Wiki styleは現状のまま修正しないでください。

リンク

リリース文書

Natty

リリースノート追記(全言語へForward)

  • Nothing?

リリースノート追記(日本独自)

技術概要追記(日本独自)

  • Alternate CDによるアップグレード

リリース文書の翻訳

ショーストッパー

  • TODO: ATOK X3がインストール不能&動作不全(dpkg -iもできない)
  • TODO: Adobe Reader等がSoftware Center経由でインストール不能(dpkg -iはできる)
    • Software Centerが暗黙でlintianを実行するが、一部パッケージはlintian cleanではないためSoftware Centerからのインストールが行えない
    • https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/software-center/+bug/712377 に含まれるような含まれないような……

      • あきらめるしか?
    • Ignore and Installというボタンつきのダイアログが表示され、無視してインストールすることは一応可能になっている(4/21確認 mizuno)
  • TODO: Unityの充分な操作ガイドがない
  • TODO: unzip
    • 10.04頃と本質的には変化していない。
      • unzip6.0系にも-I/-Oサポートが復活した。が、unzipのCHARSET未指定時や、file-rollerでは化ける。
      • libnatspecサポート版unzipはそもそもlibnatspecのITPから状況が動いていない
        • バイナリはあるので、libnatspecとunzipをセットで https://launchpad.net/~frol/+archive/zip-i18n からpullしてもよい?(広域テストされているか非常に微妙)

          • と思いきやNatty用natspecがないような
    • NattyではRemix版unzipの提供続行
      • [ ] これまでのunzipが動くか要テスト
      • テストケース:Develop/UnzipTestcase
  • TODO: UnityのDashboardの検索窓に日本語が入力できない
    • TODO: 3.8.12で使えるようになるか要確認
    • [ ] 誰かリリースされたら試して!
  • TODO: Unityの[F10]キーがIMよりも優先される
    • http://pad.lv/732249

    • gconftool-2 -s -t string /desktop/gnome/interface/menubar_accel "" を実行すればOK
      • F10なんて使わないという前提
  • Evinceでフォントを埋め込んでいないPDFを表示すると、日本語フォントがトーフで表示される
    • 個別ページ

    • 厳密にはEvinceが深刻にバグっているが、fontconfig次第で回避可能。回避できるfontconfigはOneiricで正式に入る。
    • language-selectorをRemixで提供する。
    • [ ] ……これ、LibreOfficeのメニューでも再現しない?

      • LibreOfficeはfontconfig使ってません

      • 独自フォントリストで利用フォントを定義しているが、リスト末尾にsans-serifがあり、フォントマッチに敗北するとsans-serifが選定されDejaVuが先頭なfontconfg問題の餌食になる模様。

リリースノートに注記もしくは延期

  • 日本語環境セットアップヘルパはありません

 Ubuntu 10.10までのJapanese Remix環境で提供してきた「日本語環境セットアップヘルパ」は、Ubuntu 11.04以降では提供を行いません。ソフトウェア・センターから必要なソフトウェアの導入を行ってください。
  • ATOK X3がインストールできない

 Ubuntu 11.04で行われたdpkgの仕様変更により、ATOK X3はdpkg形式でのインストールが行えなくなっています。10.10以前の環境でATOK X3をすでにdpkg形式で導入している場合、dpkgコマンド利用時に警告が表示されるだけで、そのまま使い続けることができます。
 現時点では、Ubuntu 11.04でATOK X3を新規インストールする場合、Tar形式でのインストーラ(setupatok_tar.sh)を用いてください。
  • ATOK X3がFirefox 4上で正常に動作しない

 ATOK X3とFirefox 4系列を組み合わせた場合、次のような入力不良が発生することがあります。
 * Backspaceキーで確定文字列を消せなくなる。
 * Backspaceキーで確定文字列を消せなくなり、新しい文字の入力もできなくなる。

 これらの現象は、ATOK X3をOff状態にして文字を入力することで改善することがあります(改善しない場合もあります)。一切文字入力ができない場合も、一度Firefoxのタブを切り替え、元のページに戻ると改善します。
  • ATOK X3がgvim上で正常に動作しない

 ATOK X3は、gvim上では正常に動作しません。gvim上でATOKを利用したい場合、デスクトップ全体で利用するインプットメソッドをximに変更するか、.vimrc(.gvimrc)に以下の設定を追加してください。
{{{
  " IIIMF handling, it must fallbacks to xim
  if $GTK_IM_MODULE == "iiim"
    let $GTK_IM_MODULE='xim'
    set imactivatekey=C-space
  endif

}}}

  • dpkgの仕様変更(本家版になければ)

(tbd? 不要?)

