=ad), otherwise automount ||
|| ldap_autofs_entry_key || cn (rfc2307), automountKey (rfc2307bis, ipa, ad) || cn (rfc2307, autofs_provider=ad), otherwise automountKey ||
|| ldap_autofs_entry_value || automountInformation || nisMapEntry (rfc2307, autofs_provider=ad), otherwise automountInformation ||

 See [[https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/sssd/+bug/1767886/comments/3|bug #1767886]] for details.

=== Nginx ===

[[http://nginx.org/|nginx]] was updated to version 1.14.0. New features include [[http://nginx.org/en/docs/http/ngx_http_mirror_module.html|the mirror module]], [[http://nginx.org/en/docs/http/ngx_http_v2_module.html#http2_push|HTTP/2 push]], and the [[http://nginx.org/en/docs/http/ngx_http_grpc_module.html|gRPC proxy module]].  

=== PHP ===
PHP was updated to version 7.2.x. For upstream guidance on migrating from PHP 7.1 (Artful's version) to 7.2: http://php.net/manual/en/migration72.php. Also of relevance might be the 7.0 to 7.1 migration documentation: http://php.net/manual/en/migration71.php.

=== Apache ===
Apache was updated to version 2.4.29. Additionally, HTTP/2 support is now enabled in 18.04.

SSSD

SSSDはバージョン1.16.xに更新され、シークレットサービスが有効になりました。以前は必須であったhttp-parserライブラリがuniverseであったため無効となっていましたが、MIR(訳注:Mainへの取り込みリクエスト)が成功したことにより、SSSDがこれらにリンクできるようになりました。

デフォルトのautofsに関連する構成の設定はSSSD 1.14.0 で変更しました( https://pagure.io/SSSD/sssd/issue/2858 )。XenialのSSSD 1.13からアップグレードを行う場合、sssd.conf におけるすべての ldap_autofs_* の設定を明示的に指定して、LDAPのデータと一致させる必要があります。

ldap_schema の設定に基づいたデフォルトの内容:

sssd.confの設定

xenialでのデフォルト

bionicでのデフォルト

ldap_autofs_map_object_class

automountMap

nisMap (rfc2307, autofs_provider=ad), otherwise automountMap

ldap_autofs_map_name

ou (rfc2307), automountMapName (rfc2307bis, ipa, ad)

nisMapName (rfc2307, autofs_provider=ad), otherwise automountMapName

ldap_autofs_entry_object_class

automount

nisObject (rfc2307, autofs_provider=ad), otherwise automount

ldap_autofs_entry_key

cn (rfc2307), automountKey (rfc2307bis, ipa, ad)

cn (rfc2307, autofs_provider=ad), otherwise automountKey

ldap_autofs_entry_value

automountInformation

nisMapEntry (rfc2307, autofs_provider=ad), otherwise automountInformation

詳細は bug #1767886 を確認してください。

Nginx

nginxはバージョン1.14.0に更新されました。 ミラーモジュールHTTP/2 プッシュ、そしてgRPCプロキシモジュールなどの新しい機能を含んでいます。

PHP

PHP はバージョン7.2.xにアップデートされました。PHP 7.1(Artfulのバージョン)から7.2への移行に関するアップストリームのガイダンスは http://php.net/manual/en/migration72.php です。7.0から7.1への移行ドキュメントも関連があるかもしれません: http://php.net/manual/en/migration71.php

Apache

Apache はバージョン2.4.29にアップデートされました。加えて HTTP/2 のサポートも、18.04で有効になりました。

=== landscape-client ===
landscape-client has been ported to Python 3 and is now available to install on the default image.

