目次

Two of the problems that many novice packagers face are that there are multiple ways of packaging, and there is more than one tool to do the job. We will go through three examples with the common build systems. First, we will use no build helper. This approach is usually the most difficult and is not often used in practice but gives the most straightforward look at the packaging process. Second, we will use debhelper, the most common build system in Debian. It helps the packager by automating repetitive tasks. Third, we will briefly cover the Common Debian Build System (CDBS), a more streamlined build system that uses debhelper.

多くの初心者パッケージャが悩むこととが二つあります。ひとつはパッケージング方法に複数の方法がある、ということです。もう一つは、同じ作業を行うのに複数のツールが存在することです。これから標準的なビルドシステムを利用する、三つの例について触れます。まず、ビルドに全くツールを使用しない方法です。このアプローチがもっとも難しく、あまり使われていません。ですが、これはパッケージングの手順に直接触れることができ、見通しが良いのです。第二に、debhelperを用います。これはDebianでは最もよく使われているビルドシステムです。これは何度も行う作業を自動化することで、パッケージャの作業を軽減します。第三に、Common Debian Build System(CDBS)について軽く触れます。これはdebhelperを使うよりもさらに現代的なビルドシステムです。

  • attachment:UbuntuPackagingGuideJa/conventions/tip.png Package development often requires installing many packages (especially -dev packages containing headers and other common development files) that are not part of a normal desktop Ubuntu installation. If you want to avoid installing extra packages or would like to develop for a different Ubuntu release (the development one, for instance) from what you currently have, the use of a chroot environment is highly recommended. A guide to setting up a chroot can be found in the Appendix.

  • attachment:UbuntuPackagingGuideJa/conventions/tip.png パッケージ開発には、しばしば標準的なデスクトップとして利用しているUbuntu環境には含まれていないパッケージのインストールが必要になります(特に、ヘッダなどの開発に必要なファイルを含んでいる-devパッケージ)。余分なパッケージのインストールを避けたいか、今利用しているのとは異なるUbuntuリリース(たとえば開発中のもの)のために開発したいのであれば、chroot環境の利用を強く推奨します。chrootについては、追補で紹介しています。

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuPackagingGuideJa/basic-chap (最終更新日時 2012-01-10 11:49:20 更新者 匿名)