※ 警告は出るがインストール可能なので不要ということで。
  • Evinceの「トーフ」現象

 ドキュメント・ビューワ(Evince)は、Ubuntu 11.04標準の環境では「一定の文字エンコードによって日本語フォントの表現名が指定されており、かつ、フォントサブセットが埋め込まれていない」PDFで利用すべきフォントを正しく指定できません。これにより、PDFファイル上の日本語文字列が文字化けし、「□」で表示されます。回避する場合、/etc/fonts/conf.d/69-language-selector-ja-jp.confを[[https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/language-selector/+bug/759882/+attachment/2030521/+files/69-language-selector-ja-jp.conf.orig.patch:パッチ]]のように修正してください。

 この問題は、Ubuntu 11.04 Japanese Remixでは修正済みのパッケージが提供されるため、発生しません。
  • UnityのF10キー

 「Unity」デスクトップ環境では、[F10]キーはメニューの呼び出しに割り当てられています。本来こうしたメニュー呼び出し操作はインプットメソッドよりも優先されるべきですが(Key Snoop)、現在のUnityではKey Snoopが機能しておらず、インプットメソッドの変換操作中でもメニュー呼び出しが優先されてしまいます。これにより、日本語入力環境の設定によっては、半角英数字への変換といった操作が行えないことがあります。

 この問題を避けるために[F10]キーによるメニュー呼び出しを無効にしたい場合、端末から'gconftool-2 -s -t string /desktop/gnome/interface/menubar_accel ""' ('は不要) を実行してください。
  • UnityのDashboardの検索窓に日本語が入力できない

(tbd? 不要?)

※入力できるようになったら掲載?

Oへ持ち越し

  • fontconfg周りの問題整理ドキュメントを書く
  • 翻訳担当者向けのリスト管理ツールの開発
    • 柴田さんが個人的に使っていたツールが提供されるかも
    • パッケージリスト: http://www4389u.sakura.ne.jp/translations/lp_translations.html

      • 2時間ごとに更新しています/テーブルヘッダをクリックすればソート可能です。
      • パッケージ名はテンプレート名でソースパッケージ名ではないことに注意してください。
  • unzip6+natspec
  • 各種テストの文書化
  • フォントレンダリング(=スクリーンショット)のdiffを取れるツールによる自動テスト
    • できれば撮影から自動化したい。
  • 翻訳文字列の長音統一(例:コンピュータ → コンピューター)
    • Oneiricで長音に統一する(acked-by: hito,kuromabo,kazken3)
    • 長音統一のための辞書ベースの置換スクリプトの開発
  • indicator-datetimeもろもろ
  • TODO: fglrxの2.6.38 + Xorg(ABI=1.10)の組み合わせのドライバがない
    • https://launchpad.net/ubuntu/natty/+source/fglrx-installer/2:8.840-0ubuntu1 として入った?

      • fglrx(Catalyst) 11.4相当の謎のバージョン……。
    • 試した上で、「AMDのGPUチップ名・"dpkg -l|grep fglrx"の結果・Compizが動いているか・Flashの全画面表示が機能するか」を書いてください。
      • 試して動いた場合は以下に動作環境を書いてください
        • 下記の1の状態から4月8日現在すべてのアップデートをかけている状態だとUnity/Compizが正常に動いている模様.
      • 試して動かなかった場合は以下に動作環境を書いてください
        • 1 AMD E-350(FusionAPU Zacate)の内蔵GPU lspci「00:01.0 VGA compatible controller: ATI Technologies Inc Device 9802」
          • Catalyst CC「AMD Radeon HD 6300 series Graphics」
          • fglrxパッケージ「ii fglrx 2:8.840-0ubuntu1 Video driver for the ATI graphics accelerators
          • ii fglrx-amdcccle 2:8.840-0ubuntu1 Catalyst Control Center for the ATI graphics accelerators」
          • Unity/Compizが正常に動かない。ランチャーなどが黒くなってしまうなど実用不可 / Flashの全画面表示はYoutubeでテストしたところ問題はなかった / ドライバは「追加のドライバ」で導入した。また、自動で検出された。