=== ubuntu-advantage-tools ===
 * New dynamic MOTD support for Canonical Livepatch. This indicates, at a glance, the status of livepatches when logging in on a console.
 * New ```enable-fips-updates``` command to enable a special FIPS repository with non-certified updates for FIPS enabled systems.

landscape-client

landscape-client は Python 3にポートされ、デフォルトイメージでインストールできるようになりました。

ubuntu-advantage-tools

  • Canonical Livepatch用の、新しい動的なMOTDサポート。コンソールにログインしたとき、Livepatchの状態がひと目でわかるように通知されます。
  • 新しいenable-fips-updatesコマンドは、FIPSが有効なシステム向けに、未公認の更新がある特別なFIPSレポジトリを有効にします。

=== s390x-specific enhancements (since 17.10) ===
 * improvements for IBM z14,z14 ZR1,LinuxONE Rockhopper II and LinuxONE Emporer II (Bug:1725260) (Bug:1736100)
 * s390-tools major version upgrade to v2.2.0 (Bug:1735447)
 * cryptsetup rebase and enhancements in support of dm-crypt (Bug:1724592)
 * protected key support for dm-crypt (Bug:1741904)
 * TLB enhancements (Bug:1732426) (Bug:1732452)
 * TOD-Clock Epoch Extension Support (Bug:1732437) (Bug:1732691)
 * DASD multi-queue (Bug:1732446) support and block layer discard support (Bug:1732440)
 * Improved memory handling (Bug:1734120)
 * support for new crypto hardware CEX6S (Bug:1735437)
 * AP bus kernel API for KVM (Bug:1732449)
 * CPU-MF/perf improvement (Bug:1735433)
 * CPACF enhancements and acceleration for AES GCM (Bug:1735438) (Bug:1743750)
 * HiperSocket connections enhacements (Bug:1735695)
 * parted update for fdasd/vtoc (Bug:1737144)
 * openssl-ibmca rebase (Bug:1747626)
 * opencryptoki rebase for EP11 and ECC enhancement (Bug:1751272)
 * lock optimization enhancement (Bug:1747877)
 * libica upgrade for z14 and ECC support (Bug:1737159) and to use PRNO-TRNG to seed SHA512-DRBG (Bug:1754617)
 * auto detect layer2 setting in qeth driver (Bug:1747639)
 * Kernel support for STHYI/LPAR (Bug:1736093)
 * rebase libpfm4 for z13/z13s CPU-MF hardware counters (Bug:1741905)

s390x特定の機能拡張 (17.10以降)

  • IBM z14,z14 ZR1,LinuxONE Rockhopper IIやLinuxONE Emporer IIの改良 (Bug:1725260) (Bug:1736100)

  • s390-toolsのメジャーバージョンをv2.2.0に更新 (Bug:1735447)

  • cryptsetupのリベースとdm-cryptのサポートを強化 (Bug:1724592)

  • dm-cryptのための保護されたキーをサポート (Bug:1741904)

  • TLBの機能拡張 (Bug:1732426) (Bug:1732452)

  • TOD-Clockのエポック拡張サポート (Bug:1732437) (Bug:1732691)

  • 直接アクセス記憶装置(DASD)のマルチキュー(Bug:1732446)サポートとblock layer discardサポート (Bug:1732440)

  • メモリーハンドリングの改良 (Bug:1734120)

  • 新しいCEX6S暗号アダプター向けのサポート (Bug:1735437)

  • KVM向けのAP bus kernel API (Bug:1732449)

  • CPU-MFのパフォーマンス改良 (Bug:1735433)

  • AES GCMのCPACF拡張とアクセラレーション (Bug:1735438) (Bug:1743750)

  • HiperSocketのコネクション拡張 (Bug:1735695)

  • fdasd/vtoc向けのpartedを更新 (Bug:1737144)

  • openssl-ibmcaのリベース (Bug:1747626)

  • EP11とECC拡張向けのopencryptokiのリベース (Bug:1751272)

  • ロック最適化の拡張 (Bug:1747877)

  • z14とECCサポート向け、そしてSHA512-DRBGのシードにPRNO-TRNGを利用するためのlibicaのアップグレード (Bug:1754617)

