目次

One thing that you will almost certainly face as a packager is a bug in the software itself or in your packaging. Packaging bugs are often fairly easy and straightforward to fix. However, as packagers often act as the initial contact for software bugs for the users of their distribution(s), they also implement temporary fixes and are responsible for forwarding bug reports and fixes to the original (upstream) authors.

パッケージ作成者としてほぼ確実に遭遇するものとして、ソフトウェア自身もしくは、パッケージ作成による不具合があります。パッケージ作成による不具合なら大抵は簡単で、素直に修正することができるでしょう。しかし、パッケージ作成者をやっていると、そのディストリビューションの利用者として最初にソフトウェアの不具合に遭遇し、一時的にその不具合を修正することもあります。その場合は、責任を持ってオリジナルの(上流の)作者に不具合とその修正についての報告を行うべきです。

The Ubuntu Bug Squad is the Quality Assurance (QA) team for Ubuntu. The people in the team work tirelessly to make Ubuntu a better place. They keep track of all the bugs in the Ubuntu Distribution and make sure that major bugs don't go unnoticed by the developers. Anyone can join the Bug Squad and it is a great entry point for people wanting to contribute to Ubuntu. The Bug Squad can be found on the #ubuntu-bugs IRC channel on irc.ubuntu.com

Ubuntu Bug Squad(不具合処理班)はUbuntuの品質保証(QA)チームです。このチームではUbuntuがより良い物になるよう、日夜努力しています。Ubuntuに存在するすべての不具合を追跡し、大きな不具合が開発者に伝わらないことがないように注意しています。誰でもBug Squadに参加することができますし、Ubuntuへ貢献したいと思っている人にとっては、最初の一歩として良い選択でしょう。Bug Squadのメンバは、IRCのirc.ubuntu.comサーバの#ubuntu-bugsチャンネルで出会うことができます。

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuPackagingGuideJa/bugs-chap (最終更新日時 2012-01-10 11:49:11 更新者 匿名)