ショーストッパー候補

  • fontconfigが変
  • Firefoxの再起動要求メッセージ
    • https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/ubufox/+bug/511250 で表示の仕組みとしては表示されるようになっている

    • Nattyで直すには、ubufoxソースのlocale/ja/ubufox-restart.propertiesを修正したものを取り込んでもらえば良い
      • Windows版の該当メッセージに近づけておくのが正しい。該当メッセージはあるか?
        • -> FX3.6, 4.0(Upstream)ともに該当メッセージがないので、翻訳文字列としては https://bugs.launchpad.net/bugs/619923 から流用すればよい

        • -> 登録して翻訳を添付した https://launchpad.net/bugs/746538

        • -> リリースされた。

        • 要テスト
          • apt-get install --reinstall firefox で強制的に表示できることは確認した。
          • 4.0~rc2+build3+nobinonly-0ubuntu2より新しいfirefoxパッケージが正式にリリースされて動作することを確認する
  • ネットワーク接続がない状態でインストールすると、fcの69-language-selector-ja_jp.confが投下されずにおかしなフォント設定になる?
    • 4/13のdaily liveで発生した旨の報告のみあり。再現性確認や調査がまだ。
    • 4/18のdaily liveで再現できていない。追加で聞き取りしてきます
    • やっぱり再現性がない。忘れる。
  • Unity-3Dのログイン時のフォールバックメッセージが英語のまま
  • gnome-user-guide-xxがドロップされたためlanguage-selectorが機能しない

N+1送り

修正済み

  • Unityが日本語になっていない
  • poppler-dataが入っておらず、日本語PDFが処理されない
    • でもfcのバグを取らないと結局表示は妥当にならない
  • シャットダウンメニューに含まれる「System Settings」が翻訳されていない
  • Firefox右上の検索ボックスから検索したとき、Googleのロケールがjaではなくchrになってしまう
    • https://bugs.launchpad.net/bugs/754855

    • Beta 2をクリーンインストールした環境と、Alpha 3からアップグレードした環境の双方で再現した。
    • Natty/10.10ともに /usr/lib/firefox-4.0/searchplugins/en-US/google.xml を使用している。
    • intl.accept_languagesが"ja, en, en-US"から"chrome://global/locale/intl.properties"になっていたのが問題だった。
    • 再現した環境ではFirefox Syncを使っていて、上記設定が引き継がれたのが問題だと思われる。
      • => リセットした上で新規アカウントを作り直したら問題は発生しなくなった。

11.04で行うべき作業

  • (tbd)

議論の余地あり

  • Warning /!\ 精査願います

 * 日本語環境セットアップヘルパ自体をUbuntuソフトウェアセンターに統合する
   * [:Develop/Lucid/IntegrateSetupHelperIntoSoftwareCenter:]
   * Maverick版作成中 [:Develop/Maverick/IntegrateSetupHelperIntoSoftwareCenter:]
   * -> Mでやること:Lと同等
     * ソフトウェアセンターの「アクセサリ」「インターネット」といった大カテゴリと同列に「日本語環境」というカテゴリを用意する
       * カテゴリ内には「セットアップヘルパ」で提供しているパッケージと同じものを表示する
       * 追加のパッケージ情報をapp-intall-data-ja-remixというパッケージで提供する
       * => https://launchpad.net/~japanese-testers/+archive/ppa/?field.series_filter=maverick
     * 追加/削除するパッケージ案
       * ibus-mozcの追加
       * scim-tegakiの削除
       * ibus-tegakiの追加
       * SCIM一式は残す? 削除する?
 * Adobe Reader 64bit版
   * -> [:WIP/Develop/AdobeReaderJpn]
 * poppler-dataのMIRリベンジ
   * -> arneはalpha3と言っているので、alpha3リリース後に確認する。
   * -> Maverickまでdefferした。ムリかも。
 * unzip
   * -> unzip6.0ベースのパッチがLPに登録されているが、テストは甘そう。
   * -> おそらく今回も5.xベースのパッチ版のバージョンを偽ったもの。

N+1送り

  • Warning /!\ 精査願います

 * Remixの64bit版ISOイメージ
   * see [:IRCMeeting/20100629]