  • QETHドライバのレイヤー2設定を自動検出 (Bug:1747639)

  • STHYI/LPAR向けのカーネルサポート (Bug:1736093)

  • z13/z13s CPU-MF hardware counters向けのlibpfm4のリベース (Bug:1741905)

=== OpenStack Queens ===

Ubuntu 18.04 includes the latest !OpenStack release, Queens, including the following components:

 * !OpenStack Identity - Keystone
 * !OpenStack Imaging - Glance
 * !OpenStack Block Storage - Cinder
 * !OpenStack Compute - Nova
 * !OpenStack Networking - Neutron
 * !OpenStack Telemetry - Ceilometer, Aodh, Gnocchi, and Panko
 * !OpenStack Orchestration - Heat
 * !OpenStack Dashboard - Horizon
 * !OpenStack Object Storage - Swift
 * !OpenStack Database as a Service - Trove
 * !OpenStack DNS - Designate
 * !OpenStack Bare-metal - Ironic
 * !OpenStack Filesystem - Manila
 * !OpenStack Key Manager - Barbican

Please refer to the [[http://releases.openstack.org/queens/|OpenStack Queens release notes]] for full details of this release of !OpenStack.

!OpenStack Queens is also provided via the [[OpenStack/CloudArchive|Ubuntu Cloud Archive]] for !OpenStack Queens for Ubuntu 16.04 LTS users.

'''WARNING''': Upgrading an !OpenStack deployment is a non-trivial process and care should be taken to plan and test upgrade procedures which will be specific to each !OpenStack deployment.

Make sure you read the [[https://docs.openstack.org/charm-guide/latest/1802.html|OpenStack Charm Release Notes]] for more information about how to deploy Ubuntu !OpenStack using Juju.

OpenStack Queens

Ubuntu 18.04には、次のコンポーネントを含む最新のOpenStackリリースであるQueensが含まれています:

  • OpenStack Identity - Keystone

  • OpenStack Imaging - Glance

  • OpenStack Block Storage - Cinder

  • OpenStack Compute - Nova

  • OpenStack Networking - Neutron

  • OpenStack Telemetry - Ceilometer, Aodh, Gnocchi, and Panko

  • OpenStack Orchestration - Heat

  • OpenStack Dashboard - Horizon

  • OpenStack Object Storage - Swift

  • OpenStack Database as a Service - Trove

  • OpenStack DNS - Designate

  • OpenStack Bare-metal - Ironic

  • OpenStack Filesystem - Manila

  • OpenStack Key Manager - Barbican

このリリースにおけるOpenStackのすべての詳細は、OpenStack Queensリリースノートを参照してください。

Ubuntu 16.04 LTSユーザ向けにOpenStack Queensは、Ubuntu Cloud Archive経由でも提供されます。

警告:OpenStackデプロイのアップグレードは重要なプロセスであり、OpenStack毎に固有のアップグレード手順の計画やテストを気にするべきでしょう。

Jujuを利用したUbunu OpenStackのデプロイ方法についてのさらなる情報はOpenStack Charm リリースノートを必ず読んでください。

= Known issues =

As is to be expected, with any release, there are some significant known bugs that users may run into with this release of Ubuntu 18.04.  The ones we know about at this point (and some of the workarounds), are documented here so you don't need to spend time reporting these bugs again:

既知の問題

予想される通り、あらゆるリリースと同じように、今回のUbuntu 18.04のリリースにもユーザーが陥りそうな重大な既知の不具合がいくつか存在します。現時点で判明している不具合(およびいくつかの回避策)をここに記録しておきます。これらの不具合については、再度報告する必要はありません。

== Desktop ==

  * The computer suspends after 20 minutes of inactivity on battery power even if a user is logged in remotely. ([[https://gitlab.gnome.org/GNOME/gnome-control-center/issues/22|GNOME:gnome-control-center#22]])

  * Bluetooth audio devices cannot be used in the Greeter.  This will cause issues for people using the accessibility features such as screenreaders at the login screen.  Once logged in everything should work as expected.

