Ubuntu 8.10のサポートは2010年4月にて終了しているため、本アップデート手順はすでに利用できません。現在サポートを行っているリリースの新規インストールをご検討下さい

このドキュメントは、2008年10月30日にリリースしたUbuntu 8.10へのアップグレード手順と注意事項を記載しています。このページはUpgrading to Ubuntu 8.10の日本語訳です。

アップグレードの前に

Ubuntu 8.04 LTSは、8.10へのアップグレード通知を行いません。これは8.04 LTSバージョンが長期サポート版であり、8.10は通常リリースであるためです。もちろん8.04 LTSから8.10へのアップグレード手順はサポートされており、簡単にアップグレードすることができます。

  • Ubuntu 8.04 LTSはUbuntu 8.10に直接アップグレードすることができます(UpgradeNotes(英語)を見てください)。

  • アップグレードの表示は、8.10が長期間サポート(LTS)リリースでないため、標準では表示されません

  • まずはUbuntu 8.04 LTSにおけるすべてのパッケージのアップデートを必ず実施してください。
  • アップグレードを実施する前に、既知の問題点とその回避策が文書化されているUbuntu 8.10のリリースノートを読んでください。

Ubuntu 8.04 LTSより前にリリースされたUbuntuのバージョンからアップグレードしたい場合は、Installation/UpgradeFromOldVersion(英語)を参照してください。

Ubuntuデスクトップのネットワークアップグレード(推奨)

以下の手順でネットワーク越しに簡単にアップグレードすることができます。

  1. [システム] - [システム管理] - [ソフトウェア・ソース]を開きます。

    • intrepid_upgrade1.png

  2. "アップデート"タブをクリックし、"長期サポート版のみ通知"から"通常リリースでも通知"に変更します。
    • intrepid_upgrade2.png

  3. [システム] - [システム管理] - [アップデート・マネージャ]を開きます。

    • intrepid_upgrade2.5.png

  4. 再チェックボタンをクリックして新しいアップデートを確認します。

  5. インストールすべきアップデータがあれば、アップデートをインストールするボタンを使って、パッケージをアップデートし、アップデートが終わった後に再び再チェックボタンを押します。

  6. 新しいリリースが利用できる事を通知するメッセージが現れるでしょう。
    • update-manager-upgrade-810.png

  7. アップグレードをクリックします。

  8. 画面に表示される手順に従ってください。

Kubuntuデスクトップのネットワークアップグレード(推奨)

インターネットを使ってKubuntu 8.04から8.10にアップグレードするには、 以下の手順を利用します。
画像付きの完全な手順については、IntrepidUpgrades/Kubuntu(英語)を参照してください。

  1. Alt+F2を押すことでコマンドを実行するダイアログを開き、コマンドボックスに kdesu "adept_manager --dist-upgrade-devel" を入力しOKボタンを押します。

  2. バージョンのアップグレードボタンが表示されますので、クリックします。

  3. 画面に表示される手順に従ってください。

Ubuntuサーバのネットワークアップグレード(推奨)

  1. まだインストールしていなければ、update-manager-coreをインストールします。

    sudo apt-get install update-manager-core
  2. /etc/update-manager/release-upgradesを以下の内容で編集します。

    Prompt=normal
  3. アップグレードツールを起動します。

    sudo do-release-upgrade
  4. 画面に表示される手順に従ってください。

Alternate CD/DVDを使ってアップグレードするには

インターネットに接続していないシステムでアップグレードを行いたい場合、この方法を利用します。

  1. AlternateインストールCDをダウンロードします。

  2. ISOファイルからCDに焼き、CDをアップグレードするコンピュータのCD-ROMドライブに挿入します。

  3. CDを使ってアップグレードをする旨のダイアログが表示されます。
  4. 画面に表示される手順に従ってください。

アップグレードダイアログが何らかの理由で表示されない場合、Alt+F2を使い以下のコマンドを実行する事もできます:

gksu "sh /cdrom/cdromupgrade"

また、Kubuntuでは、Alt+F2を使って以下のコマンドを実行します:

kdesudo "sh /cdrom/cdromupgrade"

Torrentを使ってアップグレードするには

Torrentに慣れていて、Torrentに対する制限がないISPを利用しているなら、ISOイメージファイルをより素早くダウンロードすることができます。他のUbuntuのユーザと帯域を共有する事でサーバへの負荷を少なくすすることができ、サーバに高負荷がかかり何らかの問題が発生する可能性があるリリース直後の数日間は特に恩恵を受けることができます。

http://releases.ubuntu.com/intrepid/に移動して、AlternateインストールCD用のISOファイルを、ubuntu-8.10-alternate-i386.iso.torrentのような、そのページのリストの下の方にある.torrentファイルを利用してダウンロードします。BitTorrentクライアントがISOファイルをダウンロードした後、Alternate CD/DVDを使ってアップグレードするにはの内容に従います。

詳細な手順はこちら(英語)こちら(英語) にあります。

アップグレード後にJapanese Teamのリポジトリを有効にする方法

※この解説はJapanese Team独自のものです。

アップグレード前にJapanese Teamのリポジトリを有効にしていても、アップグレード時に無効化されます。アップグレード後、Japanese Teamの8.10用リポジトリを有効にするには、以下の操作を行います。

ソフトウェア・ソースを使う場合

  1. [システム]-[システム管理]-[ソフトウェア・ソース]を開きます。

  2. "サードパーティのソフトウェア"タブを選択します。
  3. 以下のリポジトリを追加してチェックをつけてください。
    • hardyなど最初からチェックマークのはずれているリポジトリはそのままでかまいません。
      deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja intrepid/
      deb-src http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja intrepid/
      deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja intrepid-ja/
      deb-src http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja intrepid-ja/
      deb http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja intrepid-non-free/
      deb-src http://archive.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja intrepid-non-free/
  4. "閉じる"をクリックし、表示されたダイアログで"再読込"をクリックします。
  5. [システム]-[システム管理]-[アップデート・マネージャ]を開き、アップデートを実行してください。なお、ubuntu-desktop-jaパッケージを導入すれば、基本的な日本語関連のパッケージがまとめて導入されます。

関連項目

UbuntuJapaneseWiki: UbuntuTips/Install/UpgradeIntrepid (最終更新日時 2012-01-10 11:49:17 更新者 匿名)