10.10の積み残し(->11.04)

  • Warning /!\ 精査願います

 * DejaVu+Takaoのフォント構成が機能しない
   * Flash Playerがfontconfigを無視した誤った実装をしているため、複数フォントの列挙によるグリフ取得が行えず、DejaVu+Takaoにすると日本語部分が豆腐になる。
   * /etc/fonts.d/45あたりを調整すると直せるが、他言語への影響が予測しきれない
   * Flash 10.1RCでは直っている模様
   * -> RemixではTakaoのみにするfontconfigを準備
 * 10.10のfontconfig renewalとFlash10.1の採用(予定)あたりで直せる?
 * unzip問題みたび
   * ubuntu patchを使った形式に移行できないか?
     * https://blueprints.launchpad.net/unzip/+spec/unzip-detect-filename-encoding により、文字コード自動認識が追加されている
     * https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/unzip/ にある関連しそうなバグとも戦うべき?
   * https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/unzip/+bug/477755 でdisableされてしまっている
   * 現在のRemixではunzip 5.52系からブランチしているので影響がないと言えばない。
   * -> 長期戦必至ゆえ専用ページを作成して履歴を管理する
   * 6.0向けパッチ http://gist.github.com/573753
 * poppler-data
   * MIRが途中で止まっている
     * https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/poppler-data/+bug/530452
   * language-support-*-ja のどれかのDependsになる予定が止まっている
     * https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/poppler-data/+bug/515078
 * Ubuntu Manualの翻訳
   * 2010/3/30時点で翻訳メッセージ1488個中の445個しか翻訳できていない(約30%)
   * String Freezeが3/31で、それから21日間で全ての翻訳を行わないといけないため、完成が難しそうな状況
   * また、TeXからPDFへの変換の際、文章に空白が含まれないと改行が行われず、文章が枠外にはみ出す問題あり
   * -> 現実的にあきらかに不可能なので10.04リリース後にDeffered. 他の項目にリソースを回す。

翻訳

翻訳上の注意

期限について

  • DocumentationStringFreezeは4/7です。この期日まではオリジナルのドキュメントに修正が入るかもしれません。

  • NonLanguagePackTranslationDeadline(Ubuntu installerやGettextを使わないアプリケーション、Ubuntuドキュメンテーションなど)は4/14の予定です。

  • LanguagePackTranslationDeadlineは4/21の予定です。しかし、このタイミングで翻訳したものが必ずリリース直後に反映されるとは限りません(リリース後のアップデートによって反映される場合もあります)。

翻訳すべきパッケージ

レビュー待ち

 ここにレビュー待ちのパッケージのURLを書いてください。レビュアが順次レビューします。
  • (パッケージ名) / (URL)

レビュー済み

パッケージ情報

以下は、翻訳できるパッケージの中でも、重要度・新規度の観点から特に作業が求められているパッケージの一覧です。翻訳すべきパッケージがある場合は追加してください。

新規パッケージ(次のリリースで新規に追加されるパッケージ or 前回のリリースまでに比べて大きくUIが変更されるパッケージ or 新規に翻訳されたパッケージ)

Nattyで追加:

  • Unity (Natty版; compizベース)
  • Unity-2D (Natty版; qtベース)
    • Unityと翻訳を揃えたいが、横1024ピクセルの環境ではハミ出す問題があるらしい?
  • indicator-network (Nattyで新規追加)
  • indicator-datetime(Nattyで新規追加)
    • 一部に「ロケールごとの表記に合わせてstrftime(3)に即した文字を指定する」ものがあり厄介。早めに処理する必要がある。
  • Ubuntu One(Nattyで大規模変更)
  • Time & Date(indicator-time)(Nattyで大規模変更)

  • indicator-weather(Nattyで大規模変更)
  • ubiquity-*(毎回大規模変更)
  • gnome-control-center(NattyからSystem Settingsとして格上げ)

Maverickで追加:

  • Shotwell (Maverickで新規追加)
  • PiTiVi (Lucidで新規追加)

  • Ubiquity (Maverickで大規模変更)
  • gcalculator (Maverickで大規模変更)
  • *-applet (Maverickで大規模変更, network-manager-appletなど)
  • software-center + ubuntuone-client( + OneConf/DBus plugin? ) (Maverickで新規追加)