  * Some admin utilities will not work with GNOME on Wayland since the apps have not been adapted to use PolicyKit to only use admin privileges for the specific functions needed. Also, some screenshot and screencast apps and all remote desktop server apps do not currently work on GNOME on Wayland. As a workaround, you can use the default Ubuntu session.

  * Exiting the live session may get stuck with a "A start job is running for " error. You may need to forcefully power off the computer if you see this. (Bug:1706939)

  * The Dock and Appindicator system extensions appear to be Off in tools like GNOME Tweaks. (They are on but cannot be disabled because they are system extensions for the Ubuntu session.) (Bug:1718850)

  * Tracker is not installed by default. When installed, you must log out and log back in for the tracker service to start (Bug:1697769)

  * Systems may fail to boot when connected over DisplayPort to an external screen, on NVidia graphics hardware such as the GTX970 chipset. (Bug:1723619)

  * When an external monitor is connected to a laptop, the login screen is only displayed on the internal one and in some case is not visible (Bug:1723025)

  * The warning dialog when a user force a UEFI installation does not respond to input event and the installation is then blocked at this stage (Bug:1724482) Avoid yourself some troubles and do not force a UEFI installation without a UEFI partition, grub-installer will fail anyway.

  * Doing an "Entire disk" installation over an existing LVM installation will fail because the installer selects the wrong boot device (Bug:1724417) Use custom partitioning instead and manually select the right boot device in the combo box.

  * The Files app [[https://didrocks.fr/2018/01/23/welcome-to-the-ubuntu-bionic-age-nautilus-a-lts-and-desktop-icons/|remains]] at 3.26.

  * Upgrading via the installer (Ubiquity) is deemed not safe due to bugs in apt-clone and so is no longer supported. (Bug:1756862) UIFE - remove ubiquity upgrade option.

  * Setting a ulimit may cause segfaults in certain applications, especially those using webkit2gtk. Disabling the ulimit should restore normal functionality.  More information in this Debian news entry: https://salsa.debian.org/webkit-team/webkit/blob/wk2/unstable/debian/NEWS

  * Occasionally login may hang after an incorrect password (Bug:1766137).  A workaround is to click cancel, click on your user and try again.

  * The installer can crash, especially noticeable on HiDPI screens where scaling has been applied (Bug:1751252).  The workaround is to boot into the live session, change Settings > Devices > Displays > Scale = 100%, click Apply and proceed with installation by clicking "Install Ubuntu 18.04 LTS".

Desktop

  • バッテリー駆動の場合、ユーザーがリモートでログインしている場合であっても、20分間操作がない場合にコンピューターがサスペンドします。(GNOME:gnome-control-center#22)

  • Bluetooth オーディオデバイスが Greeter で利用できません。これによりログインスクリーンでスクリーンリーダのようなアクセシビリティ機能を利用している方に問題が発生します。いったんログインすると、すべてが期待されたとおりに動作します。
  • Wayland 上の GNOME でいくつかの管理ツールが動作しません。これはこれらのアプリケーションが、必要とされる特別な機能のために管理者権限を使うようにだけ PolicyKit を利用するようにできていないためです。また、一部のスクリーンショットやスクリーンキャストのアプリケーションおよび、すべてのリモートデスクトップサーバーアプリケーションは Wayland 上の GNOME では現時点では動作しません。ワークアラウンドとして、デフォルトの Ubuntu セッションを使うことができます。

  • ライブセッションからの離脱は "A start job is running for" エラーにより停止するかもしれません。これに遭遇した場合、コンピューターの強制的な電源オフが必要となるかもしれません。(Bug:1706939)