** obsoleted.

※以下はMaveric時代のままです。

最重要(ほとんどのユーザーが利用する、Ubuntuの基本的なUIに関わるパッケージ)
 * apport
 * brasero
 * compiz
 * debian-installer
 * gdebi
 * gdm
 * gnome-app-install
 * gnome-system-tools
 * accessibility-guide
 * gparted
 * gvfs
 * jockey
 * language-selector
 * python-apt
 * software-properties
 * system-config-printer
 * tracker
 * transmission
 * update-manager
 * update-notifier
 * vinagre

重要(比較的利用頻度の高いパッケージ)
 * alacarte
 * bluetooth-manager
 * command-not-found
 * evince
 * fast-user-switch-applet
 * gksu
 * gnome-power-manager
 * gnome-session-2.0
 * f-spot
 * inkscape
 * libgksu
 * metacity
 * nautilus-cd-burner
 * notification-daemon
 * onboard
 * pidgin
 * xchat-gnome
 * empathy

Ubuntuドキュメント
 * about-ubuntu
 * add-applications
 * administrative
 * advanced-topics
 * basic-commands
 * config-desktop
 * desktop-effects
 * files-and-docs
 * games
 * hardware
 * internet
 * keeping-safe
 * musicvideophotos
 * newtoubuntu
 * office
 * printing
 * programming
 * serverguide
 * usb-creator
 * windows

Edbuntuドキュメント
 * about-edubuntu
 * edubuntu-about
 * handbook
 * schooladvocacy

Xubuntuドキュメント
 * about-xubuntu
 * add-applications
 * administrative
 * advanced-topics
 * basic-commands
 * config-desktop
 * files-and-docs
 * games
 * hardware
 * internet
 * keeping-safe
 * musicvideophotos
 * newtoubuntu
 * office
 * printing
 * programming
 * windows
 * xubuntu-docs-index

目立って未翻訳である、もしくは翻訳に問題がある部分

  • パッケージ名がわからない場合、下記に具体的な場所を追記してください。
  • 特に正確な文字列を書いておいていただけると、翻訳者の手間が省けます。
  • {{{例:
  • アプリケーション>オフィス>Evolution メールとカレンダ
    • 8.04では"Evolution メール/カレンダ"、"calendar"は"カレンダ"か"カレンダー"か。

}}}

  • システム>システム管理>システムテストツール

    • パッケージ Checkbox のテスト選択画面で、例えば「Audio tests」のところを現状では単純に「オーディオテスト」と訳しているので、ショートカットキーを表す下線が「オ」の下に引かれてしまっています。ここで「A. オーディオテスト」のように訳すのはどうでしょうか。
  • apt-getコマンド
    • 「However the following packages replace it:」を「しかし、以下のパッケージで置き換えられています:」と訳していますが、コマンドの出力結果から不自然な訳に思えます。
      • 出力例
        • パッケージ xxxx はデータベースには存在しますが、利用できません。
        • おそらく、そのパッケージが見つからないか、もう古くなっているか、
        • あるいは別のソースからのみしか利用できないという状況が考えられます
        • しかし、以下のパッケージで置き換えられています:
    • 「ただし、以下のパッケージで置き換えられます:」くらいの訳が適切に思えるのですが、どうでしょうか。
  • shotwell (アプリケーション>グラフィックス>Shotwell Photo Manager)

以前のバージョンから引き継ぎ確認事項

  • 再現性がないものについては削除してください。Nattyで再現できたものについては、再現方法をこちらへ報告をお願いします。

  • インストール時にFAT32パーティション上の日本語ファイル名が化けるバグの修正( #217117 #217121)

  • 7.10 -> 8.04のアップグレード時、XKBの警告と共に日本語キーボードが使えなくなる(#217210)

  • フォルダ名は「Documents」「Templates」として、メニューのみ日本語とすべき
  • コンソールで日本語が化ける
  • Desktop CDを日本語キーボードで起動し、インストーラで英語キーボードを選んだ場合、正しく設定されない
  • NTPサーバのリストに ntp.nict.jp が含まれていない

提案

# Jaunty以来内容そのまま。精査の必要あり

提案などを以下に加えて下さい。ただし、「日本語ローカライズドCD」と名乗る以上、オリジナル版からかけ離れてしまうような変更はできません。たとえば、一部のユーザが必要としているという理由で、制限なくパッケージをDesktop CDに追加していくといったことは行いません。

  • 日本語版セットアップヘルパの改良
  • -jaリポジトリの設置場所の変更
  • gtk1アプリケーションの設定

    https://lists.ubuntu.com/archives/ubuntu-jp/2007-June/000499.html

  • フォントのhinting設定の改善 http://forum.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=447

    • 7.10以降はhintfullがデフォルト値として採用された。
    • nohintがいい、というユーザ向けのdiversion+diff+ZenityなUIを準備予定(未着手, Gutsyリリースには間に合わない見込み)
  • SCIM経由の入力をIDLEが受け付けない(#173915)

  • file-rollerの日本語ユーザ向け改良(#191246)

  • geditの改良(#191247)

  • gnome-terminalで文字コードをEUC-JPにした時に入力部分の日本語表示がおかしくなるバグの修正(#未定)

    • 現象がよく分かりません。これは特定の文字を表示させると文字幅の計算がおかしくなる現象(#191250)とは違うでしょうか?
    • おそらく、文字コードをEUC-JPに変更→EUC-JPでは表示できないファイルを標準出力に出力→プロンプト部分が化ける→UTF-8他に戻してみる→プロンプト部分は化けたまま、という現象の事だと思われます。
    • 端末->文字コードからEUC-JPに変更して日本語を入力するとおかしくなります。#191250とは異なります。

  • anthyの設定(~/.anthy)が壊れるバグの修正(#未定)

    • 壊れるのは設定でしょうか、辞書でしょうか?
    • 学習ファイルです。学習できる個数が少ないのが原因で、壊れたと勘違いしただけかもしれません。
  • Anthyの改良
  • 各プレーヤの字幕/タグのマルチエンコーディングの対応(#未定)

    • できればソフトウェア名+どういう現象が起きるのかのレポートをお願いします。
    • amarokでmp3のShift-JISのタグが化ける、vlcでShift-JISの字幕が化けるなどです。ID3のタグにShift-JISを使うのは規格には違反していますが広まってしまっているので、何らかの対応をした方が良いと思います。どちらとも、手動で文字コードを切り替えれば問題ありませんが、文字コードの自動判別がほしいと思います。
  • 日本語フォントのヒンティング精度が低い(#175029)

  • 霞のMS-IME個人辞書のインポート機能(#未定)

    • これは単なるコンバータでも役に立ちますか? それとも、インストール時に自動的に行うべきでしょうか?
  • JGのソフトのUbuntu用debパッケージ化(#未定;blueprintか-motuでやった方がよさそう)

    • 少し調べてみました。過去にDebianでも、JGのゲームをパッケージ化しようという機運があったようですので、ここで存在しないと分類したパッケージも探せばあるかもしれません。あと、如何せん内容が古いものばかりで、もっといい代替ゲームが既に存在するかもしれません。

    • 既に存在するパッケージ(括弧の中身は実際のパッケージ名)
      • fkiss(fkiss / gnomekiss), jnethack, xjokes, xkobo(kobodeluxe), xshisen, xsoldier, xtokkaetama
    • 代替物が存在するパッケージ(括弧の中身は代替パッケージ名)
      • poker / xpoker(pokerで検索するとたくさん存在する), rogue(rogueで検索すればたくさん存在する), same / sxsame(GNOME対応版が最初からインストール済み、tty版は不明), yamsweeper(GNOME マインスィーパ)
    • 必要であれば作成はできるゲーム(古いのは難しいかもしれません)
    • 配布サイトが不明なゲーム
      • penta, seimei, shoot, tinyf1, x777, xflash, xmd
    • 配布サイトがなくなっているゲーム
      • lifegame, mindfocus, xhakom, xosmulti, xpuzzletema, xrenju, xrot
    • もしパッケージを作成するとしたら、「これはぜひとも欲しい」というものから順番にということになると思います。
  • OpenOffice の「日本語環境改善拡張機能」を含めるのはどうか

    • 含めるとしたら、「日本語環境改善拡張機能」のIPAフォントに設定されている箇所をTakaoフォントに変更する必要があると思います。

UbuntuJapaneseWiki: Develop/Natty (最終更新日時 2012-01-10 11:49:16 更新者 匿名)