  • Dock および Appindicator システムエクステンションは GNOME Tweaks のようなツールでは オフであるかのように見えます。(これらはオンですが無効になっています。というのも、Ubuntu セッションのためのシステムエクステンションとなっているためです。) (Bug:1718850)

  • Tracker はデフォルトではインストールされません。インストールされると、tracker サービスを起動するためログオフとログインをする必要があります。(Bug:1697769)

  • GTX970 チップセットといった NVidia グラフィックスハードウェア上で、外部スクリーンを DisplayPort で接続しているとブートに失敗するかもしれません。(Bug:1723619)

  • ラップトップに外部モニターが接続されている場合、ログインスクリーンが組み込みのディスプレイにのみ表示され、いくつかの場合には表示されなくなります。(Bug:1723025)

  • ユーザーが UEFI インストールを強制する場合に表示される警告のダイアログがイベントの入力に反応せず、このステージでインストールがブロックされてしまいます。(Bug:1724482) ユーザー自身でいくつかのトラブルを回避し、 UEFI パーティションなしで UEFI インストールを強制しないようにしてください。(訳者による補足: さもなくば) grub-installer はともかく失敗します。

  • 既存の LVM インストールに対し、「ディスク全体」のインストールをおこなうと失敗します。これはインストーラーが誤ったブートデバイスを選択するためです。(Bug:1724417) 代わりにカスタムのパーティション設定を使用し、コンボボックスから正しいブートデバイスを手動で選択してください。

  • 「ファイル」アプリケーションは3.26のままです

  • インストーラー(Ubiquity)経由でのアップグレードは apt-clone のバグのため安全ではないと考えられ、もはやサポートされていません。(Bug:1756862 "UIFE - remove ubiquity upgrade option")

  • ulimit の設定によりあるアプリケーション、特に webkit2gtk を使っているようなアプリケーションで segfaults が発生するかもしれません。ulimit を無効にすれば通常の機能性を回復します。詳細は次の Debian ニュースエントリーをご覧ください: https://salsa.debian.org/webkit-team/webkit/blob/wk2/unstable/debian/NEWS

  • 時々、誤ったパスワードを入力したのちログインがハングします。(Bug:1766137) 回避策はキャンセルをクリックし、自分のユーザをクリックして、やり直すことです。

  • スケーリングを適用したHiDPI画面で特に顕著にインストーラーがクラッシュします(Bug:1751252)。回避策は、ライブセッションを起動し、設定 > デバイス > ディスプレイ > スケールで100%に設定して適用をクリックし、"Install Ubuntu 18.04 LTS"をクリックしてインストールを続行します。

== Server ==

 * Partitioning step allows to configure LVM across multiple devices without requiring to setup a separate /boot partition. This may lead to failure to install the bootloader at the end of the installation, and failures to boot the resultant installations. (Bug:1680101)

 * LVM configuration cannot be removed when volume groups with the same name are found during installation. Partitioner does not support installation when multiple conflicting/identical volume groups have been detected. For example reinstalling Ubuntu with LVM across multiple disk drives that had individual LVM installations of Ubuntu. As a workaround, please format disk drives prior to installation, or from the built in shell provided in the installer. (Bug:1679184)

 * cio_ignore blacklist is no longer active after installation, because not all install-time parameters, like cio_ignore (s390x), are propagated to the installed system. Workaround is to edit /etc/zipl.conf to apply these and re-run sudo zipl to update the IPL. (Bug:1571561)

 * Importing ssh keys from GitHub or Launchpad during the installation with the new `subiquity` server installer currently won't work. ([[https://pad.lv/1766980|#1766980]])

Server

  • パーティション設定のステップで複数のデバイスにまたがる LVM 設定が、分離した /boot パーティションを要求せずに可能となってしまいます。これにより、インストール最後のブートローダーのインストールに失敗するかもしれず、結果として生じるインストールはブートに失敗するかもしれません。 (Bug:1680101)

  • LVM 設定はインストール中に見つけた同じ名前を持つボリュームグループがある場合に削除できません。Partitioner は複数の対立または同じボリュームグループが検出された場合のインストールをサポートしていません。例えば、複数ボリュームにまたがり、Ubuntu の同じインストールを持つ LVM で Ubuntu を再インストールする場合が挙げられます。回避策としては、インストール前もしくはインストーラーで提供されているビルトインシェルからにディスクデバイスをフォーマットしてください。(Bug:1679184)

  • cio_ignoreブラックリストはインストール後に有効化されなくなりました。cio_ignore (s390x)のようなインストール時のパラメーターがすべて、インストール後のシステムに反映されるわけではないからです。回避策は/etc/zipl.confを編集し、IPLを更新するためにsudo ziplを再実行することです。(Bug:1571561)

  • 新しい subiquity サーバーインストーラーでインストールする際、GitHub または Launchpad から SSH 鍵をインポートする機能は現時点では動きません(#1766980)

<<BR>>
= Official flavors =

The release notes for the official flavors can be found at the following links:

 * Kubuntu [[https://wiki.ubuntu.com/BionicBeaver/ReleaseNotes/Kubuntu]]
 * Lubuntu [[https://lubuntu.me/bionic-released/]]
 * Ubuntu Budgie [[https://ubuntubudgie.org/blog/2018/04/26/18-04-lts-ubuntu-budgie-released]]
 * Ubuntu Kylin [[https://wiki.ubuntu.com/BionicBeaver/ReleaseNotes/UbuntuKylin]]
 * Ubuntu MATE [[https://ubuntu-mate.org/blog/ubuntu-mate-bionic-final-release/]]
 * Ubuntu Studio [[https://wiki.ubuntu.com/BionicBeaver/ReleaseNotes/UbuntuStudio]]
 * Xubuntu [[http://wiki.xubuntu.org/releases/18.04/release-notes]]

<<BR>>
= More information =

=== Reporting bugs ===

Your comments, bug reports, patches and suggestions will help fix bugs and improve the quality of future releases. Please [[http://help.ubuntu.com/community/ReportingBugs|report bugs using the tools provided]].

If you want to help out with bugs, the [[http://wiki.ubuntu.com/BugSquad|Bug Squad]] is always looking for help.

=== Participate in Ubuntu ===

## These images were able to be made available to you thanks to the help of our [[https://wiki.ubuntu.com/SaucySalamander/TechnicalOverview/Beta1/Testers|QA Community]].

If you would like to help shape Ubuntu, take a look at the list of ways you can participate at

 https://community.ubuntu.com/contribute

=== More about Ubuntu ===

You can find out more about Ubuntu on the [[https://www.ubuntu.com|Ubuntu website]] and [[https://wiki.ubuntu.com|Ubuntu wiki]].

To sign up for future Ubuntu development announcements, please subscribe to Ubuntu's development announcement list at:

 https://lists.ubuntu.com/mailman/listinfo/ubuntu-devel-announce


公式フレーバー

公式フレーバーの各リリースノートは、以下のリンクで参照できます:


より詳しい情報

バグレポート

あなたのコメントやバグレポート、レポートへのコメント・パッチの投稿・提案は、バグの修正や将来のリリース品質の改善につながります。ツールを用いてバグを報告してください

バグの修正を通じて貢献したいのであれば、Bug Squadページが役に立つでしょう。

Ubuntuに参加するには

Ubuntuを支援したいのであれば、以下の支援できる方法の一覧に目を通してみてください。

Ubuntuに関して

Ubuntuに関するより詳しい情報は、UbuntuのWebサイトUbuntu wikiを確認してください。

Ubuntuの開発に関するアナウンスを受け取るには、Ubuntu開発アナウンスメーリングリストを購読してください。

UbuntuJapaneseWiki: BionicBeaver/ReleaseNotes/Ja (最終更新日時 2018-05-29 23:35:42 更新者 kazken3)